カフェとパンと雑貨店 #来世彼氏に生まれたら 君と巡る11店舗【愛知編】


#来世彼氏に生まれたら シリーズは来世で素敵な恋人になれるように、現世のわたしからの贈りものです。現世の記憶を引き継げなくても、大丈夫。インターネットは来世にきっとある。検索してね、未来の恋人たち。

目次

▼岡崎エリア
+mado cafe

▼名古屋エリア
カフェ・レストラン
+ツムギキッチン/今池
+バブーシュカ/本山
+eau resutaurant/新栄町
+ホテルアンドルームス/栄・久屋大通

パン屋さん
+SURIPU/鶴舞
+kamiya bakery/本山

雑貨・ライフスタイルショップ
+NODE/本山
+HARVA LEHTO/大須観音
+とわでざいん商店・その灯ぐらし/本山
+sahan/本山

mado cafe/岡崎

「さっそく名古屋じゃないよね?」と首をかしげる君も素敵だよ。ということで、名古屋から電車で45分、岡崎駅から徒歩20分(タクシーなら3分)のmado cafeさんへ。

ランチのオムライスがまんまるに包みこまれて美しかった。さらにグリル野菜や人参フライ、自家製福神漬けに、もう手仕事の多さに感動。ひとくちごとにいただきますって言ってしまいそうな君は謙虚。すき。

お腹がいっぱいでも食べてほしいデザートたち。

✔︎フルーツロール
生地のふわむぎゅ食感は天国のパラマウントベッド。

✔︎プリンアラモード
プリンの本体に洋酒をきかせたワガママボディ。もうプッチンプリンには戻れないので要注意

✔︎コーヒーは北海道の「森彦」

店内の雰囲気は手ざわり感のある白を貴重に、すっきりとしたアンティークがすっきりと配置されていてとても落ち着く...小窓からの注ぐ自然光がまつ毛の影を綺麗に落とすでしょう。

いつか季節を超えて、再訪したいね。


🍴mado cafe
〒444-0203 愛知県岡崎市井内町下堤43−1
営業時間 8:30〜18:00(モーニング営業)
定休日:水木
予算:ランチ1000円〜 デザート・飲み物 500円〜
公式サイト:http://madocafe.jp/top.html 


ここからは名古屋エリアに戻ります

ツムギキッチン/今池

昼も夜も、ここなら絶対、大丈夫。銀座の昭和レトロな洋食屋さんもいいけれど、平成最後を生きるのだからと選ぶなら「ツムギキッチン」。愛知の夜のわずかな時間が名残おしい。

前菜もこの通り。ワインメニューをちらりとのぞいた君と目があう。そしてぜひ食べてほしいのが「ハンバーグステーキ」。メンチカツかと思うほど、サクジュワ!はふはふ!肉汁ヘブン......!!!

お店の雰囲気も代々木上原にありそうな佇まい、けれど気取らず男らしいゴツっとした洋定食がたまらない。店員さんがダンディかっこいいので、彼女と訪問するなら、ちょっぴりめかしこんでGO。

🍴ツムギキッチン
愛知県名古屋市千種区仲田1-9-14
地下鉄今池から徒歩約6分
営業時間 11:30~15:00  17:00~22:00
定休日:月
公式:https://tsumugi269.exblog.jp/ 
予算:1500〜3000円

バブーシュカカリーアンドカフェ/本山

ころげるほど急勾配な坂道の途中にあらわれる、ポップな古民家のカレー屋さん。靴をぬいで、さっぱりした白のスリッパにはきかえて、さぁわんぱくに頬張ろう。

↑ごぼうと牛そぼろのドライカレー。

ゴロっと入ったごぼうと米の一騎打ちかと思いきや、じゅわ〜っと分け入る牛そぼろさん。そのほかにもバターチキン、ジンジャー、野菜など4種類のドライカレーたちの誘惑が待ってます。ここのバターチキン、レモンたっぷりで酸味とスパイスで新境地(おすすめ)

二人して、スパイス&ハーブ香るカレーにうかれるのもいいかもね。古民家にポップな壁紙、気さくな店主さんとの会話がウキウキの昼下がりを連れてくる。

🍴バブーシュカカリーアンドカフェ
〒464-0033 愛知県名古屋市千種区鹿子町2丁目 千種区鹿子町2-3-3
最寄駅:地下鉄東山線・名城線「本山」2番出口から徒歩11分
営業時間:11:30-20:00
定休日:火 水
駐車場:徒歩2分ほどのところに2台
→詳しくは公式blogのこのページを参照 http://babooshka329.jugem.jp 
予算:1000円〜

eau restaurant(オー レストラン)/新栄町

夜はツムギキッチンかここ。ちょっぴりセクシーに決めたい、下心を覆うのはいつだって期待をひょいと超える一皿さ。ワインに頼らずとも、こじゃれたジンもある。

さて、アラカルトのメニューが多いと迷う、そんな二人は〆から選ぶのもいいだろう。

↓公式Instagramより「アメリケーヌソースとカサレッチェ」旨味の往復ビンタで愉悦!

