鈴木みそ【マンガ家の生活】 vol.49(2016年7月20日発行)ポケモンGOより儲かるものは…?


索引
 映画「武士の家計簿」
 トリガー「マンガ家無料」コワーキングスペース
 メディバンの秘密
 ポケモンで任天堂株爆上げ
 ブラック企業とフリーランス
 トルコクーデター鎮圧
 昼カラ
 欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月11日(月)

マンガ家の守り神になった、山田太郎議員は29万票も取ったのに落選してしまった。これだけの票数を集めたということで注目されているが、次の選挙はどこから出るのか。
ほんと選挙ってめんどくさい(笑) 
政治的発言もできればしたくはないのだが、放っておくとひどいことになっていく気がするので、ぼちぼちとRT。

ヨメの喘息がひどい。
風邪ひいた。と言ってからもう一ヶ月も経っているのに、ひどくなるばかり。もう咳の音が尋常じゃない。げほげほ言ってるレベルじゃなく、ぐわごおんごへっほうべっうえっ。と内臓が飛び出そうな勢い。
行きつけの病院の薬が効いていないようなので、大きな病院を検索した。
ところが予約しようとすると、1週間も先になってしまう。そんなに待っていられない。
とりあえず近くの病院に行って別の薬をもらってきたらどうか。とチャリで病院行くと、これはひどいので精密検査を受けてきなさいと紹介状を書いてもらって、すぐに大学病院に。
そうか紹介状というショートカットがあったのか。

病院では、これはひどい喘息で、通常なら酸欠を起こすほどだが、血液の数値はとても健康。医者も首を傾げる症状。
強い薬を出してしばらく様子を見ましょうということ。
相変わらずハードウェアは頑丈。まあ健康だったらよし。
英語2時間。

欧州サッカー決勝を楽しみにしていたら、Twitterをつい開いてしまって結果を知ってしまった。スポーツは生で見ないといけない時代だと痛感した。
試合は面白かったのでまあいいや。

ヨメが録画していた「武士の家計簿」を見る。

うーん、いまひとつ。ネタは面白いんだけれど、テンポが遅すぎてつらかった。出演者が真田丸とかぶっているので、ついあのリズムを期待してしまう。
2倍速で再生すればよかったのか。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月12日(火)

8時起床、英語1時間半。
クラウドファンディングを企画している会社、サーチフィールドで打ち合わせ。
たまっているお仕事の納期の話。
すいませんすいません。もう生きてるのが辛いくらい仕事してしまって、その反動でもって夜中まで飲み歩いていたせいもあって、今かすかすなんです。旨味を全部吐き出したカツオのだしがらみたいに生きてます。みそだけどかつお。
醤油と一緒に煮しめてふりかけくらいにしないといかんです。
今週真ん中あたりから本気だすので。と平謝り。

サーチフィールドがやっているマンガ家クラウドファンディングは好調のようで、山本貴嗣先生の『剣の国のアーニス2』制作支援プロジェクトは、475万円も集めた。

こやま基夫先生の『おざなりダンジョン クラウドパンゲア』も320万円近く集めて大成功。

ベテラン作家が制作費を集めるのにクラウドファンディングを使う。ということが一般化するといいと思う。
色々大変ではあるけどね(笑)とくに納期がね。

イーブックの宮坂さんと昼飯。単行本の納期やら四方山話。締切の話をしながら飯を食うと消化に悪い。

次の予定まで1時間ほど間が空いたので、トリガーのコワーキングスペースに行ってみた。壁についたテーブルを削ってスペースをちょっと広くして、真ん中に大きなテーブルを配置。
いろんな作業が出来るよう、1時間1000円で公開したという。様子を見に来たらお客さん誰もいない貸切状態。

「コワーキングスペースにしたの昨日からなんで、まだ誰も知らないんですよ。みそ先生が最初のお客さんです」
おおー。
これはものすごいお得感あるなー(笑)
しかもマンガ家は無料というので、それは客じゃないわ。と出してもらったジンジャーエールをグビグビ。
TwitterとFacebookでつぶやいてみた。
同業者が「マンガ家無料」にかなり引っかかってきて大量のRTがついた。
どこまでがマンガ家なの? と聞くと、本を出していればいいらしい。自分の単行本持ち歩いて渋谷に来る人はいないので、ここの壁に飾ってあればいいけれど、そうでないときついかな。
名前言っても誰も知らない。という人もいるよね(笑)マンガ家の名前なんて相当有名じゃないと知らないし。
よく美容院で「あー僕漫画大好きなんですよ。名前言ってくれればわかりますよ」という人がいるけれど、たいていわかるのはジャンプの作家だけだったりするので、恥ずかしい思いをする。
「知らないと思うけど、鳥山明といいます」とか言っておけばいいかもしれない。鳥山明は金髪。という噂がたったらオレのせい。

30分ほどジンジャーエールをすすって、代官山方面に移動。
メディバンで打ち合わせ。
初めて行ったがとても素敵なビルだった。金もってるなー!

