フィンランド発、TAIKKAのバッグ

友達が立ち上げたフィンランドのバッグのブランド『TAIKKA(たいっか)』。

通学や通勤などの日常使いや週末のお出かけ、どちらにも気軽に使えて、シックだけどカジュアルなバッグを、という願いを込めて生まれました。

雨が多いロンドンや風の強い日のヘルシンキ、太陽が降り注ぐメルボルン、どの天気でもどの街にでも合うようにデザインされた機能的かつちょっぴりファンキーなバッグは、わたしたちの日々をより明るく輝かせ、充実させたものにしてくれるはず。

商品は現在7つあり、最高のクオリティを保ちながらもお手頃価格に設定されています。全てウォータープルーフ加工が施されているので雨の日も安心して使えます。フィンランド、イギリス、オーストラリアで店舗展開もしていますが、最近は日本からも問い合わせが増えてきたこともあり、日本展開も始まります。

今回はその皮切りに、日本限定で送料無料のキャンペーン企画を行います!

日本限定の送料無料の方法を簡単にご説明します。

欲しい商品をクリックし、Add to Cart(カートに進む)をクリックしたら、Check Out(チェックアウト)を選択し、メールアドレスや配送先の住所を入力するページに進むのですが、その際ページの右にあるDiscount(ディスカウント)のスペースにTAIKKALOVESJAPAN(タイッカ ラヴズ ジャパン)と入力し、Applyボタンを押してください。

ボタンの真下にあるDiscountの欄に、Free Shipping(海外送料無料)と表示されます。日本以外に在住の方も、コードを使っていただければどこへでも配送無料になります。

特にこのScoop(スクープ)バッグはどんなコーディネートにも合うデザインと、紐の長さを変えることで肩掛けバッグにしたり手持ちバッグにしたりと様々な使い方ができてマチのジップを開け閉めすることで容量も変わるので、フィンランドを訪れる日本人観光客の人々にも大好評です。


書類も入るので通学や通勤にも使えて便利で、わたしは自転車を乗ったり街を歩き回る時に愛用しています。

友達でヘルシンキ大学に通う文学少女、ヴェーラちゃんも。

このポーチLittle Anything(リトルエニシング)は15ポンド(約2780円)と安価で、華やかなデザインがとっても目を引くかわいいポーチです。

わたしはメイク道具を入れたり、携帯やちょっとした物を入れるのにも使っています(‐^▽^‐)

ELLEフィンランドのファッションブロガーとして有名なピーアはTAIKKAのDenim Tote(デニムトート)を愛用していますが、シンプルな服に合わせてもちょっとグレードアップした感じになって流石の着こなしです。
ブログ:Muotikuiskaaja

http://www.elle.fi/blogit/muotikuiskaaja/pukeudu/taikka-niin-taikka-nain


デザイナーの2人はこちら。フィンランド人のRiikka(右)と、オーストラリア人のAmelia(左)によってどんどん新しい商品が生まれています。

ブランド名前のTAIKKAは、英語にすると「either A or B」で、フィンランド語で「あれか、またはこれか」という意味です。晴れの日でも、雨の日でも。カジュアルでも、シックでも。どんなオケージョンでも役立つバッグを、という意味で名付けられました。

日本の店舗で見かけたら是非教えてください。

そしてまた、今なら送料無料なのでぜひ、この機会にお求めくださいー!
サイトはこちら:http://www.taikka.com/

------------------------------------------------------------------

【過去テキスト】
トランスジェンダーと人権:
https://note.mu/minotonefinland/n/n99c3d6bb73ec?magazine_key=mf53e59f9f07a
栄養たっぷりポタージュ風エスニックスープ(ヴィーガン対応可)の作り方:
https://note.mu/minotonefinland/n/nf808c3e1ae1d
史上最高に簡単なフィンランドのブルーベリーパイの作り方:https://note.mu/minotonefinland/n/nd345244066b9
失うもの、手放すもの:
https://note.mu/minotonefinland/n/nb7c459620200?magazine_key=mf53e59f9f07a
歳を取ることは結構イイこと:
https://note.mu/minotonefinland/n/n9af24cef38b0?magazine_key=mf53e59f9f07a
妄想フィンランド7日間の旅に皆さんをご招待:https://note.mu/minotonefinland/n/n1dc2b5304706?magazine_key=mf53e59f9f07a
フィンランドのロヒケイット(サーモンスープ)とレンズ豆のスープの作り方:

https://note.mu/minotonefinland/n/n72df81a29c36?magazine_key=mf53e59f9f07a
せかい食べ物紀行―第二話、フィンランドとパイヴァン・ケイット(本日のスープ):

https://note.mu/minotonefinland/n/na05b7d010c15
シネマレビュー: Casse-tête chinois(邦題:ニューヨークの巴里夫):https://note.mu/minotonefinland/n/n924cbf1aad4a?magazine_key=m86a5f3f1198a
シネマレビュー: Land Ho!:
https://note.mu/minotonefinland/n/n1f7e8e240883
1年前の今日:
https://note.mu/minotonefinland/n/nc6c323670bea
せかい食べ物紀行―第一話、パリとアップルタルトとトマトと玉子の炒め物:https://note.mu/minotonefinland/n/n72a918228e5c
フィンランド―若手起業家たちの生まれる地:https://note.mu/minotonefinland/n/ncb081698cdf8
かつてmixiで友だちに書いてもらった紹介文を振り返ってみた:https://note.mu/minotonefinland/n/n1f9ed7196e07
アールヌーボー、ジャポニズム、サイケデリック、女性:https://note.mu/minotonefinland/n/n8e2725c2bdcf
時の宙づり:

https://note.mu/minotonefinland/n/n2a182b91e783

不思議惑星キン・ザ・ザ(Кин-дза-дза! Kin-dza-dza!):https://note.mu/minotonefinland/n/n3d2e049be0ff

日本からのサプライズの贈り物:
https://note.mu/minotonefinland/n/n1f33b547e2f4
フランスについて、2014年夏に思うこと:
https://note.mu/minotonefinland/n/n5bbe675bd806
エミールの故郷への旅(前編):
https://note.mu/minotonefinland/n/n8d7f3bc8d61d
エミールの故郷への旅(後編):
https://note.mu/minotonefinland/n/n6ccb485254c2
水とフィンランド:
https://note.mu/minotonefinland/n/n82f0e024aaab
ヘルシンキグルメ事情~アジア料理編~:
https://note.mu/minotonefinland/n/nb1e44b47da30
わたしがフィンランドに来た理由:
https://note.mu/minotonefinland/n/nf9cd82162c26
ベジタリアン生活inフィンランド①:
https://note.mu/minotonefinland/n/n9e7f84cdc7d0
Vappuサバイバル記・前編:
https://note.mu/minotonefinland/n/n2dd4a87d414a
サマーコテージでお皿を洗うという行為:
https://note.mu/minotonefinland/n/n01d215a61928


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

44

minori

MINOTONE-FINNISH PRODUCTS

MINOTONE(ミノトーン)のフィンランドのデザイン、プロダクツに関するポスト
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

こかげさん、わぁー、コメント&ご注文ありがとうございます!(*^^*)
今、日本語の機能もつけて〜と頼んでいるところです。でも結構シンプルな作りですよね!
広島までポーチが届くかと思うと嬉しくてドキドキです(^∇^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。