鈴木みそ【マンガ家の生活】 vol.29(3月2日発行)Surfaceに小言ジジイ炸裂

───────────────

目次

1.今週の日記

2.オススメマンガ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

(※ここで批判しているSurfaceは初期不良品でした。交換後の現在はまったく違う感想を持っています。→http://www.misokichi.com/chinge/2016/06/surface.html)

2月21日(日)

Surfaceに入れた古いフォトショップCS3が筆圧感知しないので、ググッてそれ用のドライバを入れたら、フォトショップは見事使えるようになったが、バンブーノートの筆圧が死んだ。

アプリをたくさん入れてそれなりに使えるようになってきたが根本的なところがちゃんとしてない。動きももっさり。ええい、とsurface三度目の初期化。

仏の顔も三度。

天気がいいのだが、やることが溜まっていてジョギングに出かけられない。

全部Microsoftが悪い。

でもまあ、こうやってマシンを調整して、徐々に使えるように叩いていく作業は嫌いじゃないので、苦痛には感じない。スキルが溜まっていく感じがいいのだ。

コミスタからクリスタに移行した時も、ヒーヒー言いながら細かい調整をしたが、それが血肉となっている。もう新たに書く作品でコミスタを使うことはない。これで10年いけるだろう(笑)

Surface、初期化してからしばらくはとても調子がいい。何かがぶつかっていたのだ。なんだろう。

2月22日(月)

ジョギングしながらアイディアを練る。机でやるよりずっとたくさんのアイディアが飛び出してくるのだが、それをあとでまとめて形にするのが大変。なんとなく方向は決まったが、まだ見えてこない。もう今日中に作らないといけない。

喫茶店にSurfaceを持って行き、Tシャツのデザインやネームをやろうと、開いたらまったくうんともすんとも言わない。クラッシュしている。

あ。これだ。これ前にもあった。しばらく電源ボタンを長押しして強制的に起動させると、ペンの消しゴムにあたるノック起動ができなくなっていた。再起動してももう戻らない。

普通に使えるのだが、マシンの速度は落ちて、時々ひっかかり、動かなくなるのはこの不具合だったんじゃないか。本当に初期不良品かもしれない。

Surfaceひどいとクソミソに言っていたが、ちゃんと動いたら案外いけるのかも。

(ペンがダメなのは直しようがないが、ブラウザなどの速度が上がり、起動が早いのは印象が随分違う)

しょうがないのでまたOSを初期化した。今度は慎重にアプリを入れていくことにする。

危ないのは

●デスクトップのショートカットアプリ「Claunch」

●キーボードのキーを入れ替える「ChgKey15」

●マウスジェスチャー「マウ筋lite」

●GoogleさんのIME「Google日本語入力」

●タスクバーでバッテリーの残りを可視化するアプリ「バッテリーバー」

続いて

●「PhotoshopCS3」 と、それの筆圧用ドライバ

というあたりだろう。SSDが不安定というのもあるので、今度クラッシュしたらMicrosoftに送りつけることにしよう。

床屋で髪の毛をカット。もう10年以上通っている店だが、今日話していて床屋の親父、相当な漫画読みだとわかった。

最近はコミコにハマっているらしい。へえええ。50代に近いのにコミコ読むか。

「毎日ちょっとずつ更新するのがいいんですよ」

そ、そうなのか。

家に送ってきても、つい溜まってしまうのが週刊漫画で、ネットだとわざわざアプリを開いてdlしないといけないので、Dモーニングなんて5ヶ月くらい溜まっている。

毎日コツコツ、というのがとても苦手なんである。

2月23日(火)

わかった! 