「メディバンペイント」は電子でマンガを描いている人は大抵知っているアプリで、PCでもタブレットでもiPhoneでも、同じように使えて無料。

ペンシルにも対応、レイヤーも、スクリーントーンも、相当複雑なこともやれるのに無料。広告も入らない。
ネームを作るアプリ(これがあまり使えない)も無料。いったいどこでお金を儲けようというのか。そこに興味があったので、お話を聞きに来た。

30台前半の若いスタッフたちに囲まれて、これからのメディバンが目指していることのレクチャーを受ける。
ほーほー。
基本はアプリを無料で提供して、作品をクラウドで保存してもらう。
そのまま販売することが出来るようにする。国内だけではなく翻訳して海外に広く売り出す。その時に手数料をいただく。というモデルだった。
そうか、そういうやり方なのか。
海外は英語中国語フランス語だけでなく、相当マイナーな言語もいける。
親会社は国内の投資会社で、社長がマンガ好きだという。
なるほどねー。これは面白いので、Amazon一社だけで出している今の戦略をちょっと変えてみてもいいかと思った。
すでに長く販売して行き渡ってしまった「限界集落(ギリギリ)温泉」を世界展開するということもできるし。自分で翻訳を頼むとすごくお高いんですよ。英語だったら無理やりやれそうだけど、他はできないし。
なんでもかんでも自分でやる。というのは限界あるからねえ。ただでさえベタ遅れなんで(笑)人の力を使えるところはどんどん使っていかないと。
出版社が提示する電子の料率よりずっと高いのもいい。出版社はすっかり横並びで低い料率で収まってしまったように見える。
みんなどんどん作品もって外に出ればいいと思うよ。
サブスクリプション(定額読み放題)がAmazonで始まったら、出版社は作家にどうやって配分するんだろう。やっぱり生かさず殺さず、という数字なんだろうなあ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月13日(水)

英語、2時間
ゲットナビネームをコツコツ。
ポケモンGOの海外のブーム、ものすごい勢いで死体は見つけるわ人は集まるわポケモンだらけらしい。
Ingressをレベル7でリタイアしたオレには遠い国の出来事のよう。文字通りそうなんだが。
嫁が、任天堂の株買ってる? と目を輝かせたがもちろん買ってない。1万6千円もする株を買えるものか。ポケモンGOはもちろんやる気だったが、まさかこんなに当たるなんて思っちゃいないし。

この勢いで出すべきは、WiiFITスマホ版ですよ。
体重計を4箇所につけたあの板をスマホ対応にしてサーフィンボードデザインにして売りだして、ポケモンGOで減った体重と、ヨガと日本の禅をセットで売る。できれば飛んだり跳ねたりしても壊れないようにして、よりアクティブに。片手でスマホを持ちながら家庭でスポーツ。
スマホを核にしてゲームに合わせた周辺機器を売っていく。
ゲームハード作るより手堅いんじゃないかしら。

テニス、2日連続で雨で中止という連絡をフェイスブックで見る。行けないオレの怨念が雨を降らせておるのじゃ。ふふふふふふ。

昨日グリップテープだけは新しく巻き直した。あー、打ちたい。
仕事、天気のようにぐずぐずと進まず。しょうがないのでビール飲む。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月14日(木)
任天堂の株2万超え。4千円も上がるか。すげえな。
ゲットナビ、Macファンネームをやっつける。

