深圳レポート(2018年3月)

【準備しておきたいアプリ】
※中国では規制により使えないサイトが多数あります。Google、Facebook、LINEなど。是非いい機会なのでメイドイン中国のアプリを体験してみてください。

●Wechat(微信)

これは必須アイテム!
今や8割がモバイル決済の中国で、特に深センではwechat payでの支払いが現金よりも当たり前です。以下に日本人がwechat payを使う方法を載せておくので、是非、行く前にアプリを使えるようにしてみてください。
【wechatペイを使う方法】決済を体験したい方はこちらの手順を参考にしてみて下さい。
(手順1)アカウントをつくる https://goo.gl/KJtZr7
(手順2)自力でチャージする方法 https://goo.gl/Zg9BNj
※手順2で紹介されているマシンが置いてある場所が日本全国でいくつか存在します。詳しくは公式ページをご確認下さい。
>>https://www.pocket-change.jp/ja/

===============================

●高徳地図


このアプリかなりのスグレモノです!漢字でも英語でも入力できます。

===============================

【オススメの場所】

★★★華強北(フーチャンペイ)
世界最大の電気街がここになります。メインストリートの両脇に電気・電子部品関連のビル群が立ち並んでいます。


★★★歓楽海岸(The OCT Harbour)
湖を囲むように商業施設が隣接する場所。
イメージは横浜のみなとみらい。


(以下、歓楽海岸(The OCT Harbour)内)

★世界最大のドローン企業DJIの世界初フラグシップ
世界シェア7割を誇るDJIの最新機種やデモンストレーション(時間帯による)などを見ることが出来る。建物自体もお洒落です。


★★★深業上城(UpperHills)
最近できた商業施設です。この商業施設の一角にMUJI HOTELがあります。かなり大きなショッピングモールで、まだOPENしていないテナントも多い。

(以下、深業上城(UpperHills)内)

★MUJI HOTEL SHENZHEN
世界で初めて無印良品が手掛けるホテル。今回、視察に参加した全員がいいホテルだと絶賛でした。
https://hotel.muji.com/shenzhen/ja/

★CEEC(まだオープンしてませんでした)
世界最大の家電見本市CESに出店する企業はもはや約半数が中国となりつつあり、その大半はここ深センにある企業。だったら、毎日がCESのような場所を作ればいい!ということでまもなくOPENする予定の場所。


ちょっと未来の新しい体験

★★無人コンビニWell Go ←Wechatpayで体験できました
無人のコンビニエンスストア。天虹商场总部大厦という建物の横に小さく設置してあります。
住所:深圳市南山区中心路3019号(深圳湾段)

★★F5未来商店 ←Wechatpayで体験できました
無人のイートインスペース兼コンビニ。店内に商品とQRコードが並んでおり、読み込んで決済すると商品出口から買ったものが出てきます。
住所:深圳市南山区高新南一道6号TCL大厦1层F5

★★シェイクシャックをパクった?絶品バーガー
お店の名前:哈帝斯汉堡(南山海雅店) (Hotties BURGER)
住所:深圳市南山区海雅缤纷广场负一楼-1s19哈帝斯汉堡


深圳にはこんな場所もあります・・・

★★老街(Laojie)
流行の発信地として栄えている。街の中央にあるマクドナルドは中国1号店。

★★大芬油画村(Dafen Oil Painting Village)
8000人の画家が集まった絵画の村だ。ホテルの受付や部屋などに飾られる複製画の60%がこの大芬で「生産」されているが、近年はオリジナル絵画を中心に年間700億円の売り上げを生み、新しい画家がデビューする街。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。