欲望まみれの人間が「誰かのために」と思えるようになるまで

「いつまで“自分のためだけに”生きられる?」と、最近自問自答します。

もともと超絶自己中人間で、でも愛想ばかり良かったからなんとなく「礼儀正しい子」として認識されがちだった青春時代。

けれど腹の底では自分の旨味がどこにあるかということにばかり目を爛々とさせて探しているような、濁った欲望に支配されていた。

今でこそ、他人を蹴落としてまで得をしたいなどという黒い思いは消え去ったけれど、自己中であることには変わりない。

そして、その欲望という名の鎖がいよいよ錆びついて軋んで、うるさくてかなわない。

でもある日、わたしにとって、自己中を正当化してくれる一つの答えに出会えた。

その答えというのは「自分が気持ちよくなるためにまず相手を気持ちよくさせることを考えよ」というもの。

爾、隣人を愛せよとは、誠に至言だわ、と関心のあまりううぅむと唸ってしまったくらい。

「自分が楽しく生きていくために、相手のことを考える」という視点なら、「誰かのために」身を粉にすることができそうだ。

そう思うと、自分のことで頭がいっぱいなくせにぬぐいきれない自己嫌悪感が、すーっと浄化されていくようでした。

べつに、動機はなんでもよい。

楽しく生きていくために「ゆかいな仲間」が必要ならば、その仲間のためにできることをしよう。

楽しく生きていくために、仲間が必要ないなら、周りに迷惑をかけずに一人きりでやりきればいい。

でもそれは、自己中でプライドばかり高い甘ったれなわたしには、無理な話。

結局、誰かがいないと何もできない。

と、いうふうに、一人きりの限界を知ってこそ、いい意味で諦められる。

わたしは一人では生きていけないんだ、という諦観と絶望感から「自分のために、誰かのためにがんばろう」という希望がわいてくる。

……こんな言い訳なんてしなくても、もっともっと純度の高い「誰かのために頑張りたい」という気持ちを持っている人もいると思うけれど、わたしはそこまでまっすぐな人間ではない。

そうやって一つ一つ、腹落ちさせながら生きてゆくから、ちんたら鈍行列車のように、なかなか遠回りしているに違いない。

それでもいい。

「誰かを想う」ルートに、遠回りか最短距離かは、あんまり関係ない。

むしろ「誰かを想う」ことが偽善でも無理強いでもなくなった瞬間、より早く遠く豊かな未来へ、自分を進めてくれるから。

自分をごまかしながら生きていくより、ずっとマシさ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、本当にありがとうございます。サポートいただいた分は芸術に関する本を読んだり観劇に行くチケットを買ったり、海外に行く軍資金にさせていただきます。

ありがとうございます!今日もごきげんに過ごせますように。
163

20180101〜/雑記等

3つのマガジンに含まれています

コメント4件

初めまして。
成る程。👨😊
はじめまして。非常に共感しました。自分も近々書こうと思っていたテーマだったので。近い感覚をお持ちの方がいらっしゃるというのはすごく勇気になります。
私も勇気が出るなー。
I'm a flower on your hair.
自分の目に入るものを美しくするという、利他的な自己愛。
配る花があるっていいな。酔ってるかな。結局、丸くなるのも自分のためなのかな。まあ、それでいいか。
とても共感しました。私は「人のために」が苦手で道徳の時間とか福祉の話が苦手だったんですが、今は「自分が生きやすい社会」を考えるようになって、考え方の差だけですが、とても心が楽になっています。
まずは自分が無理をしない気持じゃないと、相手にとっても良いことはできませんもんね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。