大好きな妹へ、お誕生日おめでとう

今日は最愛の妹のお誕生日、9歳離れた妹は私にとって本当に大切な人です。
めーちゃん、お誕生日おめでとう。

貴女が産まれた日、覚えているよ。
布おむつがひらひら舞うベランダも。
本当に可愛くて仕方なくて、あちこち連れ回してた(笑)

私が実家を出て一人暮らしを始めるとき、お風呂の洗面器とかプレゼントしてくれたよね、あれ、今も使ってるんだ。

時が経つのは早いよね、私はお母さんが亡くなった歳になりま

もっとみる

CBサロン&横浜読書会KURIBOOKSコラボレーション企画 第1回未来型読書会「橘川幸夫と『ロッキング・オンの時代』」2017年3月4日@自由が丘バードソングカフェ

コンセプト・バンクの繋がりから実現!CBサロンと横浜読書会KURIBOOKSコラボレーション企画読書会第1回が3月4日自由が丘のBarバードソングカフェにて開催されました。横浜読書会KURIBOOKS主宰のくりさん、『ロッキング・オンの時代』著者の橘川幸夫さん、参加者は男性2名女性5名。

音楽雑誌という分野を超えた伝説の音楽雑誌『ロッキング・オン』創刊メンバーである橘川幸夫氏が綴ったノンフィクシ

もっとみる

気になるところに行ってみた~アジア教育友好協会AEFA出前授業~

2016年11月24日(木)、都心では11月に記録するのは54年ぶりという雪の舞う中、渋谷区立松濤中学校で行われた認定NPO法人アジア教育友好協会(AEFA)の「出前授業」を参観する機会をいただきました。

AEFA理事長を務める谷川洋さんがコンセプト・バンクのメンバーであることから交流の機会をいただいていて、九段下の事務所やイベントなど何度かお邪魔しています。

アジア教育友好協会AEFA(あえ

もっとみる

橘川幸夫「ロッキング・オンの時代」

私はロッキング・オンの読者ではない。ポンプも知らない。

ある日偶然「森を見る力」を読み、以降著書を読んできた。

そして最新の「ロッキング・オンの時代」、私には珍しく一気に読了。

ここには70年代の橘川幸夫と現在も走り続けている橘川幸夫がいて、かつてを知る人はもちろん、ロッキング・オンを走り抜けた時代と、変わらずメディアに関わり続けるこれからの橘川幸夫を知ることができる、私にとって貴重な一冊と

もっとみる

今夜はお茶漬け

料理は得意じゃないけど作ってます。でも今夜はやってみたかったひとりの贅沢ごはん、してみました。それは…お茶漬けです!

子どもがいるからごはんは作ります。得意ではないのでいつもありきたりのものです。最近は子どもと生活時間帯が合わなくなってきたので仕事に出かける前に作っておく。チンして食べてねって。

でも食べてもらえなかったりします。

夕べも作ったごはん、私よりだいぶ遅く帰ってきた子どもが「今日

もっとみる