伸ばす価値を決める

自分の価値をつくってほしい。

これはずっと思っている。価値は探すものではなくて、意識してつくる、伸ばすものだと思う。何となく仕事をしていると、あんまり価値をつけることはできないのではないか。というか、上乗せされる価値が分散してしまって相対的に強みにならなくなるということか。

自分の価値に、価値を上乗せできるように、社内においても仕事を選びたいし、成果物のありかたをチューニングしていきたい。

自分の伸ばしたい価値が、ある会社のあるタイミングに合わないことだってあるし、ぴったり合うこともある。会社にいるときは、自分の伸ばしたい価値の中でもっともその会社にマッチする価値を伸ばすようにするのば良いというか、それしかないとは思う。

今のは社員と会社の関係だけど、会社と社会もまったく同じ構図だ。

会社としてどの価値をのばすのか。伸ばしたい価値と、これからの社会はマッチするのか。これがベストマッチしている見込みがあるのであれば、資金調達は進むし、エントリーも増えるんだろう。

これがあってないと、まぁ、何をやってもきついというか。早めに判断してチューニングするしかない。我慢してやっていて社会が変化するのを待つのもてかもしれないが。難しいところだ。

価値。

価値だけだと見るのが難しいし、手に取るのも難しい。だから何かに転化するのがわかりやすい。価値をモノに転化するのも、WEBに転化するのも、文章に転化するのも、資金調達に転化するのも、まぁなんでもありだ。

僕はサラリーマンだったとき営業だったんで、自分の価値は営業ってことだった。会社の先輩や他社の営業に比べて勝っていたことがあるわけではないけど自分の中では営業だった。それしかやったことがなかったからだけど。

まぁそれがあるから、起業してもなんとかなるんだろうとか思たわけだ。なんどもいうけど若い頃の自分の営業の力なんてカスみたいなもんで、他者と比較して、相対的に勝っているとかではなく自分であると思っていただけだ。

今となっては営業よりも事業の最初の最初をつくるのは好きで、その際の営業はどんどんやれるけど、そこから大きくしていくのは自分より得意な人はいっぱいいるだろうなぁと思えたりする。

やっていたら自分の意識する価値もかわってきて当然なので、いったんこれだということで意識してもらえれば。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あ、ありがたい、、、(TへT)
2

児玉光史|地元カンパニー

地元カンパニーやってます。事業をどんどん成長させたい。東京大学(野球部)→新卒大手SIer→実家のアスパラを都内で手売り→地元カンパニー設立@渋谷→長野県上田市にUターン(会社も移転)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。