鈴木みそ【マンガ家の生活】 vol.17(11月23日発行)イベント成功


──────────────────────────
目次
1.今週の日記
2.Q&A

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
今週の日記

11月16日(月)

マックファンのペンをやろうとしたが、どうも乗らない。いかんことです。
そろそろ新連載のネームもやらないといけない。尻に火がついてからが、本当の締め切りです。
なんてことを言ってちゃいかんのだが。
昨日適当に買った千円のワインがかなりうまくて驚いた。
これは箱買いか。シラーが好みなのかもしれない。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月17日(火)

さらに仕事進まず。
いろいろマンガを読むが、やっと「山賊ダイアリー」がグルメマンガだと気付いた。
「ゲコとヨッパライ」が食べ物のネタで、ワイドショーのレポーター的リアクションで美味しさを表現しようとしているが、今ひとつうまそうではないのに、山賊ダイアリーのキジが、シシが、スッポンがなんと美味そうなことか。
ああ、そうか。ポイントは絵の細かさや上手さにあるんじゃないんだ。
そこを書けばいいのか。
と分析できたが、結論はしばらく寝かせてから、イベントで話してみよう。

ニュースらしいニュースを見てない。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月18日(水)

マックファンの原稿、夜になってやっとあがった。
amazonプライムが、ついに音楽聴き放題サービスまで始めた。
ビデオに続いて音楽聴き放題がついて、お値段変わらず、年間3900円はなんという価格破壊。
ミュージシャンはこれで利益が出るんだろうか。前から書いている通り、マンガの読み放題サービスが始まったら、ごく一部売れてる人を除いて、ほとんど討ち死にするだろうと思われる。
エンタメコンテンツはこうしてフリー化に向かっていくのは避けられないんだろう。
音楽は昔はお金持ちのスポンサーがついてやっと食べられた。そこに戻るのかもしれない。というドリカムの中村正人インタビューが頭に浮かんだ。

これ面白いですよ。
ドリカムってめっちゃ売れるメジャーバンドだと思っていたけれど「濃いファンがいない」と本人の分析が非常に興味深い。

歌にファンがついているけれど、ドリカムにはいない。そんな悩みがあったとは。
これは「ラブとライク」の理論で分類できる。
東北ずん子のプロデューさーの小田さんが言っていた理論だが、作家にはラブで繋がる濃いいファンと、ライクで繋がる薄いファンがいて、作家ごとにバランスが違っている。
ベストセラー作家は、ライクがとても多いが、マイナー作家はラブのファンが、比率的多い。
限定版などの高額商品を買ってくれるのは、もちろんラブなファンなので、ライクが多い作家より、マイナー作家の方が、限定版が刺さる。というような話である。
もちろんメジャー作家の方が、ラブのファンの絶対数は多いので、限定版商売は成り立つが、ラブが多いひと、ライクが多いひと、はなんとなくわかりますよね。
というところで盛り上がった。
おたくっぽい作品はおたくラブを集めるのでわかりやすいが、例えばビッグコミックに載っているような、30万部を超えるような作品はどうだろう。
釣りバカ日記は映画を楽しみにしているファンが多いが、それはマンガのファンとは別れるだろうし、釣りバカ日記限定版フィギュアはさすがに売れそうにない(笑)
おたく以外にラブがあり得るのか。そのあたりも考えていくと面白そうだ。
ご意見がある人は、メールくださいね。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月19日(木)

ジムでマシンの後、喫茶店で2日後の作戦を練る。
30分ほど自己紹介的に話すキーノートを作るのだが、何を話そうか。
ふとテレビの「しくじり先生」が頭に浮かんだ。
あ、これでいこう。
Kindleの成功者と言われている割には、それほど楽な生活になっていないのはなぜか。
月刊誌の連載が無くなったからで、それは出版社からみたら独立した作家をなぜ応援するのか。という方向であり、漫画自体は一般人には受けない内容で、書店が積極的にプッシュするものではない。
そこが「みそのしくじり」である。という形で作ればいいか。
方向が決まったので安心して酒飲んで寝た。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月20日(金)

