見出し画像

緑茶(Green Tea)と抹茶(Matcha)の違い

緑茶と抹茶って一緒だよね、何が違うのだろう?

THE MATCHA TOKYOにかかわり始めてから思った、最初の疑問。


いろいろ調べてみると、栽培と製茶方法が大きく違うことがわかりました。

日本式緑茶の製茶工程


生産(栽培、収穫) ⇒ 蒸熱 ⇒ 粗揉 ⇒ 揉捻 ⇒ 中揉 ⇒ 精捻 ⇒ 乾燥 ⇒ 篩分と切断⇒ 木茎分離(⇒ 抽出)



要は、収穫した茶葉を蒸して揉み潰し、茶葉の型を整えつつ乾燥するという工程です。

通常の緑茶はこのようにつくられるのですが、抹茶の原料となる碾茶は、ほかのお茶とは異なって、唯一揉まないで作られるお茶みたいです。


そもそもどんなお茶が緑茶に分類されるかというと、

日本茶(煎茶、ほうじ茶、抹茶など)はその多くが緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれている茶である。

中国茶もジャスミン茶として飲まれるものを含め緑茶に分類される物が主流で、中国や台湾で最も飲まれているのも緑茶である。

烏龍茶やプーアル茶などは比較的特殊な部類に入り、産地を離れると余り飲まれず、日本人にとっての玉露や抹茶のような扱いになる。

ジャスミン茶までもが緑茶だったとは、今回初めて知りました。緑茶に、ジャスミンが開花するときに放出される香りをつけたものを、ジャスミン茶と呼ぶそうです。

中国にいったときには、緑茶は普段飲んでるから、今回はジャスミン♪とか言っていたのですが、香りがついてるだけで、同じだったんですね・・・笑

で、抹茶はどのように作られるかというと、


煎茶(一般的に飲まれているお茶)を粉末にしたのが粉末緑茶
碾茶(テンチャ)というお茶を粉末にしたものが抹茶です。

碾茶は、普通とは違う方法で育てた茶葉を蒸して乾燥させて、余分なものを取り除いて作られたお茶です。

普通とは違う育て方というのは、よしず棚などを使い茶畑を覆って、茶葉に強い日差しが当たらないようにして育てる方法です。
ではなぜそんなことをするのでしょうか?

それは、強い日差しが当たらないように育てると、日が当たって育った通常の茶葉よりも、旨みの多い柔らかな新芽へと成長するからなのです。
そうやって育てた碾茶(テンチャ)を、石臼などで挽いて粉末状にしたものを抹茶といいます。

抹茶は粉末緑茶にくらべたら、価格がとても高いです。そのわけは、よしず棚などで茶畑を覆ったりして、摘みとるまでの間に普通の茶葉よりも手間が掛かっているから。

そして摘みとった後も、石臼で挽いたりするのはとても手間が掛かる作業なんです。

そのため、普通の茶葉よりも高価なものになるんですね。

茶畑を覆うという栽培方法にすることで、煎茶よりもまろやかに育つんですね。(間接照明みたいなものでしょうか)

そんな抹茶ですが、オーガニックにしようとすると、さらに生産のハードルがあがるため、抹茶全体の生産量のうち、オーガニックは

たった1%

しか生産されていないようです。

栄養分を丸ごととりいれることができて、カラダにもよく、時間をかけて丁寧に大切に作られているオーガニックの抹茶、これからも有り難くいただきたいとおもいます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
Japanese high quality culture to the world.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。