見出し画像

「森、道、市場。」でまた会いたい、お菓子&フード16店舗

「森、道、市場」とはその名の通り、モノとごはんと音楽が集う“市場”を掲げ、全国の素敵なひと・モノ・空間が愛知の海辺に集います。地域や国別にお店が集まっていたり、地方の野外イベント(アルプスブックキャンプ)がまとまっていたり、まるで雑誌の紙面構成のように"編集的"な出店企画に、ときめきはノンストップなのです。

そして今年も「森、道、市場。」の季節が今年もやってきました!わたしは2013年の初参加から5回目の参加なのですが、これまで食べて、見て、また行きたいお店を置き手紙のごとく、書き連ねたいと思います。そして、2018年の豪雨をふまえ【森道写真館:晴の日/雨の日】を同時開催します。服装の準備にお役立てできるかも◎

このnoteに書いてあることは...
・森道市場でまた会いたい〜お菓子編〜
・森道市場でまた会いたい〜ごはん編〜
・森道写真館:晴の日/雨の日

※2019年出店確定していないお店は"2019出店未確認"と記載します
※一部の写真は森道市場2019公式サイトからお借りしています
※メニューは変わっている場合がほとんどですので悪しからず


■森道市場でまた会いたい〜お菓子編〜

まずは怒涛のドーナツホールカルテット!

「食堂souffle(スーフル)」のドーナツ

森道ではいくつかの揚げたてドーナツに出会えるが、まずはsouffle(スーフル)のドーナツ◎外はカリッカリ、中はサックリふわりなドーナツとコーヒーで乾杯したい。

「七穀ベーカリー」のドーナツ

豆乳ドーナツはふわむち天使。やさしさに包まれながら芝生でごろごろせざるを得ない。フレーバーのお粉はハッピーパウダーよろしくたっぷりかけて召し上がれ。秤の看板が目印だよ。

なんで写真撮り忘れてるんだ...

「ぞうめし屋」のドーナツ


和食を求めてたどり着いたぞうめし屋。の、はずが、ドーナツの誘惑には素直に負ける。それが森道市場。ちなみにドーナツではなく"ぞーナッツ"が正解◎

momokaさんが名古屋のカフェを巡って書かれたnoteを見て、いつか実店舗もと願わずにはいられない。



「chipakoya」のドーナツ

素朴で、軽やか、こぶりな◎に大切な思い出を閉じ込めて、ぱくり。

青い旗が目印!後述しますが、お土産クッキーを購入することは避けられないので、せっかくならご一緒に。


続いてフリースタイルおやつの部門です。ここで紹介するのは食べたものの中からさらに厳選した美味しい記憶たちのタイムカプセルです。まだ巡りあえてないお店がたくさんあることが毎年行ってしまう万有引力〜!

「book pick orchestra・寧日 」のヨーグルトパフェ

古書に囲まれた「ブックピックオーケストラ」で香川の「寧日」のお菓子、ドリンクがいただける。

フェス2日目、乳製品と味噌汁が欲しくなるタイプなのでヨーグルトで、かつパフェで、しかも感動的に美味しい!ので今年は別のお菓子も食べたいなぁ...

面白いのが、このお店!店を見つけたらぜひぐるりと周回して、わくわくしてほしい。


「Yeti Fazenda COFFEE」のカヌレ

早めに食べてね、と言われたのに確信犯でお持ち帰り。カヌレは翌日もむっちり、もちもち。また同じ過ちを犯してしまいそう。(ドーナツはやっぱり当日中ですね。ごめんなさい。)


「YETI Gelato yatsugatake」のジェラート

名前は似ているけど、違うお店です。ジェラート(右)やパフェ(左)が日中の疲労を甘く溶かしてくれる🍨チャイフレーバーおすすめ。

お次は行列必須のケーキたち。おやつの時間には店の看板だけが残るお菓子やさん。

「人々」のタルト・焼き菓子

行列必須、開場と同時に並ぶが吉。

分かち合うべき幸福のかたち。まるさんかくしかく。豪雨で悲しみでも、人々さんのお菓子があれば、ふふっと心ほどけるよ。

「tenton」のチーズケーキ

行列必須、開場と同時に並ぶが吉。今年は13日だけの出店だそう。

しっとりなめらかな口どけ、シンプルに見えて濃厚なチーズ。出会えたら思考停止で並ぶし、すぐに食べるべし。(近くでコーヒーの調達を忘れずに!)


ここからはお土産にもぴったり!と思いきや、全部じぶんで食べちゃう部門

「chipakoya」の塩チョコチップクッキー

小さいクッキーやぎゅっと詰まったグラノーラ、大荷物のリュックの隙間にいれて、連れて帰りやすいパッケージがありがたくて毎年買っちゃう。お土産という免罪符は東京でシュレッダーにかけて、自宅で美味しくいただくまでが森道市場です。

わたし的クッキーまとめnoteに書いたよ。やけにポエミーですが、紹介しているクッキーたちがちょっとだけ気を狂わせる程度に美味なのです...