水曜日のテニスが雨で金曜に順延。
5人しか来なかったが、4時間ずっと打っていたので、けっこう体力を消耗した。
今日、新連載のネームをやっつける予定だったがそれも順延。
お話の方向はだいたい決まったのだが、キャラが弱い。
みそのしくじりとして、キャラクターが弱いというのを入れるか。

そして、マンガ家自体を売る。という考え方に大きな欠点があることに気づいたので、これを明日のテーマにすることにした。
マンガ家はタレントと根本的に違う。
舞台で話せるマンガ家には、それほど大きなニーズはない。
マンガ家はプロデューサーであり、タレント事務所の社長のようなものだから。
タレントとは漫画のキャラでなくてはならない。
オレは秋元康であって、AKBではないのだ。そこをずっと間違えていた。

もっと細かく言えば、マンガ家は映画のディレクター、監督であり、作品に対しての全責任を持っている。
出来上がった作品をどの映画館でかけて、どのくらいの儲けが出て、という仕事は「ゼネラル・マネージャー」や、「プロデューサー」の領域である。
一人でそれを全部やる。というのが今のマンガ家に望まれているのだとすると、それは煩雑になり、作品に対する集中力が落ちてしまう可能性が高い。
そのフォローが「編集者」のお仕事なのだ。
マンガ家は「アーティスト」であり、作品を作ることに集中したい。
これがマンガ家が出版社から独立しない最大の理由なのだった。そこに全然気づいてなかった。
さてその後は、イベントにやってくるプロの皆さんの意見を聞いて、広げていければいいかな。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月21日(土)

MDCイベント本番。
の前にキーノート制作。さくさくと作り、ちょっと足りないかなーという部分はメモで埋めることにする。30分話した後は、皆さんがたくさん話してくれるので、そこに対応することでなんとでもなるだろう。

五反田の駅前のうどん屋に並んで食べた。なるほど安くて美味しい。これは並ぶわな。

イベント会場に行くと、有料の入場者が9人。関係者が6人だと言う。思ったより多い。
このメルマガの読者がひとりやってきてくれた。
出版社の電子書籍部門の人なのだが、「みそ先生がメルマガを書くテンションが下がらないように、やってきました」
と泣かせてくれる。いや本当ですよ、そういう部分がとても大事なんですよ。すごい嬉しい。佐々木さんありがとうございました。
プロの漫画家が4人、漫画原作者1人、編集者が3人、ゲームのプロデューサー、電子書籍会社の代表、声優プロダクションの代表、IT系ディレクター、などなど、全員業界関係者で、腕に自信を持つ人のよう。

この先、どのようにマンガ家はマネタイズしたらいいのか。ベテランは、新人はどうやって売るのか。雑誌が無くなった後、ウェブで食べられるのか。
という内容でフリートークを投げかけたら、みなさんガンガン意見を出してくれる。
「鈴木みそを救う会」なのか(笑)
漫画はまだまだ可能性があるのに、商品化できていない。

◯漫画はキャラクターである。ので、いかに売れるキャラを作るのか。その条件は。
◯作ったキャラでどんな商売が考えられるのか。物販で有望なものは。
◯企業や地域に対しての売り込み。
◯イベントプロデューサーの育成

などの内容がブレーンストーミングされていく。
具体的なアイディアがいくつか出てきたので、また今日から始めてみようと思う。

ネットにおける作品の売り方として、多くの人に無料で見せることで、裾野を大きくして山を高くする。(有料でも読みたい読者を増やす)という方向に間違いはないが、山が「大きいけれど低いドリカム」より「小さくても高い」尖った山の方がマネタイズしやすい。この尖った角度とはなんであろうか。
「尖った山は、炎上である」
というすごい結論が出た。
不特定多数が見る、安定したものではなく、多くの人がまゆをひそめるようなもの。テレビでは絶対に流せないようなもの。