「ChgKey15」を入れた後、消しゴムノックが効かなくなる。キーボード配列と関係しているのだろう。Windowsを使うときに、多くのキーボードは一番左下にCtrlキーがあるが、これはマックのcommandキー(Macキー)に相当する。ショートカットキーをコマンド+cでコピーなどと日常で使っていると、小指でコマンドキーを操作しなくてはいけなくてストレスがたまる。

そこでキーを入れ替えて、Macと同じ配列にするのだ。Photoshopの画面拡大と縮小は、左手の三本指で操作するので、この順番が違うと使えない。

おそらくWindowsキーを動かしたことでペンのアサインが効かなくなってしまっているのだろう。

必要順に考えて、ノックボタンを殺してもキーボード配列にこだわることにした。
(※このKeyを入れ替えるとペンショートカットが効かなくなる問題は2016年7月現在も継続中)

あとは、スリープしている間に落ちてしまう原因がわかれば。

ぶんか社の描きおろし漫画、伊勢海老の話にすることにした。娘が小さい頃にクリスマスプレゼントで「伊勢海老が欲しい」といった。

ネットで注文したら、生きたエビが2尾もびちびち入っていて、昆虫嫌いのオレが甲殻類を泣く泣くさばいた話をベースに、心あたたまるペーソスな漫画にすることに決定(ほんとかw)

よし、それで行こうと決めたらさくさくと進み、一気に12ページネームができた。

これをベースにちょっと書き足して、いらない部分をそぎ落として、10ページに収める。

増やすのではないので、ここがちょっとしんどい部分。

編集に送ったら「面白いです」というので一安心。これを週末までにアップしないと。

早い準備をしようと、夜中にpc(仕事用のiMac)で下書きをしていたらところ、マシンがトラブった。

突然Google日本語入力がクラッシュして、日本語が打てなくなった。

アプリのアンインストールもエラーでできない。これ2週間前にも一度あって、バックアップに戻すことで事なきを得たんだが、今回そのバックアップも消してしまったばかりだった。

簡単には直らないことはわかる。

せっかくやる気になるとこういうことが起こる(笑)

そうだ、SurfaceでWindows10が普通に動いているので、この最、iMacもWindows10にしてしまえばいいんじゃないか。そうすりゃ文字入力もまっさらにもどるし。こいつはいい考えだ。とWindows10のインストールボタンをポチリ。

これが結果的に大間違いで、後でおもいっきり後悔するのだが、この時は前しか見ないのでわからないのである。馬鹿俺。

2月24日(水)

起きるとWindows10になっていた。おはよう世界。

ぱっと見、悪くない。ブラウザを立ち上げると、日本語も打てる。よし。と思ったが、文字の変換がおかしい。

WindowsIMEが動いているんだな。とグーグルをインプットしようとしたら、また同じ症状が。

文字が打てない、アンインストールもできない。あちゃー。

ここは腰を据えて直すしかない。ぐぐってみると同じトラブルに遭遇した人が解決方法まで書いてくれていた。これが本当助かる。

レジストリのグーグルフォルダの中の日本語変換部分を消して再起動。するとアプリがアンインストールできるようになった。やった。アプリを消して再起動。そしてグーグル日本語変換を入れなおして、無事終了。

ところが以前と同じ「マウ筋lite」が動かない不具合発生。あれ? Surfaceでは動くのに。バージョンが違うのか。

Windows10はスタートアップもいろんなところが変わっていて、あっちこっち使い勝手がよくないので、Windows7に戻すことにした。

やっぱりまだ早かったかなー、などと軽い気持ちで戻したのは、以前も一度7に戻した経験があったから。

Surfaceで下書きをやりながら(ペンがしょぼいけれど下書きまでは十分こなせる)待っていたが、いつまでたっても7に戻らない。そのうちにブルー・スクリーンが登場。

その後、二度と7は立ち上がりませんでした。ウルトラセブンの最終回のような悲しさ。

アンヌが白黒反転してガーンとショックを受けている絵。これがオレの今の顔です。

いろいろやって泣きながら全消去。マックのハードディスクを分割してWindowsを再インストール。もう全部ないことにして最初からやることに。

ところが何度やっても入らない。今回はトラブルが長引くなあ。

「原因」マックにWindowsを入れるBootCampプログラムがWindows10用になったために、Windows7を入れるプログラムがおざなりになって、バグが半年も放置されていたことがわかった。

細かいチェックを繰り返して、Windows7が無事入ったころには日付が変わって朝になっていた。丸一日やってたのかこの作業。

それにしても、たくさんの人柱たちの書き込みには本当お世話になっている。

Surfaceの不具合もぐぐってみたらいろいろと対処法が書いてある。SurfacePro4、めっちゃ不安定なハードやんけ!

