新しいリターン「昔押し売りされた絵画を好きにする権利」について

鋭意支援者募集中のクラウドファンディングの企画に、先日新しいリターンを追加しました。

その名も
「昔押し売りされた絵画を好きにする権利」
です。

まだ世間知らずな20代の初めごろ、絵の展示を見に行ったら個室状態の場所に押し込められ、買うと言うまで帰して貰えなかった、ちょっとトラウマものの絵でもあります。
作品はヒロ・ヤマガタの「ウエディングリング」
当時のお値段は60万円台、結局ローンで100万近くを約5年に渡って払わざるを得なくなってしまいました。
今の評価額はネットで調べればすぐに出てきますが…
あの頃の私は何も知らず、こんな押し売りのし方があるとも思っておらず、友人を亡くしたばかりだった自分の心に付け込んでこんな商売をする人に対抗する手段を持ち得ませんでした。

買わされてから支払いが終わるまでの間、辛いことや思い出したくもないこともありますが、この絵が間違いなく私の人生の一部であることに変わりはありません。
それを好きなようにする権利を、差し上げます。

内容と金額をご覧になった方は、馬鹿げたリターンを出したなと思われたかも知れません。
ですがこれ、本当はプロジェクトを練っていた時から考えていたものだったのです。最初からリターンにリストアップするには勇気が足りず…(プロジェクトの発足自体がとても勇気の要ることでしたしね)
しかしプロジェクト公開から10日を回る頃、やはりここは出すべきだと思って追加申請しました。
審査を通るか不安でしたが、無事通りました。

話題性が欲しい

とにかく、この一言に尽きます。
無名な一般人がプロジェクトを立ち上げ周知させるには、限界があります。
ずっとどう広めていったらいいか頭を悩ませ、胸を痛めていました。
変わったリターンでもなんでも、話題になって少しでもこういった活動のことを多くの人に知って貰えたら…その一心で、恥も外聞も捨てました。
なのでどんどん話題にして欲しいし、広めて欲しいと願っています。

馬鹿げた内容かも知れませんが、先述の通り私の人生の一部とも言えるものの権利をお譲りすることになります。
それだけ、このプロジェクト、目標に懸ける意気込みがあるのだと示したいし、知って欲しいのです。

そして、私の残りの人生をこの活動のために使っていきたい、そのための行動を始める資金を手にしたいと強く願っています。
粋な方や酔狂な方に、どうか届きますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださいましたら、ありがたく活動に使わせて頂きます。

スキありがとうございます!
5

北関東にしょぼ喫みたいなお店を作りたい!

北関東の生きづらい人、疲れてしまった人たちがほっと一息ついて羽休めが出来るような「みんなの居場所」を作りたい―― そんな想いや、実現に向けての日々を綴っていくマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。