NPO未来ラボ

NPOの未来を考えながら資金調達や事業作りを実践的に学んでいきます。大切なのは手や足を動かしていくこと。メンバーのニーズややりたいことを共にやっていきカタチにしていきます。 メンバーが声を上げて様々なチームやプロジェクトが立ち上がっています。

#かわるフェス スタッフインタビュー② 【一人ひとりの力でエンタメはうまれる】

かわるフェス運営リーダー、寺嶋美穂さん。
多方面で活躍されている美穂さん。どのような想いでかわるフェスをやろうと思ったのか、どのような想いでかわるフェスを作り上げているのか
かわるフェスにかける想いを伺いました。 

かわるフェス公式HP
https://peraichi.com/landing_pages/view/kawarufes02

--どうしてかわるフェスをやろうと思ったんですか?

もっとみる

#かわるフェス スタッフインタビュー①【遠くの「誰か」を目の前の「あなた」に】

こんにちは。
かわるフェス広報を担当しています、さとです。

この記事ではかわるフェス運営スタッフの想いをお伝えしていきます。

かわるフェス
「一人一人にかわるきっかけを。心に灯をともすような体験を。」

豪華ゲストのセミナー、
NPOやNGOの出展ブース、サイレントフェスなど
コンテンツが盛りだくさんなこのフェスの楽しみ方はきっと人それぞれ。
スタッフがこのフェスにかける想いも人それぞれ

もっとみる

心の空いているところが市場になる【第8回定例会:コルク佐渡島さんサマリレポート】(その2)

NPO未来ラボの定例会(2018年9月10日開催)では、コルクの佐渡島庸平さんを招いて行われました。市場のとらえ方、コミュニティと人についての考えお話を聞きました。

1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂

もっとみる

【不登校の子どもをなくすのではなく、“不登校”という言葉自体がなくなる社会を目指して』】未来ラボメンバーインタビュー⑤

誰が見ても、「優しそうだな」と感じる柔らかい表情。そして、決して相手を蔑ろにしないからこそできるコミュニケーション。彼と話していると、誰もを受け止めてくれるような親心を感じる。しかし、彼に初めて会った時、僕は彼に自分の全てをさらけ出せない、不安というよりは違和感のようなものを感じていた。

 そんな彼は、立山剛さん。大学の職員として勤めながら、特定非営利活動法人東京シューレというNPOで理事をして

もっとみる

【想いの強さと多動力を武器に宮野雄弘がNPO未来ラボと共に目指す誰も排除されない社会とは】未来ラボメンバーインタビュー④

マルコメ味噌のキャラクターマルコメ君。彼を見た時に最初に思い浮かべた。
いがぐり坊主頭に人懐っこくニコニコしている彼の表情は、初対面の人でも安心させる親しみがにじんでいる。彼がニコニコしてそこにいるだけで場の空気が和らぐのを感じさせる。

インタビューの事前準備のために彼のことを調べてみて驚いた。彼は2017年大学入学後、半年で休学し、現在は複数の活動をかたちにしようとしている。初対面での印象とは

もっとみる

【「誰も一人にしないために。」 ~孤立のない未来を見据えて~ 本山幸志郎インタビュー】未来ラボメンバーインタビュー③

10月下旬、画面越しにまっすぐ視線をこちらに向けた彼はごく普通の青年に見えた。

「はじめまして。」

油断してはいけない。NPO未来ラボは熱い人しかいない。
そう思いながらインタビューを始めた。

本山幸志郎
1995年5月生まれの23歳。三重県生まれ、神奈川県育ち。私立栄光学園中高等学校、慶應義塾大学環境情報学部を卒業。新社会人としてシステム開発会社でECサイトの開発に携わるが、今年度末をもっ

もっとみる