2月25日(木)

やっとインストールしたWindows7を、戦えるマシンに変えるために、フリーウェアを仕込んだりショートカットキーを保存したり。

先週メインマシンからSurfaceに移したデータを、今度はSurfaceからメインに戻しているだけ。ドロップボックスで管理しているので楽なものだ。

Surfaceのクリップスタジオでさくさくと仕事しているが、うまく動いている時はとても使えるハード。

一旦お休みさせるとまったく目覚めず、強制再起動で作業を全部忘れてしまう弱点さえ直ればいいのに。つうか致命的だなそれ。海馬が壊れた人のよう。

博士の愛したSurface。

ついでに今まであまり使っていなかったセルシスの左手デバイス「タブコントローラー」を使い込んでみた。旅行先に大きなデバイスを持ち運べないので、このくらいコンパクトなデバイスに慣れておくといいかも。

ワコムタブレットも入れた。Surfaceのペンに見切りをつけて、外ではワコムタブレットで描く、と決めた。うん、そうして使ってみると左手で画面に直接触れるSurfaceは、とても使いやすい一面がある。

なんとかとSurfaceは使いよう。

あとは、使ってないのに電池がどんどん減ってしまう弱点が直れば。って致命的な弱点をめちゃくちゃかかえてるやんか。

「イセエビ娘。」下書きができたのでペン入れ開始。時間的に余裕があるし10ページという量なので、楽しく仕事できる。このくらいの余裕でやればよい。ちょっと前進した。

2月26日(金)

今日中にペン入れ終わるか。と思ったらそう簡単にはいかない。結婚式って描くの面倒なんだよね。ついでにイセエビがめんどくさい。これを気持ちの悪い昆虫のように描くためには、タッチを相当入れないといけない。

今夜いっぱいでキャラのペンを入れて、あとは旅行先でSurfaceしあげをしてみよう。使えるかな。使えろ(望み)

2月27日(土)

昼過ぎ。息子の期末テストの終了を待って、伊豆に出発。

姉の三回忌が日曜にあるのだ。

もう3年も経ったのか。と一瞬思ったが、丸2年で3回忌になる日本独特のカウント方法。数え年とかいうあれです。ゼロがなかったせいなのだろうが、わかりにくいったらない。改めればいいんだが、昔からそういうやり方でやってます。というものを変えることは日本人には特別難しいことのよう。

効率の悪いことがいつまでも直らないのもジャパンクオリティです。

車の中でワコムタブレットのセッティング。いつの間にか新しいドライバによって、ブラシメニューやpcメニューというショートカットをモニターに表示するモードができている。

これはタッチディスプレイと相性がいい。左手で画面にタッチして設定をいじれるのは大きい。

これ面白いなー。と、車の中でタブレット設定をしていたら気持ち悪くなった。酔いやすいんだから外見てなきゃだめだよな。

今の季節、伊豆は河津桜の季節。ここ20年で劇的に桜が増えたらしい。オレがいたころはかけらもなかったんだよね。河津のし掛け人たちはすごい。早咲きの桜で100万人の観光客を呼び込んだ。

おかげで土日は大変な混雑で、お盆並みの渋滞が発生するので、へんな時間にいかざるをえないのだが。

5時間ほどかけて下田の実家についた頃には、Surfaceのバッテリーは切れて起動しなくなっていた。10時間もつなんてうそっぱちやん。

ビールを飲みながらSurfaceを充電しようとしたら、なんと電源のコードが合わない。

あれ? メガネ型の電源コード(一般的によく使われるあれ)の口に入れても届かないのだ。マジか、これマイクロソフトの独自コードだったのか。そんなもの田舎にあるわけもなく、せっかくのSurface旅行先ペン入れは、一度も行われることなく終了。

締め切りに余裕があってよかった。これでギリギリだったら田舎のデスクトップマシンにクリスタをインストールするところからやらないといけないところだった。

もう酒飲んで寝た。

2月28日(日)

12時から三回忌。下田の駅からほど近い、バイパス沿いにある大きなお寺で、建物は大変に立派なのだが住職のレベルが笑うほどひどい。

今回のお話の酷さもかつてないほどで、毎回「おふせをケチる人はダメ。信心を持たない人がこんなひどいめにあった」的な話しかしないのだが、今回は「テレビを見ていてオレの説法を聞かない檀家の息子。オレが念仏を唱えだしたら犬の散歩に行った娘。ありがたい話をしっかり聞け」の三本立て。

