見出し画像

御菓子所 ちもと

この店を知ったきっかけは、この本だった。

表紙からしてこのインパクト。

『あんこなしでは生きられない』って、いったいどんな人種だ。

私はそれには当てはまらないけど、気になってついこの本を手に取った。


あんこについては以前にも書いた↓

んだけど、こしあん派の私にとってかなり惹かれたのがこの本の表紙のビジュアルだった。

どんな味なんだろうと気になっていたら、ある時知人からこちらの草だんごをいただいた。写真のイメージ通りのつややかな優しい甘さのあんこと、香り高いよもぎがふんだんに練り込まれた柔らかいだんごの組み合わせが絶妙で、一度お店に伺いたいとずっと思っていた。


そしてこの夏、たまたま近くまで行く機会があったので、念願のちもとを訪ねてみた。

夏季限定で食べられると評判のかき氷目当てでもあったのだけれど、連日並んでいて早々に売り切れる日もあるというから無理かもしれないなと、あきらめ半分にのれんをくぐると、意外にも待っていたのは一組だけですぐに入れるという。

喜び勇んで娘と2人、店内に流れる井戸の水を眺めながらしばし待つことにした。

私たちが頼んだのは宇治とミルクをたっぷりかけた氷の中に、こしあんと白玉が入っているもの。

運ばれてきた瞬間、思わずふたりで顔を見合わせて「うわぁー」と声が漏れた。

私たち母子は毎年、結構あちこちのかき氷を食べ歩いているのだけれど、ここのはかなりサイズが大きい。うっかりスプーンを入れると雪崩を起こしてしまいそうな山を、そっと端から崩しながら、でも溶けないうちにと無心で口に運ぶ。

抹茶が苦手な娘も絶賛するほどの、流石としかいいようのない老舗の宇治シロップは、苦味だけでなく甘味も程よくあって、そこだけで食べても十分美味しい。

そして中に隠されたこしあんのまろやかさよ。

宇治、ミルク、それぞれの風味も最高だけど、あんも含めてすべてをひとさじに乗せると、三位一体となって口の中でとろける。甘すぎるスイーツは苦手な私でも完食できる甘さで、添えられた冷茶の心地よい渋みとの相性が計算しつくされているようだった。

ちなみにこの画像では全く見えないが、そびえ立つ宇治ミルクの山の後ろにはちゃっかりと、愛らしい草だんごが控えているのだ(笑)

氷とあんこと白玉ですでに満たされつつも、草だんごもきっちり1つずつ平らげた私たちは、夕食前だというのに満腹で店を出た。


やはり老舗と呼ばれるだけのことはある。ここは甘味好きなら一度は訪れたい名店だと改めて思った。

夏の間の2ヶ月ほどしか味わえないという贅沢な涼感をぜひ、暑い中わざわざ出かけてお店で味わってみてほしい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのスキ♡もっと教えてください
10

タダノヒトミ

美味しいものとワクワクすることに日々いのちを燃やしています。 食いしん坊と落ち着きのなさに定評のある、中堅オカン。 素敵な街noteで新しい人々との出逢いを楽しみながら、身の回りのお話を描いています。 毎日投稿なんて夢のまた夢、気の向くままに、ぼちぼち更新。

たべもの

自他ともに認める食いしん坊な私が、愛してやまない日々の食について。

コメント2件

食べたいです!!
ヨダレ出そうになりながら読みました✨(*´∇`*)笑
はるさん、これはかなりお腹空かせて行くことをオススメします!
『おまかせ』というのにすると、中にお店セレクトの和菓子が入っているそうですよ(^o^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。