スクリーンショット_2019-09-10_11

クラウドサインのこんなワークフローを簡単に組みたい!に答えます

こんにちは。クラウドサインのアライアンスPM、三科です。

クラウドサインを普段の業務に取り入れる中で、もっと便利に使っていただき、業務改善、そして売上向上に繋げていただくために・・・

クラウドサインと普段使っている別のSaaSを連携する、エコシステム作りを日々行なっています。

そこで9月10日本日、連携を発表しましたAnyflowさんですが、とっても簡単にSaaSとSaaSを繋ぐことが可能なサービスです。(日本版zapierという感じ)

クラウドサインはAPIを公開しているので社内にAPIを扱えるエンジニアがいれば同じことがもちろん可能ですが、特徴としてはビジネスサイドの担当者が簡単にワークフローを組むことが可能です。そのため、業務フローの変更もタイムリーに進められます。

この連携によって、例えば、こんなことができるようになります!

1、クラウドサインで申込書を締結完了した後に、Salesforceの商談ステータスを「締結完了」に変更する

2、申込書や合意締結証明書をSalesforceに添付する。

3、その後SlackやChatworkに締結完了連絡をし、管理部が受注処理をする。

他にも・・・

画像1

・契約書や合意締結証明書をkintoneやgoogle drive、dropboxなどにデータ保管する
・申込書のフリーテキストに入っている情報をSalesforceやkintoneに入れて顧客管理に利用する
・合意締結証明書を受信者に対してgmailで送る
・先方確認中、締結済み、却下などのステータスをgmailやChatworkで送る
(今後オンプレミスへの対応もしていくそうです!)

こんなことが可能に。

詳しくはAnyflowさんにお問い合わせくださいませ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

三科友理香

弁護士ドットコム株式会社クラウドサインのアライアンスPM。 新卒でトレンダーズ株式会社に入社し、企業のSNSマーケや調査、NHKラジオでのトレンド情報発信、WEBメディア編集長などを経験。 趣味はコーチング(10年)、オールラウンド部(毎月新しい事にチャレンジする部活)。

Inside CloudSign

クラウドサインの中の人の記事です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。