日本の消費者は取捨選択する。取捨選択できないのはメディア業界人とファッション業界人だ

衣料品ビジネスにおける考え方はある程度賛同することが多い株式会社せーのの石川涼氏だが、政治や経済における思想は左寄りだと感じられるのでまったく評価しない。
先日、「#FR2」ブランドについてのインタビュー記事もなるほどと思わされるところも多かったが、結末の


「日本人はほとんど自分で取捨選択ができていない。誰かが評価していたり、世界で評価されて初めて”自分も欲しい”という状況になっている。だから世界にウケれば、日本人も買う」。


https://www.fashionsnap.com/article/ishikawaryo-fr2/


という箇所には疑問しか感じなかった。
衣料品ブランドだけでいえば、世界で評価されていて鳴り物入りで上陸したものの、撤退する外資ブランドが数多くあり、業績が低迷している外資ブランドも数多くあるからだ。日本の消費者はそれなりに取捨選択しているといえる。
取捨選択できていないのは、日本のメディア業界人とファッション業界人であり、その選択のできなさは一般消費者よりはるかに劣る。
外国物なら何でもありがたがっているのはその2つの業界人だけのことに過ぎない。
先日、こんな本をたまたま見つけた。
産経新聞社から発行された「ファストファッション戦争」で、巻末の発行日を見ると平成21年12月24日になっている。
今は平成30年だが年始ということを考えると、丸8年前に発行された本で、2009年末までの当時の最新情報をもとに考察されているのだが、この考察は外れまくっている。
たった8年間でこうまで予言を外すのは、浜矩子か藤巻健史並みといえる。
このページにも書かれているように05年頃から続々とグローバルファストファッションブランドが日本に本格上陸してきた。
書かれている通りに引用する。


05年アメリカンアパレル
06年トップショップ
08年H&M
09年フォーエバー21とキットソン


そして、この本では「大本命」として09年12月に銀座店をオープンした「アバクロ」を挙げている。
09年12月のアバクロ銀座店のオープン時にはそれこそ「取捨選択できない」メディア業界人のアホみたいな提灯記事が多数の媒体に掲載されていた。
「大ヒット間違いなし」だとか「国内市場を席捲するだろう」とか美辞麗句のオンパレードで、もちろんこの本もその一つといえる。
しかし、結果はどうか?
アバクロは銀座店以外は福岡店以外に出店できず、国内市場ではまったく存在感がなく、あまりの不振ぶりに何度も日本撤退のうわさが流れている。
アメリカで流行っているから(当時)、日本でも絶対に流行ると太鼓判を押したのはメディア業界人とファッション業界人だけであり、消費者は一度か二度行ってみて、行かなくなったのである。
メディア業界人・ファッション業界人と一般消費者のどちらが「取捨選択」できているだろうか。一目瞭然ではないか。

続きはこちらから(無料)

http://minamimitsuhiro.info/archives/2142.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

南充浩

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。