確かに「あった」過去は消えない

何年も前の恋人は、男女の友情を信じないタイプの人だった。共通の知人ですごく仲の良い男女を見て、「あの二人絶対怪しい」と疑うので、彼の周りにいる女友達は彼にとって“友達”じゃないのかな、と思うとすごく不安でもあった。

私はというと、昨日のnoteにも書いたようにもともと男の子になりたいと思っていたので、友情に男女の意識をもったことは特にない。当時の彼に「男女で仲のいい友達ってありえるんだよ」と言っては、絶対ないといわれて不機嫌になっていた。


ある日、“あの二人”が付き合うことになった。突然男の子が女の子に好意をもって(本当に突然だった)、ずっと友達だと思っていた女の子はしばらく悩んだあと、思い切って付き合うことにしたのだ。

「ほら、男女の友情って存在しないじゃん」と彼は言う。うるさいなぁ、と私は怒る。そして、少し悲しくなった。

あの時はうまく言えなかったけれど、この話は果たして本当に、「男女の友情」が成立しない具体例になるのだろうか。今考えると、それはちょっと違うような気がするのだ。

異性だろうが同性だろうが、友情に永遠が約束されているとは限らない。周りの環境が変われば考え方も、付き合う人間も変わるし、突然好きになったり、嫌いになったりする。

ドラクエがどこまで進んだか、毎日報告しあっていた男の子とはある日喧嘩をして、一切話さなくなった。でも私は、確かにその子と友達だったし、そこに友情はあったと思う。ただ、今はもう無いだけの話だ。

友達以上に、もっと一緒にいたいと思うようになった“あの二人”は、すごくロマンチックに友情が変化しただけであって、それまで二人の間には、確かに「友情」があった。

それでいいんじゃないかと、わたしは思う。

ーーーーーーーー
毎日数人でお題を決め、noteを書いてます。ハッシュタグは #毎日note

大テーマ#男女
テーマ#友情

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までありがとうございます!いただいたサポートは、noteのマガジン企画「サーティワンに聞いてみた」の経費にさせていただきます。https://note.mu/miho_tb/m/m1dbe228bbca2

ううう、すき!
38

もりやみほ

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。