なぜ私が韓国の下着ビジネスを始めたのか

初めまして、治田みずきです。
日本生まれ日本育ちの日本人で、拠点を韓国と日本の2箇所において4年ちょっとが経ちました。
お仕事は下着ブランド「Be muse Intimates」のプロデューサーをメインに、エディターや通訳、翻訳、モデルなどをしています。


長く続けていたブログを辞めてから結構時間が経って、また少し何かを書きたい欲が出てきたので、心機一転”note”に発信できる場を設けてみました。
ブログをしていた時はカフェやコスメといった韓国情報をメインに発信していたんですけど、noteではブログに書いていた様な内容だけじゃなくて韓国に住んでいて感じることだったり、自分の仕事のことや韓国ビジネス・インフルエンサー事業について書いていけたらいいなあ、と思っています:)

初めてのポストでは多くの人に聞かれる”どうして下着ブランドを始めたのか”について書いてみようと思います。

”下着ブランドを始めようと思ったきっかけ”

韓国に住んで2年位経った頃、知り合いに頼まれて通訳のお仕事をすることになり、そこで出会った方に「このまま韓国に住む上での目標は?夢は?」と聞かれました。

その時は生活のために辞めたくても辞められないネット記事を書く仕事をメインに、隙間時間で通訳や翻訳の仕事をしていた時期で、とにかく目の前の仕事を淡々とこなしている日々でした。
”こんなことする為に韓国に来たんじゃないよなあ”と毎日悩んでいる時期でもありました。

そう聞かれて咄嗟に出た一言が「社長?ですかね?」でした。
なんでそう答えたのかは自分でも正直わからないし、疑問形で答えたことをしっかり覚えています。笑

「なんの社長?」と聞かれたので、今度も思いつきで「下着ブランド?」と答えたところ、
その時通訳させていただいた方がブランド経営をお手伝いしている会社の社長さんだったので、「じゃあウチでその事業やりましょう!」となったのです。

咄嗟に出た一言ではあったものの、以前から韓国インフルエンサー事業やブランド経営を近くで見ていて、興味を持っていたからこそ出た一言だったんだろうなあ、と今では思います。

”なぜ下着なのか”

理由はとっても単純で”日本にはまだ競争者が居ない”からでした。
その当時も日本で既に芸能人をはじめ有名インフルエンサーがブランドを立ち上げたり、
韓国買い付けのアイテムをネット販売している人が居たので、
少しでも埋もれず、勝ち目のあるビジネスは何かと考えた結果たどり着いたのが”下着”でした。

韓国の下着はここ最近 ”盛れる < 楽なつけ心地”重視のアイテムが増えてきていて、デザインの可愛さはもちろん機能性も良いと感じていたので
”これなら自信を持って紹介できる”と思ったし、
少し時間がかかってもナチュラルなタイプのアイテムは日本人の間でも人気が出るはず!と思っていました。

そして流行りに左右されにくく、季節を問わないことや、定期的に買い換えるアイテムという点も魅力的でした。


”オルチャン出身ハヌルの存在”

私が下着ビジネスに興味を持ったのは埋もれなさそうって理由だけでなく、ランジェリーブランドを立ち上げて大成功した韓国のインフルエンサーのハヌルちゃんの存在も大きいです。

他のインフルエンサー同様に買い付け型のブランドでスタートし、だんだん会社が大きくなって今ではオリジナルランジェリーやオリジナルコスメブランドまで展開。

最近では自社ブランド内での活動だけでなく、ボディフレグランスやマウスウォッシュのウェブCMに出演したり、他社コスメブランドのメイクグラビアを撮ったりと、かなり多方面で活躍しています。

自社ブランドを持ちながらもガンガン他社のPRにも取り組む人って日本のインフルエンサーではあまり見ないし、オルチャンとしてのハヌルとブランドプロデューサーとしてのハヌルのバランスがすごく上手くて。

彼女の仕事への取り組み方に私は以前から興味津々で、今の私のビジネスモデルであり、ロールモデルでもあります:)



あとこれはちょっと余談なんですけど、私は昔から目立つことが大好きで。笑
でも自分が表に出られる機会も場もなかった&グラビア系に興味があったので
これは自分が自分を主役にしてあげる良い機会だ!と思って立ち上げたのもあります。


完全なビジネスマインドで始めたブランドだけど、購入して下さった方からの「すごく気に入った!」だとか「もう他のブラは使えないって思うくらい良い!」というメッセージを頂くたびに、純粋に下着ブランドを始めてよかった!!と感じる日々です。

オープンして1年のまだ小さなブランドだけど、これからさらに向上させてもっと愛されるブランドに育てていきたいと思っています:)

今回は”なぜ私が韓国の下着ビジネスを始めたのか”について初めてちゃんと文にしてみました。

今後も日常ブログと韓国のビジネスモデルやインフルエンサーPR、ビジネストレンドを発信していこうと思うのでよろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

36

治田みずき

1991年 神奈川県・逗子生まれ逗子育ち。韓国在住4年目。下着ブランド「Be muse Intimates」のプロデューサー。モデル業と並行して通訳・翻訳・韓国コーディネーター・エディター・インタビュアーなど韓国語や韓国に関わる仕事をしています。

#ファッション 記事まとめ

ファッションデザイナーやブランド、サービスについての考察、コラムなどをまとめていきます。 無料部分でも十分記事が読める有料記事、読み物として面白い宣伝記事は、入れていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。