見出し画像

白米のように生きていく

私はお米大好き人間である。パンや麺も好きだが、圧倒的にお米派である。

出身が山形県ということもあり、ありがたいことに小さい頃から美味しいお米を食べてきた。今もつや姫を母が定期的に送ってくれている。

* *

さてさて本題に入りまして、みなさんは自分を何か別の物に例えたことがあるだろうか。動植物だとか家電だとか、ちょっとした自己紹介の場や面接なんかでこんな話題が出たことないだろうか。

私はそういう時、超絶困りまくってきた。

私は自己分析が好きなタイプで自分について悶々と考えることが多い方なのに、いざ何かに例えてと言われると全く私らしいイメージのモノが浮かんでこないのだ。

「私はマイペースで気まぐれだから猫ぽいかな」とか「自分の笑顔は明るくてひまわりみたいって言われます」とか「ぼくは温厚な性格なので保温機能のある炊飯器のような人間です」みたいなやつが全く出てこない。

そんなこんなで24年。自分を何かに例えることはできなかったが、こんな風になりたいなと思えるものがようやく見つかった。

白米だ。

最近、私は「白米」のような人になりたいと思っている。

「白ご飯のみ」でももちろん美味しいけど、もし食卓やお弁当でそれだけで出されたらちょっと寂しいと思う方は多いだろう。

しかし「白ご飯とおかず」になった瞬間、相乗効果によりお米の存在価値がババーンと上がる。

つまり「1人でも大丈夫な人」だけど「誰かと一緒にいると良さが倍増する人」というのが今、私の目指す人間像だ。

相手の良さを引き出し、こちらも良さを引き出される。多くの人とwin-winになれるような、そんな人になれたらいいなとここ数ヶ月で強く思うようになった。

そしてもうひとつ、注目してほしいのが色だ。

白米はその名の通り白い。

実は幼少の頃、私は白が好きじゃなかった。黒とか赤が好きでカッコつけたがりなひねくれ娘だった。

膨張色だし、汚れるし、弱そうだし、無味無臭な感じ。それが白のイメージだった。

なので、指定の制服のワイシャツとか白い体操服があまり好きではなかった。

しかし、これもここ1年くらいで大きく変わった。これまで黒いTシャツばかり買っていた私が、白いTシャツを好んで買うようになった。

今では白が好きだ。明るくて、爽やかで、優しくて、柔らかで。白米に並び、真っ白なはんぺんや豆腐も大好きだ。笑

白が好きになった自分は、昔よりちょっと成長できたかなというか。自分を守る為にカッコつけていたあの頃よりは、少し楽になれたんじゃないかなと思っている。

* *

最後にお米に関するおまけ話をひとつ🌾

小学生の頃、地元山形の特産であるお米について調べ学習を行い、ポスターや新聞などにまとめるという課題があった。

当時、お絵かき星人だった私は調べた内容を絵本にまとめた。

その絵本に登場していたのが、「みっこめちゃん」という名のお米の妖精だ。私のニックネームと米をかけた名前だ。

オリジナルキャラクターであるみっこめちゃんは、今でも手紙なんかを書くときにおまけで描いたりする。もしかしたら私はこの頃からお米の妖精になりたかったのかもしれない。

小6のときに考えたみっこめちゃん🌾

ちなみに私は色白な方なので、その点だけはすでに白米感が出ているかもしれない。

🍚おわり🍚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

アリが10匹(∩ˊᵕˋ∩)
13

みっこめ

ダンスの先生です。高校時代(リアルチアダン)→大学時代(3年の冬で中退)→今(22歳で結婚) ▽好きなもの 漫画アニメゲーム、紅茶、音楽(幅広)

コメント1件

初めまして!フォローありがとうございます(*´꒳`*)
お米美味しいですよね😋最近は卵かけご飯でよく食べます!幸せ💞
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。