彼の両親とごはん

彼の両親と会うのは何度目だろうか?

仏のような彼を産んでくれた両親に勝手にいつも感謝している。お父さんはいつも気を使ってふざけたことを言って場を和ませてくれる。お母さんはいつも身綺麗にしていてキレイで品もあるし気が利く人だ。

決して上品とはいえない私の立ち振舞に、相手はどう見ているか不安になるけれど、私は彼の両親が大好きだ。

一緒に食事することが楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまった。少し遠いから頻繁に会うことがないけれど、ずっといい関係で築いていければいいなぁ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

mishio

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。