見出し画像

いまこそチョナン・カン そしてホテルビーナス

チョナンカンと聞いてハッとする人は同年代もしくは年上の方だろう。
ポカンとしている人はかなりの年下だな、焼きそばパン買ってこい。

チョナンカンとは元SMAPメンバー草彅剛氏を韓国語読みしたものであり、同名のバラエティ番組が制作されたりCDが発売されたり、2001年から2004年頃まで他方面に展開されていた。
そもそもSMAPってなに? 草彅剛ってだれ? と言うような方に出すタンメンはないのでSMAPという文字を100回書き取りしてから出直して頂きたい。

2004年、ローティーンだったわたしは友達と一緒に、草彅剛氏がチョナンカンとして主演しほぼ全編韓国語で撮影された映画・「ホテルビーナス」を観にいった。

当時のわたしは今に輪をかけてテレビ番組に疎く、この映画の元となったチョナンカンの番組も、チョナンカンの歌も知らなかった。
それなのになぜ観にいったのかは覚えていないが、恐らく一緒に行った友達がSMAP好きだったのだろう。

数少ない地元の映画館の中でも特に小さいところだったと記憶している。
客数も多くはなかった。

”あるストリートにたたずむ建物、ホテルビーナス。物静かな老オカマ・ビーナスが経営するそのホテルには、どこか影を背負った人々が、本当の名前さえ隠して共にひっそりと暮らしている。ある日、小さな娘を連れた男がやって来たのをきっかけに、彼らの生活は少しずつ変化し、それぞれが己の傷と向き合い、人生を見つめ直していく。”
(Wikipediaより)

映画は韓国語で進行していくので、日本語の字幕がつく。
せりふがとても美しい映画だった。

”生きてても死んでてもいいって?
死んじまえチョナン。
迷ったね。
迷うっていうのは、生きたいってことさ。
ホントに死にたきゃ、迷う前に死んでる。
だとしたら、生きるって決めちまった方が楽だ。
自分は生きるんだって。”

日本人が、日本人と韓国人を起用して、韓国語で作った映画だ。
心に傷を抱える人たちが、心と心を通して、再生していく映画だ。

国籍なんてどうでもいい。

生きていれば傷つくこともある。

それでも。

”生きてれば色んな事がある?
ちょっと違う。
色んなコトがあるから、僕らは生きてるんだ。
そうだろ?
ビーナス。”

☆今日の晩御飯☆
とんかつ

#エッセイ #コラム #日記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきまして誠にありがとうおじゃります。

恐悦至極に存じます。
44

オシマアキカズ

北海道出身。経歴なしの素人娘。一児の母。ドラフトで指名されるのを待ち続ける日々。何かやらせて頂けるのでしたらiai0028s@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

コメント6件

琴花酒さん
しょ〜もないことやめてみんなでチョナンカン歌おうぜ! って感じです!笑
おもちさん
めちゃ懐かしいですよね……さーらーんへーよーのとこだけぐるぐるループしてます!
ケンチャナヨ、ケンチャナヨ、ケンチャナヨ〜ですね
アリサさん
スマップ解散するけどケンチャナヨだよ! っていうメッセージを発信しててくれたんですねチョナンは……
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。