保健室の先生を辞めて、フォトグラファーになった理由。

4人姉妹の長女だからなのか、
父子家庭だったからなのか、
こどもとか、赤ちゃんが昔から好き。

物心ついたこどもの時から、「こども」に惹かれている。

そんでもって、
私自身がとても自己肯定感の低いこどもだったもんで、
自信のないこどもの、安心できる場になりたくて、
小学校の保健室の先生になった。

でも、6年で辞めて、フォトグラファーになった。

辞めたのには色々な理由があるけれど、
その一つに、「小学校の6年じゃ物足りない。」がある。

フォトグラファーなら、小学校の間のこども時代だけじゃなく、なが〜く関わっていられる。

毎日大好きな被写体と向き合っていられて、
我ながらナイス転職チョイスだ。

32歳になって、
私の中の愛すべき「こども」のストライクゾーンが、かなり広がっている。

どんどん、人間そのものへの興味が湧いているし、
惹かれて止まない。

お腹に宿された時のエコー写真からはじまり、
産まれた瞬間、
毎日の成長、
誕生日、
七五三、
卒業式、
成人式、
結婚式、
遺影まで。

人間は、最初から最期まで写真を撮る。

人生の傍に写真がある。

人生に寄り添いたくて、フォトグラファーになりました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

45

MIND

日々、感じていること、思っていること、これからのことを徒然と。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。