見出し画像

第10回苗木picnic SPECIAL!!! “七夕 flower & music FESTIVAL”

7/7は、石巻市南浜地区復興祈念公園予定地にある“こころの森ハウス”という場所に行ってきた。

第10回苗木picnic SPECIAL!!! “七夕 flower & music FESTIVAL”

これは、picnic earthとNPO法人こころの森が主催する企画。この日のゲストがOVER ARM THROWだった。今年に入って、まだ1度もライブに行けてない状態で「石巻でライブが見られる」と知ったとき本当にうれしかった。単に東北で見たいという気持ちもある。しかし石巻だから余計に行きたかった。

石巻は、東日本大震災で大きな被害を受けた場所のひとつ。最新の情報とはズレがあるかもしれないが、直接死3277名、関連死275名、行方不明420名。これは令和元年6月末現在の数字で、宮城県及び宮城県警察による確定数を反映させたもの。ひとつの地域で、これだけの人が命を落とし、あれだけの場所が津波に流されたという現実に対して、未だに何と言ったらいいかよくわからない。震災以降、石巻に行くのは、これで何度目だろう。こういう企画やライブを通して、継続して長い年月支援できたらいいなと考えている。

甚大な被害を受けた場所を初めて見た、と涙を流している友達がいた。多分初めて見た人にとっては衝撃的すぎる光景だろう。震災数日後に野田や、普代、田野畑、宮古の田老地区などを訪れたときの気持ちを思い出した。いろんな場所にいった。いろんな活動もした。震災に関する仕事もした。決して毎日話題に出すわけではなくても、いつも胸から消えない。

8年がすぎて、あちこちどんどん綺麗になりつつあると私は感じる。しかし当然ながら初めて見る人には、いまでもまだ衝撃の強い光景なのだと改めて考えさせられた。

さて、ライブが始まる前に植樹をした。

私たちが植えた山桜も、うまく育てば、やがて綺麗な花を咲かせるだろう。長い年月をかけて育った木々を私が見られるかは分からない。そんな、「植樹」のようなことを思いつくひとたちって、すごいなと思う。自分が生きている今ではなく、「未来」のことを考えられる人たち。それを思いついて、行動する強さや、前向きさに、感動する。

ライブの1曲目はZINNIAだった。ZINNIAでは、最後に、命を落としたドラゴンをうめたところから花が咲く。そこからのIn bloomというセットリスト、とてもよかった。わたしがアカウントで使っている「In bloom」という言葉は、ニルヴァーナではなく、OVER ARM THROWの、この曲のタイトルからもらっている。"全てが君を強くする"というような歌詞があって、そうありたいなといつも願ってる。例えば直接的な被害はなかったけれど震災も私にとっては大きな出来事だった。人生では、きれいごとだけでは片付けられない様々なことが多々起こる。そういう全てが私を傷付けもするが、強くもしているのかもしれないな、と、この曲を聴くたびに考える。そしてS.O.Gも、TONIGHTも、BLUEも、Hand in handも、Dear my songsも、You are thereも、この日に聞けたのが実に意味深いし、うれしかった。

この日は、それだけではなくて、普段ライブに来るお客さん以外でも楽しめる曲もいろいろ用意されていて、何もかもが良かった。

小さな子供たちが楽しそうに遊んでいて、そのへんにいる大人がそれをあたたかく見守っている姿も。普段ライブハウスではやんちゃに遊んでいる人が足元の芝生を守るために、そっとライブを見ていることも。あの広い場所に好きな曲が響き渡ることも。全てが胸に響いた。

picnic earthやNPO法人こころの森に限らず、今も震災に対する様々な活動を続けている人たちを、心から尊敬している。さらに、そういう活動に対し、自分の好きなバンドが手を差し出していることもうれしい。かなしい出来事に対して、まっすぐ、前向きに向きあうのって、本当に大変なことだ。すごい人たちだなと改めて感じている。

震災に関して直接的に関わる機会は以前より減った。それでも、私もいつも忘れずにこころにとどめておきたいし、長く支援したいと考えている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです、ありがとうございます!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。