宇部商好永くん

センバツがはじまることをすっかり忘れちょった。Yahoo!ニュースで組み合わせ抽選会の記事を見て、山口からは去年甲子園初出場した下関国際が出ることを知った。
坂原監督就任当初、荒れていた野球部を立て直し、甲子園に導いた一連のエピソードは盛んに報じられちょった。初戦敗退したけどまた戻ってきた、彼らの戦い応援したい。

あたしが高校野球に興味をもった、いや、野球が好きになるきっかけの三大選手に入る1人が宇部商の好永投手。好永投手が3年生の夏、たまたまニュースで宇部商が山形の高校に勝った試合を見て釘付けになった。その目に。そこから全試合を見た。予選から一人で投げ抜き、準決勝で悪送球した時には「かわりに投げたい」と思うくらい、田舎の選手層の薄さを感じた。
準決勝で負けた後も、気になってネットで追っかけた。西濃運輸の野球部に入ったと知って、いつかドラフトで指名されるんじゃないか、広島あたりが獲得せんかと思うたが、引退したのをウィキペディアで確認した。

「星野監督のとき、なんで阪神ファンじゃなかったんじゃろ」と思うのと同じくらい「松坂が出ちょるとき、なんで野球見ちょらんかったんじゃろう」とよく思う。でも今同じ時代を生きる選手たちに目を奪われたい。今年はどんな試合が、選手が、あたしたちのココロを動かすのか。だけどきっとこの先も、あたしのなかの高校球児イチバンはキミです。

#宇部商
#センバツ高校野球
#好永貴雄
#野球を好きになったきっかけの選手
#野球はやっぱり面白い

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

mika

あっちがわにいきたい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。