君の笑顔で、この世界を明るくさせて

わたしの心がこんなにも淋しいのは
ほんとうのわたしをひた隠しにしているから

「ワタシ」を表に出してしまったら、君は去ってしまうだろうか、それとも笑ってくれるだろうか?

去ってしまうのならば、君を諦めるしかないし
笑ってくれるならば、この世界をもう少し信じてみてもいいのかもしれない
#詩 #現代詩 #哲学 #世界 #小説 #現代小説 #信じる #君 #日記 #エッセイ #恋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

かたちのない言葉をしたためています。それは詩と日記の間のような、あなたへのお手紙。じっくりさわって、たっぷり感じて。解らずとも、ただそれを飲み込んでみて。いつか、言葉を集めて本を出したいです。

11

akagawa minako

(詩集)言葉の先に何がある?

かたちのない言葉の中に飛び込んで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。