TAICOCLUB 2018 THE・FINAL

今年で最後になるタイコクラブへ行ってきました。
楽しかった。やっぱり野外フェス好き。キャンプも。

朝4時半に集合、出発。
途中のスーパーで買い出し。
毎年いつものメンバーでいつものスーパーに立ち寄って
キャンプでの食材やお酒、ドリアンを購入。

ちなみにドリアンは初めて買ったのですが、
これ本当にめちゃくちゃ臭い!
勉強になりました。
でもフルーツの王様が450円ってちょっとすごくない?

早めに東京を出発したおかげで、大きな渋滞もなく
10時過ぎにはこだまの森に到着。
例年通り開場時間まで舗装された山道で待つのだけど、
今年の人の多さが異常!!
例年に無い人数が既に並んでいて、ちょっとした難民気分。

なんとか開場してキャンプ地へ。
設営ポイントを見つけてテントを設置。

みんなで力を合わせて完成。
わかりやすいように、いつも通路脇の角地に設営するのですが
ここで事件が。
なんと通路の仕切りをまたいでテントを建て始める人たちがいて
そこかしこに違法建築が爆誕。

最後のタイコクラブという事で人数が多いのはわかるけど、さすがに治安が
悪すぎるのでは、、、。

しょっぱなからしょんぼりしてたけど、とりあえずテントも建てたし
ご機嫌なメンバーたちと乾杯したりごはん作ったり。
今回一番食べたのはほっとサンドかも。簡単だしおいしいし最高。

あとポップコーンも楽しかった!これもまたキャンプで作りたいな。

食後に最後のタイコクラブグッズを買ったり、おさんぽしたり。
途中で何度かお友達に会えたりしてさっそく楽しい。

タイコのマグカップ買えたの嬉しい


今年は深夜に見たいラインナップだったので夕方にお昼寝をして大正解
18時くらいから寝て、そのまましっかり熟睡できて寝起きにLoneが聞こえてきて「かっこいいなぁ、、、」と思いながら23時頃起床という完璧な睡眠でかなり体がスッキリした。


そこからちょっとテントでみんなとだらだらしてからFKJへ。
いろんな楽器や歌もあって楽しい感じ。お昼に聞いても気持ちいいのかな?
ちなみに音楽やアーティストの背景についてはぜんぜん詳しくないのでレポ的な事は何一つ書けないよ。

少し見てからまた会場をうろうろお散歩したりテントで何か食べたりしてから再びメインステージへ。
今年の私の一番の目当てのMouse On Mars。通称、火星ネズミ。
KraftwerkとAphex Twin大好きな私が興奮する感じの音。
いつもフェスだとビュッフェスタイルでふらふらつまみ聞きして楽しむのだけど、Mouse On Marsだけは今回唯一最初から最後までステージで踊ってた。最高。
電子音がたくさんして、踊れて脳に響く音が大好き。
今年出た新譜もとても良きだけど、やっぱりイヤホンできくよりもちゃんと音圧を感じながら野外で聞くのが至高。ありがとうタイコクラブという気持ちが高まる。


そのあとは野外音楽堂で、みんな大好きEGO-WRAPPIN’
CDで聞いてるだけだと、JAZZYな感じで色っぽい音楽って印象だったけど
2008年のフジロックで初めてライブする様子を見て、なんて激しくてかっこいいバンドなんだろうかと感動した。
それ以来フェスで出てるとなるべくみたいバンドのひとつ。
ラスト三曲くらいしか聞けなかったけどどれも好きな曲ばかりで大満足。



そこからまたメインステージにおりてMarcel Dettmann
安定のかっこよさ。
ベルリンテクノのレジデントDJ。しかもイケメンなので大好きな要素しかない。好き。
こちらも音圧でがんがんに殴られる。五臓六腑に響く低音が素晴らしいので、ありがとうタイコクラブの気持ちが再び。

4時近くなると空も白んでくるし、寒さも増してくる。フェスで1番好きな時間。


いつもおいしいものがたくさん売ってる売店で、今年おしるこを売ってるお店を見つけてテン上げ。いつもあったのかな?
寒い時に甘くてあったかいものを摂取する悦びにうち震えて、そのままテントにもどってホットサングリアを作ってさらに幸せな気持ちに追い打ちをかけた。幸せだなぁ。

そのまままた飲んだり食べたりしながらだらだらとおしゃべりして、どんどん空が白っぽくなって山並みがハッキリする様子を見ながら5時くらいにまた仮眠。


ちなみにわたしは極度の冷え性で、真夏以外の山キャンプは夜は死にそうに凍えるのを繰り返してたのです。
そこで考案した寒さ対策が、今年は集大成なのでは?という境地に達したのでメモ代わりに。
まず、日が落ちてきたらヒートテックの長袖インナーを着て、肩甲骨と腰とおなかにカイロを貼ります。
寝るときはエアマットを敷いた上の寝袋に入る前にウルトラライトダウンを着て、寝袋の上にはフェスでよく売っているブランケットの厚手のものをかける。さらにその上にエマージェンシーシートをかけると本当にぽかぽかになるので、寒がりの人のキャンプの就寝シーンに強くお勧めしたい。
高級な寝袋いらずのライフハックだと自負しています。

7時くらいに目が覚めて、ぼんやり残りの食材を片付けたり料理をしたり少しずつ荷物を片付けながらNick The Recordを遠くから聞く贅沢。

キャンプフェスの良さは、好きな時に寝たり起きたり食べたりのんびり出来て、そこに常にいい音で最高の音楽が聞こえてくるところに尽きる。
単独ライブやクラブも好きだけど、こんなに贅沢な時間を過ごせるのは野外フェスが開催されている限られた場所と時間だけっていうのが本当にすごい事だと思う。
そして更に幸いな事に、一緒に行くメンバーにも毎回本当に恵まれているので、非常に贅沢な環境でキャンプを楽しむ事が出来て感謝しか無いなー。


10時くらいになんとなくみんなたちが帰ってきてテントを撤収したりだらだらしたり写真撮影タイムをこなして12時くらいに会場を後に。
全員の集合写真を撮る時に頼んだお姉さんが気を利かせてくれたて
「この人数ならTAICOCLUBになりません?」と人文字を勧めてくれたのでトライ。


結果、Bが足りなかったけど、最高の集合写真になったと思う。

今年で最後と騒がれてたけど、来年も同じ場所で何かあるみたいなので
それはそれで楽しみだなー。

帰りはいつもの温浴施設に寄り道して1日半ぶりのお風呂とサウナを堪能。

毎年お馴染みの渋滞もぐだぐだした会話をしながらやり過ごして気づけば集合場所のファミレスに戻って、今年のTAICOCLUBも無事終了。
お疲れ様でした。

やっぱりキャンプフェス楽しいなー。
来年はレインボー行きたい気持ちが高まる。

#taicoclub #フェス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いいことがあるおまじない〜!
1

みり

みりです。脳内覚え書き。

音楽

フェスとかライブ覚書
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。