見出し画像

行列のできる人気店の今どき @ホーチミン

ホーチミンの大通りを歩いていたら、見慣れた看板に出くわした。ここは恵比寿か青山か。

東京でも人気のタピオカミルクティー有名店。ベトナムでもここ数年タピオカミルクティーが流行っているそうで、この2軒はいずれも大人気店だ。

しかし、大人気という割に、全然人が並んでいない。青山のような一等地の立地なので、家賃高いだろうに大丈夫かなと心配になってしまう。

その代わり。近づいてみると、店の前にはデリバリーのバイクドライバーが参集している。配達品ができるのを待っているようだ。

ふと横に目をやると、ここにも各社デリバリーのお兄さんたちが待っている。

そして、通りの向かい側にはさらに大勢。商品待ちと休憩の人と入り混じり、色とりどりのジャケットでごった返している。飛脚の時代だったら宿屋ができてそう。

フードデリバリーは世界中で攻勢だが、東南アジアでは特に成長が著しい。インドネシアのジャカルタでは、「もともと屋台で買う文化があるところに加えて、交通渋滞と暑さとスコールで外出がとても面倒だから、フードデリバリーは届けてくれる上に選択肢も多くて最高!」という話を聞いた。新しい便利なサービスではなく既存の大変な仕事の代替なのだから、アジアで飛ぶ鳥を落とす急成長なのも頷ける。

これはジャカルタの話だが、ホーチミンも事情は変わらない。バイク渋滞の深刻さは負けず劣らずだ。クールにタピオカミルクティーとキメたくても、その前に汗だくほこりまみれになってしまう。

デリバリーの登場で、「大人気店」の店先も変わってきている。
お客さんの列は姿を消し、代わりにデリバリーのお兄さんたちが汗を流してみんなの分を運んでくれる。そんな人たちのおかげで、よく冷えたタピオカミルクティーが列に並ばず汗もかかずに飲めるようになっている。

一時間待ちの行列に文句言わず喜んで並ぶ東京が、なんだかかわいらしくもなつかしくも思えてきた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、 ①次の台所探検の旅費 または ②あなたのもとでお話させていただく際の交通費 に使わせていただきます。

ありがとうございます。読んでいただけてとってもうれしいです^^
10

岡根谷実里 | 世界の台所探検家

世界各地の家庭の台所を訪れ、一緒に料理をしています。そこで見つけた「料理や食卓の楽しみ方」や、料理から見える社会文化背景を伝えています。学校で出張授業したりも。訪問国60カ国以上、クックパッド。 過去記事はこちら:https://medium.com/@misatookaneya

#お店 記事まとめ

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。