現役引退

物心ついた頃からやってきたサッカーを
辞めます。辞めると言うよりは続けることが
できない。の方が正しいのかもしれません。
私はドクター、理学療法士の先生、トレーナー
沢山の人達と話し、悩み、考えた結果
現役引退することを決めました。

4度の前十字靭帯断裂、両膝とも半月板は
ほとんど切除しました。膝の手術は合計8回。
膝の中はもうぐちゃぐちゃで、サッカーが
できる保証は何もない。可能性も低い。
それでももう一度サッカーがしたい。叶えたい
夢も目標も沢山の人とした約束も捨てれない。
まだ大丈夫、まだ自分にはできる。
自分なら乗り越えられる。無理矢理にでも
そう言い聞かせてスタートしたリハビリ。
毎日先の見えないリハビリと必死に闘い
ました。戻ったり止まったり進んだりして。
少しずつほんの少しずつ前に進んでると思って
ました。だけど現実はそんなに甘くなくて。
痛み、違和感、不安感。できるようになって
いたことがだんだんできなくなっていって。
状況がなかなか良くならなかったので去年の
9月下旬に膝の中を見るために9回目の手術を
しました。手術の結果は前十字靭帯損傷。
詳しい結果を聞いた時、もうとっくに限界は
超えてしまっていたんだ。サッカーはもう
できない。サッカー選手としてピッチの上に
立つことはできない。そう初めて思いました。
たったもう一度、もう一度だけでよかったのにそれがもうできない。
突きつけられた現実は私の想像を遥かに
超えていました。その現実と向き合うことが
苦しくて、悔しくて、どこにも誰にもぶつけ
ようのないどうしようもない感情と必死に
葛藤しました。それは今も。
だけど、それでも何度倒れてもちゃんと起き
上がって前に進んできた今までのように
突きつけられた現実を受け入れて前に進んで
行くしかない。そう思っています。
もうサッカー選手として表舞台に立つことは
ない。自分にそう言い聞かせました。
まだまだちゃんと自分の気持ちと、身体と
向き合うには時間がかかるとおもいます。
それでも一区切りつけようと思いこの文を
書きました。

どんな時も、どんな私でも応援してくださる
皆さん、復帰を楽しみにずっとずーっと待って
いてくださった皆さん、沢山サポートして
くれたドクター、理学療法士の先生、
トレーナー、サッカーで繋がった沢山の仲間
私にサッカーを教えてくれた指導者の方々
そして家族。本当にここでは書ききれない程の
沢山の人に支えられて助けられて私は今まで
サッカーをすることができました。
どんなに感謝してもしきれないほど、感謝
しています。ありがとうございました。

サッカー選手としての結果だけを見ると今の
私は「失敗」なのかもしれません。
だけど、今まで経験してきたこと、私にしか
経験できなかったことをこれからも忘れず
いつか何かに成功した時に、あの時のこの
「挑戦」や「失敗」や「経験」があったから
だと胸を張って言えるように、どんな選択を
してもその選択が正解か不正解かを決めるのは
他人ではなく自分であるということ、
自分次第でこれから先の行動でいくらでも
正解に変えていけるということを強く胸に
刻み、これからも前に進んでいきます。

今後どうしていくかはまだ模索中ですが
何か決まればまた皆さんに報告します。
今まで本当にありがとうございました。
そして1人の人としてこれからも竹村美咲を
よろしくお願いします。

サッカーを通して学んだこと、出会えた
沢山の人達、本当に全てが私の一生の
宝物です。サッカーという素晴らしい
スポーツに出会えて、サッカーができて
ほんとうによかった。サッカーが大好きです。


2019/01/24 竹村美咲

#サッカー #サッカー選手 #現役引退
#女子サッカー #INAC神戸 #怪我 #大怪我
#前十字靭帯断裂 #半月板損傷 #手術
#スポーツ #学び #勉強 #リハビリ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊!
115

Takemura Misaki

西山FC バニーズ京都 日ノ本学園 INAC神戸 サッカー選手を現役引退しINAC神戸のフロントスタッフに。ありのままの気持ちを自分の最大限の言葉で。INAC神戸の中のあんなことやこんなことを。サッカーのこと、怪我のこと、たまに私生活のことなども。

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。