岐阜の上級シューフィッター夫婦が贈るシアワセノクツBLOG

上級シューフィッターの資格をもった夫婦が営む、岐阜県瑞浪市の靴屋です。外反母趾で足が痛くて履ける靴がない・・・足の痛みに悩まされることなく歩きたい・・そんな悩みにお応えします。 足に合った靴であなたの人生を二倍も三倍も豊かで楽しいものにしたいと思っています。

外反母趾の足と幅広の靴

「幅が広い足なので、足に合う靴がなかなかありません。幅広の靴を選んで履くようにしているのに…」―今日は可児市のSさんからこんなご相談を板が来ました。

数値だけでは読み取れない「足の表情」

まず、①足長(長さ)②足幅(母趾と小指を結ぶ直線上の長さ)③足囲(足幅位置の周径)を測り②足幅に合わせて靴を選ぶとします。外反母趾部の突出している箇所が痛くないように靴のサイズを上げて「幅」で合わせていくとし

もっとみる

タコとウオノメと靴

三喜屋でご相談を受ける内容の多くにタコやウオノメがあります。それらのできる主な原因は合わない靴を長期間履き続けることで起こります。

タコとウオノメってどう違うの?

タコやウオノメはどちらも皮膚が靴の摩擦や圧迫を繰り返し受けることで部分的に角質化した(固くなった)状態です。特徴としては―
・タコ:皮膚の表皮(表面側)が盛り上がってきます。1㎝から500円硬貨ほどの広範囲の面積になることもあります

もっとみる

足裏のカカトのトラブルと靴

「病院で足底腱膜炎って言われました。靴で何とかなりませんか?」多治見市のUさんが駆け込むようにして相談に来られました。

足底筋膜炎って?

足のウラにはかかとの骨から足の指までを膜のように張っている強い「腱」の組織があります。「足底腱膜」と呼ばれ足のタテのアーチ(土踏まず)を支える重要な役割をしています。「足底腱膜炎」は歩行やランニングなどで足底腱膜に負荷がかかって炎症が起こり繰り返されることで

もっとみる

おろしたての靴

先日、新しい靴を下ろしました。梅雨の時期に履けるイタリア製のスニーカータイプの靴です。ゴアテックスが使われているので、急な雨でも心配なく履くことが出来ます。同じメーカーでハイカットのものも履いています。新しい靴はテンションも上がりますが、「履き心地」の心配はあります。

というわけでウォーキングで履き試しました。私の足は、とても厄介な足です。なるべく分かりやす言葉で表現してみますね。

①つま先が

もっとみる

足の爪のトラブルと靴

15,6年ほど前から三喜屋をご利用いただいているSさんですが、ご主人と連れ立ってこられたのが3年ほど前のことでした。「以前から歩くと足の指先が痛いとよく言ってました。いろんな靴を買い替えても1回位履いては痛いと言って靴箱にしまいっぱなしなんです。私がここへ来るようになって外反母趾が随分ラクになったんで、ちゃんと足と靴を見てもらったらと連れてきたんです。」

色々な足の爪のトラブル

爪は皮膚が変化

もっとみる