「mado cafe」のクレープ&フード

毎年長蛇の列で、2018年は目の前で売り切れました。もし列が短かいタイミングに近くを通ったら、一択。クレープはイベントだけのようで、いつかのいつかは今年と信じています。(n回目)

オムライスが絶品なのですが、31日金曜がフード、土日はクレープだそうです。名古屋旅で実店舗に行ったときのnoteはこちら。

※スタッフさんのお写真は友人経由で許可を得て撮影しております。

■森道市場でまた会いたい〜ごはん編〜

ごはんも美味しいものに包囲されてて、息してるだけで食欲。実は初参加は一人だったのですが、消えそうなほど後悔した。「胃袋足りない〜!!」
数人でシェアすれば何種類も味わえるので、ぜひ色々なお店やメニューを楽しんでほしいです。それでは、めくるめくおいしいワールドごはん編〜!

「青果ミコト屋」のパッタイ

腹ごしらえは迷わずパッタイ!乾杯のビールもお忘れなく〜!

いつもお疲れさまです...!って声かけそうなほど毎年、美味しいごはんをありがとうございます。

「モンゴルパン」のモンゴルパン

1ブランド1プロダクト、一点突破のモンゴルパン。塩味の効いた揚げたパン(?)に野菜や具材を豪快にのせてクルリ!2015年から3年連続食べちゃった。黄色い看板、モンゴルパン。

「ものすごい鯖」の中華粥

2018年豪雨で全身ずぶ濡れで、最後に食べたのは「ものすごい鯖」を使ったお粥。海風で冷えた身体もポカポカとあたためてくれる逸品。飲んで疲れた2日目にもぜひ。脳にダイレクトに響く旨味と鯖の懐かしさに、目からグルタミン酸。


「シチニア食堂」のごはんプレート

お店の看板はキュートでポップなピンク!昨年はポークジンジャープレート、シェアしてもよし。しっかりごはん、肉、お野菜はいつだって味方。トリのステージまでの腹ごしらえはお早めに◎

夜に近づくに連れてごはん写真が減りますね。美味しそうに撮れなくて申し訳なくて、掲載していません。お店を見つけてほしくて、アイコニックな看板を抑えいますが、お役立てできたら嬉しいです。

追憶のからあげ

メインステージの浜辺近くにある常設の木造パラソル(?)の舌にある、唐揚げがもうビッッッッッッッックらこくほど美味しい。店頭で鶏肉漬け込んで、二度揚げして、カリカリッじゅわ、ハフハフ〜〜〜〜なのです。

看板やのれんは豪雨で撤収してあったのか、お店の名前がわかりません。。。誰か心当たりある方、情報をお待ちしています!!!!


<2019/06/06追記>写真家のよこいちさんが、わたしのnoteを読んで行ってくれたお店+αを記事に書いてくれました!ごはん写真&お店紹介とってもわかりやすいし、こうして実際に食べておいしい幸せ分かち合える喜び〜!


+ + +

■森道写真館/晴の日


わたしこのアイス食べてないつらい

BLUE MOONで昼からナイトクルージング

DJブースが遊園地エリアのお城なのロマンスよ

プールサイド、プールもちろん入れるよ

海へ


遊園地ももちろん遊べるし、ジェットコースターは乗り放題!

浜辺にレジャーシートを敷いてチルするもよし。

夕方からぐっと冷える。ウィンドブレーカーや暖をとれる上着は必須。

民宿でごろごろタイム

おやすみなさい、よい夢を〜!

■森道写真館/雨の日

毎年お世話になっている民宿。おふとんガールズ。

おふとぅん妖怪

2018年、想像以上に雨。豪雨。みんなゴミ袋みたいなことになってる。

雨が激しすぎて雨具パワーアップしたよもちゃん

豪雨だと足元浸水しますので迷わず裸足でビーサンが吉。舗装アスファルトか砂浜、芝生(雨だと泥水溜り)なので、ケガはしにくい。


2017年、小雨でちょっと寒かった年

雨でもカレーは元気をくれるよ

これが一番服はわかりやいかも。右側(わたし)は100均で上下のレインコートを持っていった。1日なら耐久できます。カバンも全部浸水してくるので、左側のようにビニール袋でカバンごと覆うとGOODです。

雨でも楽しい森道市場。今年も、きらめきの季節はもうすぐそこ。

+ + +


写真クレジット
moe  @moep_pp|Kazufumi Oki @okidokit2| KeitaNomoto @k_ta7102


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはときめきを感じるカフェやレストランでの実食のために使っていきます!

次回もがんばります!
18

名和実咲 | @miiko_nnn

お菓子屋さんのウェブマガジンやっています。写真を撮る人でもあります。フードポエム的日記が多いです。より道が王道です。

たべものへの偏愛が止まらない

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。