mitimasu

マンガ家。主著に『浅倉家騒動記』 『日本全国波瀾万城』 http://blog.masuseki.com

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(8)昭和時代

### 4.5.7. 土木学会 『明治以前日本土木史』(1936年版)

  引用元:土木学会『明治以前日本土木史(1936年版)』
  ※以下、この項で引用するテキストの引用元は上記

昭和11年刊行。むだ話はせず、とっとと引用しましょう。

城下町に採用せる都市計画は、上代の難波京を始め平城京・平安京と同じく碁盤型街路に依り、放射型街路は殆んど見当らず。唯僅に宇和島城下に於いて放射型採用の例を

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(7)小野晃嗣(小野均)『近世城下町の研究』(1928年)

### 4.5.6. 小野晃嗣(小野均)『近世城下町の研究』(1928年)

  近世城下町の研究 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281153
  ※以下、この項で引用するテキストの引用元は註釈がなければ上記

   
蒲生氏郷町割ヘタ疑惑検証のときに、この本の近江日野についての言及を少し取り上げました。これまた

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(6)大類伸『城郭之研究』(1915年)

### 4.5.5. 大類伸『城郭之研究』(1915年)

  城郭之研究 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953295
  ※以下、この項で引用するテキストの引用元は上記

再び、大類伸氏の著作です。いま読んでも、これが名著であることは疑いようもありません。まさに城郭研究界の鉄腕アトム(自分にとってわかりやすいたと

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(5)江戸時代後期~明治

4.5. 江戸時代後期~昭和
――誤解と空想の防衛術が定説へ……

ここからは江戸時代後期(1790~)の文献と明治末から昭和の文献を見て行きます。

ん?明治末?い……維新の頃は……?

そうなのです。明治維新では日本の城が無用の長物として疎んじられました。

それと同様に日本の伝統兵法と和城の築城術は、学問の世界でも超不人気ジャンル化したようなのです。この時期の和流兵法・和流築城術の文献の少な

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(4)それは盛岡砂子から始まった

## 4.4. それは『盛岡砂子』から始まった
――街路屈曲防衛術の論拠は江戸時代中期の巷説

### 4.4.1. 一次ソースの名は『盛岡砂子』

さて!さて!さてさてさて!やってきました桶狭間。ここが勝負の天王山。心しずめて賤ケ岳。天下分け目の関ケ原。ついに本丸天守閣。

天守閣って言い方は明治以降だ?うるせえやい、七五調にしたかったんじゃい。細けぇこたァいいんだよっ!

いよいよ、街路屈曲防

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(3)江戸時代中期

## 4.3. 江戸時代中期(1690年~1779年) ついに出現する、防衛のための居住区街路屈曲という概念

ほとんどの都市で基本的な町割が終わってしまっている時代です。

すでに松坂古謡で見た通り、この時代に、ついに
「(城地ではない)居住区の街路を屈曲させて防衛用途とする」
という概念が出現します。

ともあれ、時系列順に文献を追っていきましょう。

### 4.3.1. 長沼流兵法:『兵要

もっとみる