3/24(日)日曜競馬 高松宮記念予想

土曜日の中京芝を見ると、2016年に次ぐ高速馬場で、明日も同じような馬場状態になると想定できる。近年の傾向よりは2016年・本日の傾向を重視し、内枠馬・速い末脚を発揮できる血統を中心に馬券を組み立てたい。

--------------------------------------------------------------------------------------

本命はアレスバローズ。
父ディープインパクト×母父トニービンという血統で、昨年夏のCBC賞を1.07.0で勝利した実績を評価したい。ディープインパクト産駒は中京芝1200では[12-14-3-61]だが、勝ち時計が1.08.0以内になると[3-3-0-6]と圧倒的なパフォーマンスを上げている。
本馬も軽い馬場のキレ味勝負が得意で、近走の重い京都の馬場は能力を出し切れていない印象。33秒前半の末脚で重賞連勝を果たす能力があれば、条件好転で一発狙ってみたい。

対抗はダノンスマッシュ。
父ロードカナロア×母父Hard Spunという血統で、Danzig×Alyder、Robertoのクロスを持つことから急坂の中京は問題なさそう。近走は充実一途、特に前走は外差しの展開を内の好位から押し切って快勝と能力が一枚上だった。外枠と鞍上だけが不安なだけで複勝圏内は堅そうだ。素直に評価したい。

単穴はミスターメロディ。
父Scat Daddy×母父Deputy MinisterでRelaunchを牝系に持つため、米国的なパワーに富んだ血統構成。NHKマイルC、オーロCともに差し競馬で展開向かず、前走の阪急杯は内枠有利馬場を外々回る厳しい競馬だった。
能力上位で内枠から好位追走できるのは魅力的。芝で馬券に絡んだ2戦がともに重い馬場でのもので、軽い瞬発力勝負は血統的に不安で評価を下げた

デアレガーロは距離短縮と叩き2走目で激走する特徴を持つ。距離短縮時が①⑥①②①着でローテ不利時に好走する傾向。叩き2走目は4戦4勝。前走は非根幹距離&外差し有利馬場と恵まれた印象だが、上記の激走条件に今回該当しており評価した。外枠が非常に不安で4番手。

モズスーパーフレアは父Speightstown×母父Belong to Meという血統。近走充実一途で勝ち時計も優秀。能力では一枚抜けている。
ただ、今回は不安要素が多い。逃げたい馬の中では一番外枠で、逃げたらオーバーペース、控えたら持ち味が生きないというリスクが付きまとう。また、初の斤量55kg、SS系の軽い瞬発力勝負は分が悪い。それで2番人気であれば押さえの評価までとしたい。

大穴はラブカンプー。
父ショウナンカンプ×母父マイネルラヴという血統。時計の速い中京芝1200で台頭してくるのがサクラバクシンオーの血で、勝ち時計が1.08.0以内になると父も母父ともに勝ち星1位の成績。近2走は敗因不明もここまで人気が落ちるのであれば、スプリンターズS②着の実績を評価したい。

◎ アレスバローズ
○ ダノンスマッシュ
▲ ミスターメロディ
△ デアレガーロ
△ モズスーパーフレア
△ ラブカンプー
× レッツゴードンキ
× ナックビーナス
× ロジクライ

馬連・ワイド ◎~○
3連複 ◎~○▲△△△×××
     ◎~○▲△△△
     ◎~○~▲△△△×××
3連単マルチ ◎~○~▲△△△


【注意事項】
●馬券の購入は自己責任でお願いいたします。
●本予想に丸乗りするも自分の予想に活かすも自由です。皆様の馬券的中に少しでもお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。