南方 尚喜

LINE Fukuoka株式会社 / スマートシティ戦略室 室長 / 福岡マラソン Official Communication Partner / ランニングコーチ / PB 2時間58分

QR決済は、どの業種にフィットするのか

私たちの組織は、業務上あたりまえではありますが、キャッシュレスが異常に進んでいます。
連休明け、本日のような日は、出かけた先で「ここでLINE Pay使えた」「ここはPayPayが使えた」「ここは現金しか使えなかった」みたいな会話が非常に多い。(出かけた先の感想ではなく、決済手段がどうだったかという話題で終わってしまう笑)

また、最近Twitterで #今日の現金払い というハッシュタグが増えて

もっとみる

この1年間で、キャッシュレスはどこまで進んだのか(後編)

これまでのダイジェスト

■福岡市のキャッシュレス公募採択、包括連携協定締結などにより、福岡市×LINEの連携を強化。自治体の事業としてキャッシュレス化を推進
■①福岡市でLINE Payが使える場所や市民の利用を促進、②さらに便利な体験づくり、という2軸で戦略を設計
■上記①は、「市民の日常生活」「観光」というシーンに着目し、使える場所を拡大。大学生をはじめとする市民向けのセミナーも多く実施

もっとみる

この1年間で、キャッシュレスはどこまで進んだのか(中編)

このnoteは、私たちLINE、特にLINE Fukuokaがどのように福岡市のキャッシュレス化を推進してきたかを振り返ることにより、たった1年間で起きた大きな変化の波を皆さんに感じていただきたい。そしてその波に乗ってみたい、と思っていただくことを目的に書いています。

前編(2018年5月~8月)を見逃した方はコチラ

福岡市との包括連携協定締結

もともとLINEと福岡市は2016年に「市民へ

もっとみる

この1年間で、キャッシュレスはどこまで進んだのか(前編)

2018年4月、経済産業省が発表したキャッシュレス・ビジョンにより、「キャッシュレス化」はオリンピック等を控える日本にとって、とても重要なアジェンダになったと思います。
その直後、どの自治体よりも早く旗振りをはじめたのが福岡市。2018年のGW明け初日の高島市長の会見で言及されたので、あれからちょうど1年を迎えようとしています。

このnoteは、私たちLINE、特にLINE Fukuokaがどの

もっとみる

スマートシティって何だ?

LINE Fukuoka株式会社 Smart City戦略室 室長の南方です。最近スマートシティについてお話しする機会が増え、色んな方とお話しする中で「スマートシティってこういうこと」というのが何となく整理されてきたので書き記してみようと思います。

みなさんはスマートシティと聞いて、どんな世界を思い浮かべますか?
・自動運転の車が街中を走り回ってるような世界?
・光熱費や家電の利用状況など暮らし

もっとみる

【今からでも間に合う】LINE Payの超おトクなキャンペーンの波に乗れ!

神キャンペーン!とSNS等で注目を集めているLINE Payの3月のキャンペーンについて、「まだLINE Payつかったことない(けど興味ある)」という方に向け、簡単に使い方をまとめますのでご参考に!
※特に福岡の方に向けて書いています

こんなキャンペーン

要するに、日頃のお買い物をLINE Payで決済するだけで、
・後日、20%分が還ってくる
・100円以上の決済のたびに「くじ」が届き、ハ

もっとみる