【クイズ】どちらを選びますか? 3

※2018年11月に日比谷公園で行われた「ファーマーズ&キッズフェスタ2018」というイベントで使用したクイズです。

小さなお子様から大人の方まで一緒に楽しめる内容です。野菜や果物に少しでも興味を持って頂けるきっかけになればうれしいです。


りんごって食べる部分によって甘さが違うのです。知っていました?

りんごで甘い部分はタネの周辺部分のA、またはお尻に近い部分のB、どちらでしょう?


正解・・・Bのお尻に近い部分です。

一般的に果物は花が咲く部分に近い部分が甘くなる性質をもっているといわれています。りんごはお尻側に花がついていたところなので、お尻側が甘く、陽に当たる部分が更に甘いです。


りんごの表面が少し油っぽく、ぬるぬるしているものがあります。よくワックスが塗られていると勘違いされるケースですが、これはりんごそのものから生成される成分です。

ワックスだと勘違いされるぬるぬるの正体は、りんご自身が持つ「ロウ物質」です。少し布で磨くとピッカピカに光り、特につがるやジョナゴールドは、熟すほどぬるぬるします。自然のものなので安心して食べることができますし、むしろぬるぬる、ツヤツヤしている方が美味しいりんごなのです。

また、りんごの栄養は皮のすぐ下に多くありますので、軽く洗って皮ごと食べると良いですよ。


甘熟王やスウィーティオというと「バナナ」ですね。

バナナの先端のAと、根元のBの部分、どちらが甘いでしょうか?



正解は・・・Aの先端の部分です。

花が、バナナの先端側に咲きます。花が咲く部分は成長が盛んで、栄養が集まりやすいので甘いのです。

小さなお子さんがバナナ食べるとき、最初の半分をだいたいお子さんが食べて、残りの半分をお母さんが食べていたとしたら、お母さんは知らず知らずのうちに美味しい部分食べていたのですよ~。


バナナの形をよく見て見ると、角が角張ったもの丸みを帯びたものがあります。どちらのバナナがおススメのバナナでしょう?

これは収穫した時期により差ができます。角ばっているものよりも、丸みのあるものが美味しいことが多いです。

また、房のつけ根がしっかりとしていて、つけ根から果肉までの間にある茎が、太くて短いものが良いです。ヘタを通して栄養がバナナの果実へ運ばれていますので、ヘタに傷がないものを選びましょう。


では次に、黄色のきれいなバナナAと、少し時間が経った黒くなったバナナBがあります。どちらのバナナが食べ頃のバナナでしょう?


正解・・・Bの黒い点がたくさんあるバナナです。

Aの黄色いバナナの中にはデンプンが約20%位含まれていますが、デンプンは甘くありません。バナナが追熟することによって、バナナの中のデンプンが分解されて、ブドウ糖や果糖などの糖に変化して甘くなります。この黒い点のことを「シュガースポット」といい食べ頃のバナナ証拠なのです。


次はぶどうです。

甘い部分は上の部分のA、下の部分のB、どちらでしょう?


正解・・・甘いのは房の上のAです。

太陽光をたくさん浴び、茎に近い分、栄養をたっぷりと受け取ることが出
来、茎に近い粒から熟していくので、房の上のぶどうが甘くなります。

食べる時は下から上に向かって食べていくと、甘みが強くなっていくので、最後までおいしく食べることが出来ます。

ぶどうの1粒の中にも、甘い部分っていうのがあって、それは実の下半分です。1粒の中では下半分が甘くなります。

ぶどう全体では、上半分のぶどうが甘いですが、ぶどう1粒1粒を見ていく
と、下半分に甘さが集中している、ということです。


では最後の問題です。

この果物の生産量、全国1位は山梨県。2位は福島県、3位は長野県。

何の果物か分かりますか?

そうです。桃です。

桃の甘い部分はくぼみの部分のA、お尻の部分のB、どちらでしょう?


正解は・・・Bのお尻の部分です。

Aの縫合線と呼ばれるくぼみの部分は甘みが落ちます。桃は木の枝にぶら下がった形でなるものですが、下の部分ほど糖度が増します。おしりに近づくほど、甘くなりますよ。


桃狩りに行かれる時は、枝の高いところにある桃を選んで収穫すると、さらに甘くてジューシーな桃に出会えます。たくさん日光をあびて育った桃ほどおいしくなっていますよ。


新鮮な桃は皮ごとさっと洗って皮ごと食べてしまいましょう。皮と実の間も甘みがあるので皮ごと食べた方がより甘みが感じられます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

みなとのごちそう野菜

最年少野菜ソムリエプロ。 2017年3月、野菜ソムリエに8才で合格し、最年少記録を更新しましたが、2018年7月、野菜ソムリエプロに10才3か月で合格。こちらも最年少記録を更新です。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。