ブラック企業についてちょっと考える。あれ?これ前に書いたっけ。もう思い出せないからとりあえず書いてみる。かぶったらすまん。
「オレがいないと会社がまわらない」
と思っている人はブラック体質である。
自分が休みをとっても、部下が休んでも、誰が病欠しても、それをフォローする人員がいるのが正しい会社のバックアップである。
個人の頑張りでなんとかする、を繰り返していると、その人がいなくなったら大変に困ってしまう。
この「取り換えがきかない」ことは、逆にフリーランスでは必須条件でもある。
誰がやってもいい仕事なら、他の人に頼めばいい。少しお金が高くても、この人でなければできない仕事、をフリーランスは取ってくるので、取り換えがきかない自分になることはとても大事である。つまり。
「フリーランスは本質的にブラック体質」
であると言える。
死ぬ気で働け。出来るまで帰れると思うな。やる気のないやつはそこの窓から身を投げろ。
これは上司が部下に言うとアウトだが、マンガ家が自分に言っている分にはなんの問題もない。というかこういうことは言うまでもないことで、完成しないとお金にならないので、多少病気であろうが親が死のうが、やらなきゃいけないことはやるのがフリーランスである。ああ、黒い。

黒くない仕事の仕方をするための条件を考えた。

自分だけにしかできない仕事をできるだけ少なくして分業化する。
できる仕事量以上を引き受けない。
毎日同じ時間に仕事をして、残業しない。
徹夜しない。休日は休む。
特別すごいものを描こうとしない。悩まない。
一日でたくさん仕上げようとしない。

書き出してみると、そんなマンガ読みたいだろうか。という思いもするが、そういう生活がよくないのだからちょっと実践してみよう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月15日(金)

9時起床、英語1時間40分。
トルコで革命か?

ピンポーンと、Amazonから何かが届いた。毎日毎日嫁にAmazonから配達物がある。土日の多い日は6つ届くこともあり、一体何を買っているのだろうと訝しんでいる。
ダンボールは大きいが軽い。
安い着物を買っているの。と言っていたが、こんなに着物を買っても入れる場所がない。この大きなダンボールは合体してロボットになるのかもしれない。
というネタは「よつばと!」でやっているんでしたっけ? あれまだ読んでないから知らないんだけれども。せっかくだから英語にしようかと、英語版よつばと!を探したんだが、ペーパーバックしかない。Kindleでは出てないのね。

英語と日本語がワンボタンで切り替わるというのはマンガボックスとかでないとむりかな。

夜寝る前にヘッドフォンで聞いているAmazonEnglishの高速英語に耳が慣れてきた。
会話だと、パターン化された短文が繰り返される。関係代名詞のthatが、高速で「ザ」と一瞬聞こえるだけだということもわかってきた。
もう少しで次のステップに進めそう。どこにあるのかオレのステップ。

ゲットナビの大妖怪展漫画。
展覧会の話題は少なめにして、昭和の家電の妖怪、というオリジナルネタにしたほうが面白いのでは、と閃いた。
ネームできていたのを廃棄して書き直し。
ファミ通で昔よく描いたパターン。とても面白くなった。よしよし。
様々な妖怪の中に、買収された昭和の妖怪として、でかい目ん玉の「妖怪目の付け所」を描いたのだが、ゲットナビ的に通るだろうか。メーカー広告入ってないかな。
いや描いちゃったからしょうがない。
やばかったら伏せ字にして目のところに黒棒を入れてもらおう。シャープな線で(笑)
こんなギリギリでネームからやり直してしまうので、寝る時間が無くなってしまうのだ。
ギリギリでしかアイディアがでないことを改善すべきだな。うむ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月16日(土)

9時起床。英語1時間。
クーデターは失敗に終わり、首謀者は銃殺されたというニュースが。
トルコにはマンガ家仲間の市川ラクが住んでいる。Twitterで無事の知らせが届いていて、一安心。
まったく不謹慎であるが、クーデターと聞くと毎回昔のファミ通の桜玉吉さんの漫画を思い出す。
ラフな線の玉さんのキャラが裸で何かを食べている「くう~」
そのまま尻からもりもり出しつつ「でた~」
「下品!」
とキャラに突っ込まれているシーンで、死ぬほど笑った。
「クーデター鎮圧」と新聞の見出し。
「ちんあつ〜」と玉さんの絵で浮かんだ。

