グランドキャバレーたち 〜白いばら〜

昨年の初めに銀座のキャバレー「白いばら」が閉店した事はまだ記憶に新しいかと。
2年弱ではあるけど、私もそこのホステスとして勤務していた事があるので感慨深いです。
そして昨年末、赤羽のキャバレー「ハリウッド」も閉店の運びとなります。

キャバレーとは?

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キャバレー_(接待飲食店)

・ショーを見ながら、飲食、ホステス(社交さん、ダンサー)と会話、ダンスをするところ。
・ステージがあり、生バンド(ハコバン、ハウスバンド)が常駐している。
・2~3回ショータイムがあり、ゲスト歌手、ダンシング・レビュー、曲芸などが行われる。
(キャバレーの格は、このショーの内容により決まる)
・ダンスホールがあり、ホステスの多くはダンスができる。
・店は大型で広いスペースを持ち、ホステスは少なくとも百名以上が常駐している。
(ショー出演者の高額ギャラをペイするのにも大勢の客を入れる必要がある)
・料理も専門コックが腕をふるった。
・ナイトクラブと呼ぶ違いは、私なりに言うと、女性を同伴しても違和感がない/特にショーに力を入れ全体に高級な店
(つまり客は高額を支払う)店をナイトクラブという。


個人的に感じる所謂クラブやキャバクラとの一番の違いは、やっぱりショータイムの有無かな?

余談ですが女性が接客をしてくれる夜のお店はいくつか連れて行ってもらった事があって、その中での感想としては

高級クラブ
そもそも値段の表記が無い
座った時点で何十万もするし、飲み物も食べ物も星付きホテル並
黒服さんたちの育ちが良さそう
ホステスさんはまず顔と肌がめちゃくちゃ綺麗
気配りも会話の流れも圧巻
だいたい会員制なのでお金だけ持ってても入れない
非日常とその場所にいる優越感を凄い味わえる
永久指名なので、ホステスが出勤してない時にお客が来ても売り上げは担当のホステスさんに入る

クラブ・ミニクラブ
店によって値段の表記があったりなかったり
高級クラブをリーズナブルにした感じ
一見さんでも入れるお店もある

キャバクラ
地域によって雰囲気に差がある
女の子が若くてアッパーなノリ
純粋にセット料金が高いお店ほど接客の質も高い気がする
本当にピンキリ
BGMはEDM多め

ラウンジ
キャストの年齢層が高め
落ち着いてる雰囲気
マンツーマン接客じゃなくて複数でおしゃべりする感じ
店によってカラーが違うので合うお店だと実家より落ち着く

あくまで主観なので違うこともあるかもですが、ざっとこんな感じ。

白いばらは?
これは完全な大衆向けグランドキャバレーでした。
銀座の一等地で200名は入る圧倒的な大箱。
生バンドの演奏やシャンソンをBGMに、キャストの女性たちとおしゃべりします。
最初に行ったのはもう10年くらい前。
当時友達が働いていたので、興味本位で遊びに行ってみました。
その時も当然ショータイムがあり、初めて見たキャバレーでのショーは
圧巻でした。
最初は正直「こんな小さいステージで何ができるの??」と
ちょっと穿った気持ちで見ていたのですが
見ているうちにどんどんハマってしまいました。
限られた空間でクルクル踊るダンサーさんたち、
一瞬でも目を見られたり、ウインクなんかされた暁には
その場で推しになります。おひねりあげたーい!

おひねりの渡し方も決まっていて、そのまま渡すなんて
無粋な事はせずに、キャストに頼むとおひねり用の割り箸をもらえます。
そこにお札を挟んで、ショーの終盤、ダンサーさんたちの紹介タイムで
推しの名前がコールされたタイミングでキャストの子が渡してくれます。
おしゃれ!

その後、縁あってキャストとして働く機会があったのですが
ホステスとしていれば当然楽しい事ばかりとも言えません。
でも、過去にもいくつか水商売は経験した事がありますが
このお店ほどいろんな意味で働きやすいお店は後にも先にも無いのでは?
と感じています。
お客様もキャストも、良い意味で素人感が強い人が多く
水商売特有のギスギス感や、ギラギラした感じは皆無でした。
お酒の飲み方が綺麗な方が多いという印象もありました。
銀座にしては高いお店ではないので、大衆的なお店ではありましたが
みなさん一様にきちんとした方ばかりで
「銀座で飲む」というアトラクションを楽しまれているようでした。

キャストの女の子たちもほとんどが昼間はお仕事をしている子ばかりで
みんなお話の幅が広いのも楽しかったです。
私自身も、昼間は会社で働いているので、仕事後に銀座に向かうのですが
ドレスに着替えて髪を上げて、赤い口紅をつけるとなんだか気持ちがアッパーになって
お客様とお話しながら自分自身もリフレッシュできる最高の時間でした。
ごく稀にクソ客に当たると最低の時間でしたが、それでも
普通にOLをしているだけでは絶対に出会うことのない方々と
お話を出来る時間はなんとも言えない経験でした。
思考の面でも様々な刺激を受けて、自身のものの考え方や
メンタル面でも大きな変化がありました。
もうホステスの仕事をすることは無いと思いますが
あの「白いばら」のキャストを経験できたのは
人生の中でもなかなか面白い思い出の一つになりました。


白ばらで検索したり、「郷里の娘」さんたちの同人誌
「キャバレーは今も昔も青春のキャンパス」を見るとさらに詳しい内容がわかります。私も1,2ともに購入させていただきました。名作です。


その後、閉店のアナウンスを前に私は辞めてしまったのですが
今でもグランドキャバレーはあの独特の空間が大好きです。

そして去年末に赤羽ハリウッドも閉店のニュースが入り
遊びに行ってきました。
長くなっちゃったのでそれはまた別記事で。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい❤
7

みり

みりです。脳内覚え書き。

ナイトライフ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。