オラ!エスパーニャ(行くだ)3|優勝してしまった!

「やばい! パスが速くてついていけない」
スペインでの練習初日、ワンタッチですばやくパスを回す鳥かごをやりながら、今までとまったく違うスピードに蓮は戸惑った。
スペイン語で「頭」「肩」「膝」などと部位をコーチが言う。すばやくその部分を触ってからボールを蹴る。というゲームも言葉がわからないと大きなハンディキャップになる。
最低数字は頭に叩き込まないと、瞬間的に背番号を発声出ないと話にならない。
「でも移動しながら瞬時に三角形を作っていくってことに慣れて、後半は高速で回せるようになってコーチにすげえ褒められたよ」
という話を帰ってきてから聞いた。
そういう面白い話はどんどんメールしろよ。

練習に参加したのは「モラタラス」というナショナルユース2部のチーム。
「監督がバルデス」
「試合に出ました」

というくらいしかラインが来ない。小学生かよ。
どうやら試合に出たらしい。
サイドバックで試合に出場。本来のポジションではなかったが、まずまずの出来。
試合での動きを見たバルデスに「明日もおいで」と言われた。
最初何人かいた日本人練習生はだんだんいなくなって、自分ひとりだけ残った。
毎日試合に出てるけど、バックスでの起用。
本当は前(フォワードか2列め)の選手なんだけど、監督にエージェントから伝わってないのかもしれない。
明日直接話してみる。
と蓮。

1ヶ月しかいないのに、もう2週間以上も同じチームにいる。
複数のチームの練習に参加して、チャンスを見つけないといけないんじゃないの? それでいいの? と母親が心配している。

「いやエージェントに他のチームも見てみたいって言ってるけど、試合にも出てるし、もうちょっとここにいた方がいいってことで」

スペイン語の学校はどうか。お金は足りているのか。食べ物は口に合うか。ホストファミリーはどんな人か。
母の心配は尽きない。

楽しそうにやっているので、まあ心配ないだろう。
写真を見る限り、日本にいるよりいい顔をしてる。
本当は向こうの銀行口座を作るとか、アパートの値段を調べるとかしてもらいたいけど、サッカーで頭がいっぱいなんだろうからしょうがない。
ワインが美味しいらしいから、様子を見に行きたいなー。と思わないのでもないが、父も忙しくてスペインまで行ってる時間がない。もちろんそんな金もない。

試合は準決勝まで出ていたが、レギュラーが怪我から戻ってきたので決勝戦は出場できなかった。「でも優勝したからいいや」と蓮。
この試合というのはスペインユースのかなり大きな大会で、新聞に出るくらいのカップ戦だった。

▲優勝カップをチームメイトと撮影。それにしてもやけにイケメンなスペイン人


「自分はフォワードなんです。ってバルデスに言ったら驚いてた。でもそのままセンターバックで使われたけどね」

「自分のプレイはどうか。直接英語で聞いてみたら、グッドだと。
ここでやっていきたいって言ったら、(卒業する)3月まで待たないといけないんだろう? とバルデス。
ビザが取れるまで3ヶ月。来年の1月には来れる! と勢いよくスペイン語で言ったら。待ってるって」

本当かよ。でもまあスペイン人のニュアンスはわからないから、そういう挨拶かもしれないし、そのまま真に受けるわけにもいかないよなあ。などと話している俺たち夫婦。

ただなんとなくスペインでの居場所ができたようなので一安心する。

▲バルデスの監督っぷりを伝えるスペインの報道。右下に蓮が写り込んでいる(笑)

ほどなく蓮が帰国。ちょっとたくましくなってきた。
朝と夜プロテインをガブガブ飲み、米を1食3合食べるようになった。5合炊き炊飯器がすぐ空っぽになる。
体重が足りないという自覚を強くもったようだ。
駒込高校サッカー部での動きも劇的に変わったそうで、「蓮はスペインに行って人が変わったようだ。これは高校選手権は相当いいところまで行けるんじゃないか」
周りの期待が膨れ上がってると嫁。

さて、父もひと仕事しないといけない。日本のエージェントとの交渉である。

1、エージェントフィーの話
 お金の話はちゃんとしておかないとね。(プロになると契約してお金をもらうという話なのだが、まだアマチュアなのでこちらがお金を払って生活とサッカーの面倒を見てもらっている)
年間契約なのか半年なのか。更新の形はどうなっているのか。

2、ポジションの話
 フォワードかトップ下の選手なのに、バックスで使われていたのはなぜか?
これからもバックスで使われるのか。
そもそもモラタラスは契約をしたいと言ってきているのか?

3、語学学校の話
  学校が1日一コマ(1時間)は少ない。と本人が言っている。
もっとコマ数を増やせないか。

4、宣伝広告の話
 本人のSNSの発信になんらかの制限はあるのか。
親(オレ)が息子のことについて文章やマンガを描くことはありなのか。

という問題を話し合うためで、タフな交渉になると考えていた。
ところがまったく予想外な展開が待っていた。
【続く】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

65

鈴木みそ

オラ!エスパーニャ(行くだ)

スペインでプロサッカープレイヤーを目指す、鈴木蓮を応援するマガジンです。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

最後の条件がめちゃくちゃみそさんw でも条件通ってよかったです!めちゃくちゃ面白い!
読みごたえあります。是非漫画にして欲しいです。こういうことしたい若者の福音「参考書」になるのでは。kindleで幾つかの言語で出したら世界中に読者は居そうです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。