解像度のお話

解像度というと「なんか難しいんじゃない?」と、あえて勉強しないできた絵描きの人も少なくはないようですが、デジタルで絵を描いたり、PCでデジタル画像を取り扱う仕事の人にはどうしても必要な知識です。

「解像度の事はよく分かってないけど、この際覚えておきたい」という方だけ読み進めてください。
できる限り簡単に説明しますが、算数のお話も多くなるので数字が苦手な人はちょっとだけ我慢してついてきてくださいね。

解像度の考え方は小学生の頃に習った時速の計算に似ています。

たとえば、120kmを2時間で走った場合の時速は
120÷2=60で、60km/hになります。

     き
  ─────
   は ✕ じ

なんていう覚え方をしたのではないでしょうか?

時速は一般的に「km/h」と表記されます。
「 / 」は分数の横棒を斜めにしたもので「÷」の意味でもありますから、「km/h」は「距離÷時間」という計算式そのものを意味しています。

速度の単位「km/h」は、発音すると「キロメーター パー アワー」で、解像度の単位「dpi」は「ドット パー インチ」。
似ていますね。

「dpi」は「km/h」のように「dot / inch」と表記することもでき、その関係性はよく似ています。

「km/h」が「1時間あたり何km」という意味であるのと同じように、「dpi」は「1インチあたり何ドット」という意味を持ちます。

ですから、速度計算同様に

   ドット数
 ──────────────
 解像度 ✕ サイズ(インチ)

という事になります。

話を時速に戻しますと、もし「時速60kmで走ってくれ」と時速だけ言われても、目的地までの距離や走行時間がわからなければ全容をつかむことはできませんが、「時速60kmで2時間走ってくれ」と言われれば、目的地が120km先だということも分かります。
つまり「時速」「距離」「時間」この3つのうち、最低2つの情報があれば全容をつかむことができるわけです。

そして、解像度にも同様のことが言えます。
もし「解像度350dpiで描いてくれ」と言われても、サイズが分からなければ、何ドットの画像ファイルにすればいいのか分からず困ってしまいますから、「解像度350dpiで10㎝四方」のように「解像度」「サイズ」「ドット数」3つの内、いずれか2つの情報をセットで伝える必要があります。

インチというあまり馴染みの少ない単位がでてくるので計算は難しいですが、Photoshopなどグラフィックソフトの多くにおいては、センチで入力すればインチに換算してくれますし、前述のようにいずれか2つの情報を入力すれば残りの数字を自動計算してくれるので、わざわざ電卓を取り出す必要はありません。

かつて、「350dpiで!」と頑なに解像度しか言わない方がいたので、「はい、たしかに350dpiのデータです。ただし5mm以下ですが・・・」と、アイコンサイズの極小データを提出したことがあります。

解像度350dpiで64ドットだと、サイズは4.64mmとなりますが、解像度350dpiであることには違いありません。

もちろん、たぶんA4サイズ程度だろうと想定した大きいデータも別途用意してありましたが、こうでもしないと分かってくれない頑固な人も結構いらっしゃいます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

長月みそか

漫画家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。