シューゲイザー協会

初心者のためのシューゲイザー入門音楽ブログです。細分化された昨今のロックの中でもシューゲイザーと言う特定のジャンルだけを布教しています。音楽は音を楽しむと書きます。即ちウィキペディアや知恵袋なんて鵜呑みにして難しく考えないで自分の耳と感性を信じて楽しむのが一番!

オリジナル世代の再結成まとめ

my bloody valentine、Ride、slowdiveと90年代に全盛を極めたオリジナル世代のシューゲイザーバンド3組が全て再結成しました。
さらにシューゲイザーファンにとって嬉しい事は何よりも新譜が出たと言う事でしょう。
彼らの残した過去の功績ばかりがフューチャーされがちですが今回は懐古だけではなく“進化した現在”を見せるそれぞれのバンドの方向性に注目してみました。

Ride

R

もっとみる

2016年 シューゲイザーのリリースまとめ 続き

前回に引き続き、2016年にリリースされたシューゲイザーのCDをご紹介。因みに前回の記事はこちら「2016年 シューゲイザーのリリースまとめ」

後半は王道のシューゲイザーと言うより2000年以降の進化したシューゲイザーを感じるアーティストでまとめてみました。
バンドからこのジャンルを知った人は「どこまでがシューゲイザーなの?」と疑問に思う事も時々あるかと思いますが、これ全てシューゲイザーなんです

もっとみる

2016年 シューゲイザーのリリースまとめ

今年も残り僅か。年間ベストアルバム等の発表がある時期ですが、CDが売れない、洋楽不況と騒がれる昨今、ランキングはもう意味が無い!
と言う事で単純に2016年にリリースされたシューゲイザー、ドリームポップ、インディ・ロックの作品をまとめてみました。
ジャケットの画像にAmazonのリンクを貼っておいたので興味がある方は是非購入してシューゲイザーを布教して下さい!

Nothing(ナッシング)
Ti

もっとみる

“シュ”の起源 #3

シューゲイザーの起源について書いてますが、これまではシューゲイザー前夜、そして当時のイギリスのシーンについて書いてきました。
今回からはシューゲイザー成立に直接影響を与えたバンド達を紹介していきます。

Cocteau Twins(コクトー・ツインズ)

ロビン・ガスリー、ウィル・ヘッジー、エリザベス・フレイザーによって1979年に結成されたCocteau Twins(コクトー・ツインズ)。
ドリ

もっとみる

“シュ”の起源 #2

パンクの終焉とカリスマ Joy Divisionの登場

技巧派で高価な機材が必要であったハードロック、プログレと言う当時の主流の音楽に対して70年半ばにパンク・ロックと言う“誰でも出来る“、“自分達でやる”新しい若者のための音楽が生まれました。
最初は刺激的だったパンクも70年代後半にはファッション化し、似たようなバンドがゴロゴロと居るような状態になり、飽きられ荒廃していきます。
そんな中、19

もっとみる

“シュ”の起源 #1

シューゲイザーの起源。シューゲイザーの意味するもの。

シューゲイザーを誰が始めたのかは誰にも解りません。その辺に居たインディーズバンドから自然発生したムーブメントかも知れませんし、それをメジャーが横取りをして形にしたのかも知れませんし、そもそもバーターを含めてレコード会社のプロモーション企画だったのかも知れませんし、真実は藪の中です。
ただ「シューゲイザー」と言う言葉が使われたのが90年代からと

もっとみる