モテクリエイターに学ぶ音楽ブランディング

"ゆうこす"こと菅本裕子ちゃん(元HKT48アイドル)の近著 "SNSで夢を叶える" を読んでたら、自分ブランディングにささるアドバイスばかり!

さすがは「モテるために生きてる」モテクリエイター。

一番響いたのは、「たとえ反応は薄くても、自分の好きなことだけを発信し続ける。"いつか似た感覚の人が読んでくれたらいいな" ぐらいの気持ちで」のくだり。

SNSだけでなく、音楽や他のどんなジャンルでも、コツは同じじゃないかな、と思って!

私の場合なら、クラシックが好きじゃないのに、なんと新アルバムはクラシックのレーベルからリリース。その限られた中で、自分の好きなことをどう発信していくか、がカギみたいです。

まず、クラシックは見かけがカタイのがネック。例えば、私と同じCentaurレーベルのこちらのピアニストさん。 あの高名なシュナーベルの直弟子だそう。CDジャケットがモロ深刻げ!

こちらは女性ピアニストさんのジャケット。にこやかな貫禄が、いかにも。 さすが、ジュリアード卒で、グローバル・ミュージック・アワードなどの金メダリスト……。

お二人とも、当然カーネギー・ホールでコンサートされてる……。

最初は私も、「レーベルのテイストに合わせなきゃ」と、それふうの写真を提案。レーベルが作った第一稿がこちら。

だけど、これ見て「???」でした。こんなにどアップになるなんて……。わざわざ物々しくしてる感……?

クラシックのそういうところが、そもそもキライ。だったら、自分の好きなようにやってみようと思って……。幸いレーベル側は、撮り直すなら待つ、とのこと。

で、冒頭の写真がジャケットに……というのは、まさかウソですw

けど、この同じスタジオでのショット(クマなし)が、無事ジャケ写となりました。

そういえば、ニューエイジなどのレーベルにもデモは送ったんです。なのになぜか、オファーが来たのは、がちクラシックのレーベルからばかり……! 世の中、思うようにはいきません。

でも、"SNSで夢を叶える" を読んで、「負けちゃいけない」と元気をもらいました。

ゆうこすちゃん、SNSアンチに叩かれまくった時期があったとか。子どもの頃からぶりっ子だったので、女の子たちからいじめも。

みんな本心では「モテたい」と思っているはず、と察知したゆうこすちゃん。逆にそれを堂々と言えば強みになるかも、と思ったそうです。

私のケースでは、「クラシックは肩凝りそう」と誰しも思う部分はあるはず。だから、ビジュアルを自分のコンテンツのラフな雰囲気に合わせちゃいました。(こちらのビデオはアルバム収録曲)

私の音は、今どきミュージックをクラシックにブレンドした注目のジャンル "ポスト・クラシカル"寄り。たとえ純クラシックのアーティストだって、ステージを降りれば燕尾服やドレスを着てるわけじゃないんだし……。

そんな具合にビジュアルにこだわる人は、最近多いよう。だから、ビジュアル主体のインスタ#検索が、ウェブ検索をしのぐ勢いなんじゃないかな?

"SNSで夢を叶える"では、SNSのハッとする利用術もあれこれ紹介されています。例えば、複数のアカウントを使い分け、いろんな "なりたい自分" をプロデュースする、など。

自分の人生の効果的なブランディングに、ネットやlTを使える時代。ゆうこすちゃんの人気ぶりを見るにつけ、感じます。――「好き」を前面に出して "モテクリエイト"していこう、という人が増えてるんだなって。

"◯◯◯で夢を叶える" の◯◯◯が、人によって違うだけでは……。

私はもちろん、"ONG(音楽)で夢を叶える"!

☆英語にご興味あれば、日本語・英語の両方で書いたこちらの関連記事もよろしければ!

 

大吉!運が向いてきました。
3

ペパーミントシャワー@ニューヨークでピアノ

ニューヨーク在住、空の巣ミュージシャン。アメリカの映画・TV音楽作曲・トラックメイカー。努力が嫌いで、ノンビリが大好きです。米クラシック・レーベルから9月にソロアルバム発売予定(日本の輸入CDショップでも)。http://www.mikikopiano.com/

音楽三昧。

音楽に関係するノートをまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。