そこに「有料」の価値がある。
つまり「ヒモザイル」こそ、有料課金モデルとして正しい。のだという。

いやそうだったのかー(笑)
ということは「あんたっちゃぶるなう。」はとてもいい方向で、メジャー誌では決して書けない危ない漫画。それなら月500円とか普通に払ってくれるのではないか。とひらめいた。
今DMMで「あんたっちゃぶる」のような漫画をやらないか。という話が水面下で動いているのだが、ものすごくやばい内容で、出版社なら回収騒ぎになりそうなところまで書く。というのは可能なのかな。もともとゲーム業界は書けないような話が多いので、そこは苦労しないような気がする(笑)
そっちはそっちで訴訟リスクが跳ね上がる問題もあるのだが。

トークが終わって懇談会。その後の飲み会まで、一日中頭が回転しっぱなし。
このくらい毎日使ったら賢くなるかもしれんね。
終電前になんとか家にたどり着いた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
11月22日(日)

マシントレーニングの日。なのだが、がっくり疲れて起きられない。
やっぱりあれだけ頭を酷使すると、筋トレする気にならないんだなあ。
もう昼から酒飲むことにした。
ワインを一本あけてダラダラ。日記を書く気にもなれないので、ぼんやりFacebookを眺めたり。
そういえばTwitterとFacebookの使い分けが自分の中で出来てきた。
Facebookの方がニュースや記事を拾う場で、Twitterはバカバカしい小さなネタを見つけては流す。というカジュアルな場になってきた。
ほかの人がどう使っているのかはよくわからないが、ここにInstagramやピンテレストをどう絡めていけるか。

読者とのコミュニティを考えると、Facebookを閉じた形にして、有料メンバーだけに公開していく形がローリスクでよいと聞いた。
なるほどね、そのやり方があったかー。
始めようかな、サロン。
だけど、それって一度入った人はずっとメンバーなのだから、課金を辞めたかどうかをチェックしてメンバーから外すのはどうやってるんでしょうね。全部人力かな。100人くらいならいいけど1000人超えたらやってられないんじゃないかしら。そんなことは超えてから言うことですかそうですか。
このメルマガも700人台で足踏みしてますよ。やっぱりキャラが更新しないといかんですか。
ナナ「こんにちはー。ナナです」
みたいな。
それってどうなの。需要あるのかしら。ちょっとオレ昔からそういうバーチャルなキャラ萌えってどんびくほうなんですけどねー。でもマンガ家は前に出てもしょうがないって結論でたしー。
色々考えていきますよ。連載もやりますよ。めんどくさいけど(笑)

──────────────────────────
Q&A
今週のQ&Aは、おたよりなし。

たよりのないのはいいたより。
違うわっ。
違うから。
色々オススメしてくださいよ。ここでの会話を増やしていって、コミュニティを大きくしていく。という作戦なのに来ないかメール。うーん。

じゃ、オレがオススメますが、今週のオススメ漫画はなんと言っても「エバンゲリオン全巻セット」ですよね。

まさかの1冊50円。全部買っても700円。
こんなん買っちゃうよね。
これものすごく売れてるけど作者に何%入るんだろう。いいのかもうお金なんて(笑)
まったくそういうことを考えないで漫画だけ描いていたい。のかと自分に問えば、そうでもない。やっぱり考えちゃうなー、好きなんだね、ゼネラル関係が。おぜぜが。

じゃあまた来週ー。メール、お便り感想、オススメ、もろもろ送ってください。

misokichi@misokichi.com

noteで読んでる人はコメント欄に書き込んでくれてもいいんですよ。
まってまーす。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

鈴木みそ

【日記】漫画家の生活 2015年

メルマガ「漫画家の生活」note版 2015年12月まで

コメント3件

11月18日の「ラブとライク」と11月21日「尖った山は、炎上である」になるほどと頷きました。
私にとっての鈴木みそはずっとエッセイルポ漫画の人なんですよね
だからアンタッチャブルナウみたいなのは読みたいですねー
そして鈴木みそさんは漫画家であるしキャラでもあるのでどんどん前に出た方がいいと思います
漫画家はタレントと根本的に違う、おもしろいですね。なるほどと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。