異性には3種類いるというお話

よく女子会で提唱される説として、

「異性には3種類いる」というものがある。

まずひとつめは「完全なる異性」。友達というよりは、「オトコ」であり、完全に恋愛対象にくいこんでくる、そんなタイプである。

ふたつめが「完全なる非異性」。いわゆる「オトコ」に見えずに、そういうことをするような気分にもなれないようなタイプ。

そして、上記2つの間に存在するのが、いちばん厄介な「異性と非異性の中間」タイプ、すなわち「第3の異性」である。

友達に以前「なんかさあ、恋人になってほしいわけでもなくて、相手から「付き合おう」って言われたらたぶん断るだろうなと思うのに、その相手に彼女ができたらショックな人っているよね」と言われて、

ああ、「異性と非異性の中間」タイプをよく表してるわ、とはっとさせられたのだが、まさにそういった人のことである。

また、別の友達は「恋人になってほしいわけでも、エッチなことをしたいわけでもないのに、甘えちゃう人っているよね」とも言っていた。

つまり「第3の異性」とは、「オトコ」として頼れるけれども、自分の「オンナ」を差し出さなくてもいい相手ということになる

ここで重要なのは、「友達」として頼れる、のではなくて「オトコ」として頼れるという点である

女性には仕事で行き詰ったり、もしくはなんてことない暇な日に、電話を掛けたり、飲みに行ったりする相手として、どうしても同性ではなく、異性のほうがいいときがあるものなのだ

そういうときに、「オトコ」として頼れる「第3の異性」の登場、ということになる

友人に話しを聞く限りでは女性にとっては、そういう第3タイプの異性がいるというのは珍しくないことなのだと思う。

恋愛関係は基本的に互報性を前提としているから、自分勝手なふるまいは望ましくない。でも「第3の異性」は別ものである。

無条件にいつでも甘えていいが、その代わりに愛情や体を差し出す必要も生じない。

ただ、これは男性の側からしてみれば、いい迷惑に違いない。

甘えられて、彼女ができそうものなら悲しげな顔をされるのに、いざ自分の側から一線を越えようとすると

「あなたのことを、そういう風には見れない」

なんて言って振られるわけである。本当に迷惑な話だ。

男性で「いい人だよね」と言われる人は、80%くらいこの「第3の異性」枠に入ってしまっていると思う。

男の人から「よく連絡も来て、愛想もよくて、だからあの子イケるよね?」みたいな相談を受けることがあるんだけど、いつも「ああ、それは『第3の異性』枠かもしれないなあ…」と心配になるのを隠して、「それはイケるよ!おめでとう」とかはやし立てるのは一抹の罪悪感がある。

しかも、本日よくみんなから『いい人だね』と言われている第3の異性の典型のような男性に、ちょうどそんな相談を受け、「それはイケるよ!おめでとう」といってしまったのが私である。現在非常な罪悪感にさいなまれている。

そんな罪悪感を消すためにも、どうか「第3の異性」枠について多くの人に知ってもらえればと思い、こんな文章を書いてみた。

まあ、私も女性版「第3の異性枠」に入っている可能性、大いにあるんだけどね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

68

ぽっちゃり

セイのカクリツ:ジェンダーと多様性の『未来』をいきる

太古の時代、生物の「性」は一つ=「メス」のみであり、細胞分裂や株分けで自分のクローン体を増やすだけだった。そこから突然変異的に「オス」が生じ、遺伝子交換によって生殖するようになったのは「多様性の担保」のためだといわれている。交配を通じて少しずつ違った形質を持つ個体が生まれる...

コメント3件

読んでいただいてありがとうございますー!この場合男性は頼られるだけかもしれないですが、もし男性側に「頼られたい願望」がある場合はそれはそれで互報性が発生してるのかもしれないですね!笑

第3の異性よりは、非異性のほうが健全な友情が結べていいのかもしれません(^^)笑
私は男性で、女性がどのように考えているのか見れてとても面白かったです。第3の異性枠に入ってる人と付き合えないというのはなぜですか? 異性枠の人は自分の理想に近く、非異性枠の人は理想とかけ離れ、第3の異性枠は自分の理想とは少し離れているが、一般的には理想的なのかなと考えているのですが、どうでしょうか?
⤴︎女性は無意識に遺伝子をもらいたい男性を第一異性として認識します。匂いとか性格特性とかです。したがって、第三異性は生理学的な相性が悪い可能性が高いです。というのはいかがでしょうか。
ちなみに、第三異性の場合、「自分を守ってくれる男性と婚姻し、遺伝子をもらいたいオスを探して種だけもらう」というメスの習性を利用して、結婚を図ることもできるようです。
生物学怖えぇ。でも読んじゃう。

それにしてもこの記事、とてもしっくりきます。いますいます、結婚式とかで素直に祝ってあげられない、性的関係にはない仲のいい異性。好きなのかなぁとは思いますが、一番好き、では、ないんですよねぇたぶん。でも素直に喜べないわやっぱ、ごめん。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。