ヨメと息子が大分へ出かけた。
APUが学校公開をしているので、進学先候補として息子が見るのと同時に、在校生の娘が頑張っているのを見に行くツアーだという。
あれ? あいつはまだ日本にいたのか。と聞くと8月末からカナダに行くそう。
九州もカナダも距離的にあまり違いがない。
オレは新宿でカラオケ。
半年ぶりくらいに昼カラオケメンバーと会う。新しいメンツも。
10年前くらいに、当時フリーライターだった原口一也(現在新聞社勤務)と、作家の我孫子武丸さんとオレで、昼間にカラオケやったら安くて歌い放題でいいよね。と始まった会。
夜中に酒飲んでグダグダに歌うより、昼からジュース飲んで歌おうじゃないかと、毎月5〜6人で6時間くらい歌っている。
今年はオレが忙しいので予定を立てなかったら、半年もやらない。なんだオレがやりたいだけだったのか。

今回の主催は原口。

ゲーム屋だった鶴見六百、占い師で大道芸人の桜田ケイくん。といういつもの面子。
久しぶりで、準備不足のため新曲が皆無なオレ。新しい曲入れないと楽しさ半減。やっぱり5,6曲は用意しておかないといけない。このところ音楽聞く時間が全部英語になっちゃってたからなー。
次までに、岡崎体育は入れておかないと。
英語曲を歌ったら、ジョンレノンやビリー・ジョエルを今まで何10回も歌ってきたのに、初めて意味がわかって感動した。
意味もわからずに何10曲もフルコーラスでバカ覚えしているのは、若かったから出来たことだが、あの頃真剣に英語やっていたらなあ。とも思う。
新宿でなにか食って帰ろうと思ってたら、財布を忘れてきたのでおとなしく家に戻ってありもので食べた。
iPhoneカバーに入れてある5000円は、よく活躍してくれる。活躍してくれたおかげでもう1000円しかない。補充しておかないと。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月17日(日)

家に自分一人しかいない。というのはとても快適で、英語をヘッドフォンで聞かなくてもいいし、冷蔵庫の材料は計算通りに消費できる。
朝早くから電子音の目覚ましかけるやつもいなければ、咳き込んで起こすやつもいない。
これほど深く眠れたのはどれくらいぶりか。気づいたら10時。寝すぎた。

やらないといけないことを書き出してみる。
1、マックファン2ページ漫画
2、クラウドファンディングのみなさんへの挨拶と、昔のマンガを掘り起こして原画をまとめて送付。
3、同じく似顔絵20人。
4、セブ広告漫画 カラー12ページ☓4
5、某広告漫画 カラー数ページ
6、クラウドファンディング広告漫画 カラー6ページ以上
7、単行本書き足し

うん。ベタ遅れだ。
うんじゃねえ。
キャパ超えて仕事入れてるから、どこから手を付けていいのかわからない状態になってしまう。

まことに遺憾でございます。1つずつ片付けていかないと。
やる。もうやる。
とりあえず英語から。そこかよ。

「英会話ぜったい音読続挑戦編」2周目終了。
この本、おそらく選者の趣味で、ちょっと左がかった内容が多いのが気になるんだが、Lesson9 「Blowing in the Wind」の内容がダメ過ぎる。

瀬戸内海に住む3歳のルミの両親が、たまたま広島の親戚の家に行った時原爆が落とされた。一晩だけ泊まってくる。と約束した両親はもどってこない。一日中ルミは両親を海で待ち続けている。
1週間後、両親を探しに、ルミはおじさんと二人で爆心地に行って被ばくしてしまう。そして髪の毛は抜け歯茎から血が出て、ついに死んでしまう。彼女が手に持ったリボンが風になびいていた。
という内容。

これ作り話でしょー。
一週間以上経ってから広島に行ったとか、そこで4日歩きまわったとか、一日中海を見てる三歳児とか。もう設定が相当無理。
彼女はたった一言しか話さなかった。という一言が
「Mom and Dad said that they would only stay one night.]
なげえよ(笑)
たった一言しか話さない三歳児が随分難しい英語使いやがるわ。関係代名詞をすらすら使うか。他には話さないのに(笑)

最後はおじさんの手の中で海を見ながら亡くなる。彼女の髪の毛を飾るリボンを作るより、病院行けと誰か言ってやれ。
まあ、あまりにリアルな話を英語で読まされてもつらいので、このくらいファンタジーの方がいいのかもしれないけれど。

仕事はあまり進まず、ただ風がふいていた。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
7月18日(月)

やばい月曜になった! とビビっていたが、世間では今日まで祝日だった。
そうだったのかー。ホッとして布団に潜った。ねちゃいかん。
英語を1.5時間。マックファンのペン入れをコツコツ。