その他メニュー写真は暗くて撮りづらかったのでテキストのみでご容赦ください。

✔鴨生ハムとシャインマスカット
鴨のあぶらは甘さが深くてとてもエロス。それなのにシャインマスカットですよ。朝日のようにまぶしく、果実の酸味と鴨のうまみ、ふたつの美しいシルエットを描きだす。美味です。

✔カニと白ネギのタルトサレ
タルト生地がおいしいことに気づき、デザートのオーダーが確定した一皿。
カニとチーズのカリスマ性は言わずもがな、半歩後ろからのモデレートをつとめる白ネギに静かな拍手を送りたい。

✔とうもろこしの冷製スープ ベーコンアイスクリーム
愛すべき平凡。それが幸福だと言ってわかれた恋人たちに教えてあげたかった。ベーコンアイスクリーム。小さな驚きとしょっぱさが、平凡のほんとうの味わい深さを教えてくれる。

デザートには「マルキーズショコラ」と「ヌガーグラッセ」を。迷ったらアイスクリームを添えたスイーツをぜひ。

BGMのボリュームは少し大きめ、ひそひそ話はカウンターで。

🍴eau restaurant
名古屋市東区葵1-15-17アミューズビル1F
営業時間 火〜金17:30〜25:00 土日祝16:30〜25:00
定休日:月
予算:3000円〜

ホテルアンドルームス/久屋大通

女子旅、出張、カップル、全人類向け、24時間チェックイン可能なカジュアルホテル「アンドルームス」。何より、カフェメニューも美味しすぎるので書き留めておきたい。

✔︎パンは厨房で焼いたもの
✔︎自家製のコンビーフおいしすぎ
✔︎ポテトチップスがザッックザク食感で驚愕のおいしさ
✔︎席も広々、WiFiと電源あり

一泊のストーリーを充実させる「&」があるホテル。

コンセプトにもなるほど納得。便利!快適!リーズナブル!の三拍子そろって、かつスタッフさんも明るく丁寧、緑道沿いで周辺環境もバッチリでした。(女性一人でも安心です)

ちなみに客室はこんな感じ。ナチュラルで清潔感があって、仕事もインスタもはかどりそう。

一番のお気に入りポイントは銭湯があること。手ぶらで泊まれて広い湯船に浸かれるのは嬉しい。


🍴🏨「ホテルアンドルームス」
宿泊予算:6000円〜
地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」下車2A番出口より徒歩5分
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目6-8
公式:https://www.hotel-androoms.com/ 
*写真は公式サイトから

SURIPU/鶴舞

いつでも青空をかかえて、麦畑をかけぬける。風景画が描けたなら、きっと水彩絵の具を持ち出していただろう……。ブルーの店装とショップバックが、平成最後に関わらず、そこにあり続けると思うと嬉しい。


しっかり味の個が立つ、デリシャスパン!なのに、どれも小麦の自我がしっかり残っていて感動。とくにフレンチトースト。卵黄・砂糖・牛乳に甘やかされすぎた幼児退行系ではなく、下妻物語ばりの意思強きロリータだった。

✔︎フレンチトースト
✔︎クロックムッシュ
✔︎クロワッサン
✔︎ラズベリーとキャラメルのマフィン

どれも輝かしくおいしいので、ぜひ名古屋の方は全制覇してほしい。朝から青空より愛しい、恋人の笑顔を約束してくれる。



🍞SURIPU(スーリープー)
名古屋市中区千代田2丁目16-20安井ビル1F
営業時間 8:00~19:00
定休日:月 火
公式:https://crmcn1.wixsite.com/suripu3

kamiya bakery/本山

バブーシュカの店主さんに教えてもらったパン屋さん。バブーシュカからは徒歩10分ほど、さらなる坂道パレードもなんのその、来てよかったを約束してくれる場所。

「kamiyaさんに行ったら絶対これ食べるのよ」と教えてくれたのが「ミニバゲットにクリームトッピング」。りんご煮をまぜたカスタードクリームをたっぷり入れていただきます。素朴だけど幸せ、一点突破。

テーブルは1台ですが、もし入れたらチャイもお試しあれ。ミルクで煮出したアイスチャイは甘みとスパイスがすっきりまとまっていて、美人のポニーテールのような迷いなさに感動。

午後に訪問する場合はパンが残っているか要確認。

🍞kamiya bakery
名古屋市千種区春里町4-1-11
営業時間:10:00 - 17:00
定休日:日 月
地下鉄・東山線「本山駅」 (1番出口より徒歩10分) 名城線「自由が丘駅」 (徒歩10分)またはバスで池下11系統(池下~光が丘・猪高車庫)/春里町駅下車(徒歩1分
公式:http://www.kamiyabakery.com/bakery.html