嫁が呆れて「この住職の話を今まで何度も聞いてきたけれど、一度もありがたい話をしたことがないねこの人は」というので吹き出した。

ここまでひどいと、全国ひどい住職選手権に県代表として出られるかもしれない。選ばれると、仏の道でフルマラソンという修行が待ってます。

でも、声だけはいい。にこやかな笑顔もいいので、「話さなければいい住職選手権」にエントリーするといい。かなりのところまでいくんじゃないかな。

法事の後は予約しておいた下田市内の割烹でお昼。

料理は素晴らしいのだが、幼児が食べるご飯がないので、なにかありますかと聞いた姪に「なんにもありません。きいてませんから」と木で鼻をくくったような返事をするおばちゃんで台無し。

なんでこんなに偉そうな対応をするのかと嫁はびっくりしているが、これ下田クオリティなんだよなあ。下田ではお店の人の方が偉いんです。

で、それをみんな当たり前だと思っているので、自分がひどい対応をしているとは店員も客もわかってない。帰り際にスマホで家族写真をとってもらったんだが、その時はにこやかでとてもフレンドリーな店員なんである。

こういう土地柄としか言えないんだが、数年の間でいいので、九州の温泉街や東北の旅館で修行するとまともになると思う。

放っておいても客がわんさか来ていた頃の名残りなのか、伊豆の135号線沿線のご飯やさんはこういう輩が多くてまいる。そういう店には二度といかないんだが、どんどん食べるお店がなくなっていく。困る。

食事が終わってすぐ東京に出発。早く出ないと桜観光客のラッシュ時刻になってしまう。

なんとか混み始める前に伊豆縦貫道に乗り、6時間くらいで東京に戻った。

軽くビールを飲んでペン入れ。明日まで2月があることに感謝。

2月29日(月)

2月最終日。がんばってペン入れ。

なかなかいい感じで仕事できている。

深夜。寝るかどうするか迷ったが、2時間仮眠してそのまま続けた。もうちょっとで上がる。

3月1日(火)

朝方には上がって眠れる予定が、後ろに伸びてお昼にアップ。

月末までというところをちょっとはみ出たが、発売はまだまだ先なので、編集者が驚いていた。

「もうできたんですか。しかも文字までテキストで打ち出してある。編集がやることないじゃないですかw」

これです。こうやって進んで行こう。

シャワーを浴びる時間がないまま、取材に出発。

GameOnという、昔から現在までのテレビゲームを集めたイベント。

これが行ってみて驚いた。すげえ品揃え。

というところで今週はここまで。

続きは来週。いろいろ新しい仕事も動き出します。

「広告マンガも受けます」と書いたら早速仕事が来ました。いやあ、やっておくべきですね、メルマガ。

では次号「動け! Surface!」でお会いしましょう。動くのか。

───────────────

おすすめマンガ

少年ジャンプルーキーズ(ネットで無料で読める投稿型サイト)に載っている「DAMAISH」第一話

いや、驚いたのなんの。

なんですかこのクオリティは。

どんだけ絵がうまいんだ、この人。しかも新人だって言うんだから腰を抜かすかと思った。

「ピンポン」を彷彿させる動きのある絵もすごいが、ネームが実にうまい。

「すごい新人があらわれた」とツイッターで書いたら、1000を超えるリツイートになって、いまだにチャリンチャリン言ってますよ。

まだ読んでない人はぜひ。これはすごいです。

「波よ聞いてくれ」2巻

来ました。待ってた2巻。期待に違わず面白い!!

このキャラ造形、このタッチ。ものすごく好き。素晴らしい。

未読の人はこちらからどうぞ

http://afternoon.moae.jp/lineup/400

───────────────

最近来てないんですが、感想メールなどもお待ちしてます。

misokichi@misokichi.com

noteが有料サービスを始めましたね。どうしようかなー。でも無料だから面白い部分が大きいのでこのまま、という予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

鈴木みそ

【日記】漫画家の生活 2016年1月〜

メルマガ「漫画家の生活」note版  2016年1月〜12月
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。