「北欧女子オーサのニッポン再発見ローカル旅」

というコミックエッセイが献本されてきた。
はて、誰が送ってくれたのだろう。版元がKADOKAWAなので編集かな?
パラパラっと中身を開いて、こういうおねえちゃんが描くタイプの四コマをオレに送ってくるのはどういうことだろう。と頭をひねったのだが、読んでみたらわかった。
ああ、異文化を面白がる本か。
オレの本だと「アジアを喰う」の系列。
外国人(スウェーデン人)の目から見た、日本の地方文化。というのは面白い。
絵だけ見ると、オチも山もないタイプの四コマだと思っちゃうんだよね。
彼女、オーサさん、全然絵が本人と似てないんだもんな(笑)
ネタ自体は面白くて、何度も「おおー」と笑った。特に九州の田舎で暮らしている女性たちの保守的なところはすごい。カーテンが早くに閉まってしまうと家で酒を飲んでると思われるって、めっちゃ怖いわ。

あと、フキダシの中のセリフがキレイな日本語に整いすぎていてもったいない。
欄外に書いてある文章くらいたどたどしくてよかったんじゃないかな。
完全に彼女の使える日本語のレベルを超えてるから、これは誰が描いたネタなんだろう? と視点にひっかかった。
自分が英語でマンガを描けるようになったら気をつけよう。

夜、ヨメと息子が戻ってきた。こいつら寿司ばっかり食ってやがった(笑)
オレがぼそぼそインスタントラーメン食っている間に! 
そういえば、ダンチューの編集が「カレーやラーメンの取材は続けてできるんですが、寿司はきついです。寿司を毎日食うのはとてもしんどいんです」
と言ってたので、それなりに辛かったのかもしれないな。なんてことがあるかー! 明日も明後日も回転寿司食わせてやる。

───────────────
【おたより】

今回のメルマガも面白かったです、
これは書籍化しましょう(^-^)
m.yama

【みそ】
いや、売れないから(笑)
でもこのメルマガ、いろんなところで読まれているようなので、手が抜けない。
こうして続けていることが何かの足しになっているのかな? 本が出たらイヤってほど広告を打ちましょうそうしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガで「英語XX時間」ってのを見て、僕ももう1度英語をやろうと決意!
Lang-8ってサイトに登録しました。
「語学を勉強しているネイティブどうし、お互いに添削しあいましょう!」ってサイトで、日本語を勉強している英語ネイティブ⇔英語を勉強している日本語ネイティブとか、中国語、韓国語、スペイン語、などなど。

添削してもらうだけだと、自分の書込みは下の方に下がり添削されにくくなる。
頑張って添削するとポイントが貯まり、上の方に表示され添削されやすくなる。
「自分の英語見て欲しいから!」てのがモチベーションになるんです。
それが嫌なら課金って方法もあるんですけどね^^;
ヤマシタ

【みそ】
へえ。面白そうなサイトだなあ。
でももう英語の時間は多すぎてw,これ以上増やせないので見ないことにする。ネットでネイティブ相手に会話するやつは興味あるんだけど、お金かかりそうで躊躇してる。もうちょっとレベルアップしたら考えよう。
───────────────
ブラックマンガ家脱出計画。ああ、それっていい企画だ。
あと、このぼってりでっぱったお腹をそろそろひっこめよう。
忙しい時食べ物制限すると泣いちゃうからね。
九州の娘がどかんと太っていて、15キロも増加してたってほんとか? こら娘。お前も一緒にちょっと絞れ。ちょっとじゃ足りねえか。
ではまた来週ー。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

鈴木みそ

【日記】漫画家の生活 2016年1月〜

メルマガ「漫画家の生活」note版  2016年1月〜12月

コメント3件

みそ先生、遅ればせながら『ナナのリテラシー1,2,3』買いました!たいへん面白かったです。『ナナのリテラシー2017』とかは出ないのでしょうか?
あ、結城先生ありがとうございます。
直接の続編ではないのですが、来月出る単行本「内定ゲーム」には、山田仁五郎が登場します。キャラクターが作品をまたがっていく、という形なら、出版社と競合するかもしれない著作権もクリアできそうなので(もちろん編集を通じて許諾は得ていますが)
お忙しいところリプありがとうございます(奥さまのお加減はもういいのかしら?)。キャラが出てくるのはいいですねえ!楽しみです。ぜひドングリのナナちゃんも! (^^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。