+ + +

ここからはライフスタイルショップやインテリアショップ、雑貨屋さんです。暮らし系フェスの筆頭「森道市場」で出会った人や、気になっていたお店をはじめ、おすすめしてもらった場所を中心に訪問しました。カフェシリーズより、より男性でも入りやすいお店が多いです。

NODE/本山

Instagramでいろいろ情報交換している(@ryuto_sato_)からおすすめしてもらったお店。最初は「かっこいい」しか言葉がでないのが恥ずかしいくらい、かっこいい。テーブルウェアからインテリア、服飾、アクセサリー、コーヒー豆まで取り扱うセンスの化身。


実際に販売されている器や食器で、コーヒーをいただける。「おいしい」の二言目には「これ欲しい」が続くことうけあい。

*↑画像は公式サイトより。NODEオリジナルのマグ。内側は輝く"銀彩"で仕上げられている。取っ手部分の指のフィット感は個体差があるのがまた愛しい

こちらはコーヒーソーダと、井上茶寮の「カヌレ羊羹(レモン)」。菓子切りは市川岳人さんという作家さんのもの。「いつか欲しい」を今すぐ手に入れられないもどかしさって、どうしても切ない。

↓公式Instagramより

男らしさも、女らしさも、関係なくて、誰からも讃えられるであろうものたちの誇らしさよ。

🌲NODE
愛知県名古屋市昭和区神村町1-3 1F
営業時間 月木金12:00-19:00 土日10:00-18:00
地下鉄・東山線「本山駅」 徒歩8分
公式:http://node-lifestore.com/

HARVA LEHTO/大須観音

木工職人さんがつくりだす美しい椅子や机、アイテムの数々......。職人仕事でありながら、プロダクト的な商品を目指して1mm単位のデザイン、製作をされている。絶妙なマット感、木のスベスベ感、曲線の美しさ。木材でありながらミニマルでストイックな佇まい。

ストイックに無駄を削った木、繊細なアイアンのラインがたまらない〜〜〜などと買えない家具に対して夢ばかりが膨らむ。いいよね、いつかの約束を増やしたって。

ブランド名である「ハルバレヒト」は"まばらは木立"という意味だそうで。群れずに、自立していて、ほどよい距離感のある木立。なんかいいなぁ。愛知の作家さんやお店のイメージがピタッとフィットするような感覚。

*↑画像は公式サイトより。いつかほしい「おかもち」である。フレーム・トレー・ボックスの3点セットにすると移動収納ボックス、組み替えるとテーブルになる。ミルとドリッパー持ってアウトドアーなコーヒーしたいね。

🌲HARVA LEHTO(ハルバレヒト)
愛知県名古屋市中区大須1丁目2-14 1F
大須観音駅から徒歩5分、伏見駅から徒歩10分
営業時間 : 12:00〜19:00
定休日 : 日 月
公式:http://harva-lehto.jp/

とわでざいん商店・その灯ぐらし/本山

猫洞通(ねこがほら)という町にあるお店。なんだかかわらしい響きからは意外な、芯のある顔ぶれ(店ぶれ)がまた印象的だった。

「とわでざいん商店」は一生モノの一着を、「その灯ぐらし」は長い時を彩るお花のお店。

とわでざいんは 消耗品である「衣服」を製作しています。しかし、本当は消耗したくないのです。できることならその人の暮らしに生涯寄り添える様な「衣服」になりたいのです。ずっと手放せないような 愛おしい一着が きっとあるはずです。ー公式サイトより引用

はじめて見る色にたくさん出会えた場所。柿渋染めのワンピースは経年変化で着方を変える楽しさがあることを教えてくれたり。資本主義の呪いをいっとき忘れさせる、パワースポットのような人と製品を手にとってみてほしい。

↓公式Instagramより


🌲とわでざいん商店・その灯ぐらし
愛知県名古屋市千種区猫洞3-8(猫洞センタービル)
営業時間 10:00〜18:00
地下鉄東山線/名城線 3番出口 徒歩10分
定休日:水
公式:http://toi-designs.com


sahan/本山

こちらも同じ猫洞通にある、暮らしと道具のお店。いつか使ってみたいものを探すのも、いいものです。一緒に使えたらいいよね、とか。いつかの暮らしのディテールは、細やかだっていいはず。

↓公式Instagramより

🌲sahan(サハン)
愛知県名古屋市千種区猫洞通3-21 KRAビル 1F
地下鉄東山線/名城線 3番出口 徒歩7分
営業時間 10:00〜19:00
駐車場2台あり
公式:http://sahanneko.jugem.jp/?cid=1


マイマップ愛知編を公開します

このnoteに掲載したお店と、これから行きたい場所をGoogleMapにまとめました。みなさまもマイマップに登録しておくと、いつでも呼び出せますよ〜!

+++

来世彼氏に生まれる前に、すべてのお店とつくり手に、届かなくても全力ラブレターでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはときめきを感じるカフェやレストランでの実食のために使っていきます!

もぐもぐ...♡のありがたみを咀嚼中。
69

たべものへの偏愛が止まらない

3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。