見出し画像

モーションロゴができるまで

職業を聞かれて「モーショングラフィックスデザイナーです」と答えると、デザイン関連でない方からは、高確率でぽかーんとされる。
「モーショングラフィックスデザイナーってどんなの作れるの?」 は見てもらった方が早いと思い作ってみた。

3ヶ月程前に作ったものだが、ざっくりと振り返って行きたいと思う。


動画サイズ

PCではなく、スマートフォンやタブレットからの閲覧を想定してスクエア(1080x1080px)にした。
何故かフルHDの縦幅MAXにしてみたが、1000x100px や 800x800pxで良かったかもしれない。


動画尺

ラストの「motiongraphics designer」を除けば5秒の動画。
ラスト含むと中途半端だが7秒動画。

15秒、30秒を超える動画は最後まで観てもらえない事が多い。
そもそもモーションロゴで10秒も越えると、見せられる方は堪ったもんじゃない。
(最初から最後までじわーっとしたアニメーションで、緩急やカット割りが無いものなら尚更)

なので飽きずに最後まで観てもらえるように、カット数多めで5秒で作った。
が、途中で「名前しか名乗っていない」と気付き、後付けでラストに「motiongraphics designer」を足した。


レイヤー

全27レイヤーで、シェイプとテキストとNullのみの構成。
平面は使わない。(理由:シェイプレイヤーのすヽめ
(個人制作なのでレイヤー名整理してなくて「Shape Layer ##」ばかり…)


使用エフェクト/エクスプレッション

まさかの未使用!
何にも使っていなかった。


アニメーション制御

自分でも「えっ!」と思ったが、150f(5秒)までの4カットをNullたった1つで制御していた。
半数以上のレイヤーが「6.Null」に親子付けされている…。
1fで位置やスケールを切り替えているのがわかる。力技感。

※ 普通は各カットずつNullで制御した方が良いです。
※ 前後の繋がりのあるカットでは、2カット跨いで一つのNullで制御が良いです。


制作フロー

他のデザイナーがどうやって構成を考えているかはわからないが、私は以下の流れで作っている。

1. 「こういう画にしたい」という静止画状態のものをいくつか作る
2. それにアニメーションを付ける
3. それぞれのカットの繋ぎを作る
4. 完

カットの繋ぎは後から考えるし、考えていた画も変更することも多いしで、絵コンテを作るのが苦手である。

今回では、最初にこれらの「こういう画にしたい」を作った。

画を作ったら、この画をどう動かすか、この画に至るまでにどうなったら面白そうか、を作って行く。

その途中でカットの繋ぎを思い付いたり、こんな画も追加しようといったアイデアが出てくる。

そんなこんなで追加や微調整を加えていく内に、このくらいでいいかな?と思ったら完成である。
個人制作は自分が納得できればOKだと思う。


結論

・自分用だからと結構適当に作っていた
・30レイヤー以下で意外と色んな表現ができる
・エフェクトやエクスプレッションを使わなくても意外とある程度のものが作れる
・Null 1つでもなんとかなる


次からは各パーツやカットの作り方を紹介していこうと思います


Vook noteのmisakicはこちら


ではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

美味しいプリンを食べます :)

てんくす
75

misakic

motiongraphics designer @FUK

AE TIPS

After EffectsのTIPSです
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。