明日も生きるために

些細なことでひどく落ち込んでしまう時がある。

今日はまさにそんな日で、住んでいるシェアハウスのゴミ当番にも関わらず、「キッチンのゴミ箱からゴミががあふれてたよ」と連絡をもらったところから崩れていった。

ゴミ回収は明日。普段は月曜夜に家じゅうのゴミをまとめ、外に出しておく。日曜日のお昼ごろ「結構溜まってるな」とは思った。けれど「新しいゴミ袋にするのももったいないかも?」と思ってそのままにしておいたらこの結果だ。

ごめん、と送ると、「キッチンはまとめて出しておいたから、ほかの場所はやってね」と返事が来た。いや、月曜夜にやるつもりだったのに……さぼったわけじゃないのに……そんなことを考えていたら落ち込み始め、誰とも話せなくなっていった。

わかってる。些細なことすぎるのはわかってる。けれど一番仲のいい友人に「死にたい」と送るくらいにはへこんでいた(友人からは「なんのこっちゃ」とたいそう軽い返事が返ってきた)。

どよーんと気持ちが落ち始めたところでふと、「これじゃだめだ」とポジティブな私がストップをかけ始めた。勝手に落ちてても周りは気づかない。いっそのこと、「今へこんでいる」と言ってみた方がいい。そんな衝動に駆られて会社の人に話してみたら、「そんな日もありますよね、わかります」なんて言ってもらえてちょっと心が軽くなった。打合せの後には、元気になるようにと甘いカスタードクリームの入ったたい焼きを買ってきてくれて、今度は結構泣きそうになった。

明日もまた、生きていたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までありがとうございます!いただいたサポートは、noteのマガジン企画「サーティワンに聞いてみた」の経費にさせていただきます。https://note.mu/miho_tb/m/m1dbe228bbca2

ありがとうございます!これで明日も書ける!
23

もりやみほ

キマらない日も同じように

「毎日書くこと」を目標に、友人とその日のテーマを決めて書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。