見出し画像

枠になんてはまらなくていい

中2の夏から、娘が原因不明の体調不良を訴えるようになった。
きっかけは恐らく当時の担任。

母親はそう語った。

娘は夏休み明け、なり手のいなかった代議員に立候補した。

しかし、担任はそれを脚下。
立候補していない子に担任みずから声をかけ、その生徒が渋々引き受けることとなった。

娘は家で大泣きした。
そして、不定愁訴が始まった。

娘は、自由奔放。
目の前の楽しいことを追い求め
先生には反抗してばかり。

「まだ誰もやっていそうにないこと」をする時の、わくわくがヤバイ。と娘は私に話した。

学校の枠に上手にはまることは、そんなに大事な能力なんだろうか。

彼女にとって学校は窮屈であろう。
早く大人になって広い世界に出るといい。

自分の大好きなことで、人を喜ばせる方法を考えてごらん。
そういう大人がたくさんいるから探してごらん。
そんな仕事がきっとあるよ。
無ければ自分でつくってごらん。

そう言うと彼女は目を輝かせて

うおおぉぉぉ‼‼‼

と、私の耳元で叫んだ。

とてもうるさかった(笑)
でも、許す。

枠になんてはまらなくていい。

彼女がつくる新しい世界を
私は見てみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

miuchidori

1987年生まれ。公立中学校音楽科教員。 公教育の不思議な「伝統」や「神話」を1つずつ見直したい。いつでも、どこでも、誰にでも再現可能なシステムをつくりたい。現場でできる‼すぐにできる‼負担をかけない‼そんな小さな変化に挑戦中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。