見出し画像

自分時間の作り方。How to make time.

フルタイムで仕事をして、育児をして、それなりに(笑)家事もしてるとほんっと毎日あっという間に過ぎます。

自分の時間がないと息苦しくなってしまう性分なので、自分時間は朝の4時起きとかで作ります。普段は6時起床。2時間早く起きてネットをしたり、勉強をしたり誰も起きてない家は静かで何事もはかどります。もちろん、睡眠不足気味の時は4時起きはせずに睡眠優先。睡眠不足ほど生産性が低くなることはないので。

他に1日を通して意識して時間を作っていること。

・朝余裕をもって6時に起きるのは、朝ご飯とお弁当の用意だけでなく、その日の夕飯まで作ってしまうから。夕方、帰宅したら温めるだけ、焼くだけというメニューが理想。夕方は私も子どもたちも疲れているので、朝のこの一手間でかなり穏やかに過ごせます。

・朝8時から8時半までの30分は、私と3歳の娘の時間。息子はすでに登校しているし、夫も8時前には家を出るので、私と娘二人きり。一緒にTVを見ている日もあるし、絵をかいたり、折り紙したり、ままごとしたり、小麦粘土で遊んだり、彼女としっかり向き合うことで、保育園でバイバイする際にスムースに行くので、この時間は欠かせない。4月から3か月間ほぼ毎日大泣きでお別れだったので、7月くらいからこの時間をスタートして上手く行ってます。

・通勤は車で30分くらい。わずかな時間だけどポッドキャストやスポティファイなどで勉強。仕事に役立つことやコーチングに関する勉強など、耳から聞くだけでも結構記憶に残ります。

・仕事を持ち帰らない。今の仕事に就いたばかりの頃は毎日、仕事を持ち帰っていました。夜子どもたちが就寝してから深夜まで自宅で作業、慣れない仕事ということもあり効率が悪かった。勤務して半年くらい経った頃から、持ち帰りの仕事を辞めました。基本、仕事は職場にいる時にしないことにして帰宅後は基本的にPCを開きません。どうしても残ってしまう時は休日の朝に1~2時間仕事をしますが、普段は帰宅したら仕事のことはスイッチオフ。

・毎週ではないけれど休日の夜など、娘が就寝したあとで息子との時間。夫婦+息子の3人でスイッチをやったり、ボードゲームをやったり、とても面倒見のよいお兄ちゃんである彼だけの時間も確保。

というやりくりをしている中で、コーチングセッションの時間も捻出。

コーチングのクライアントさんにもう少し早い時間でお願いできませんか?と聞かれることがあるのですが、平日の夜は基本10時よりも前に受け付けるのは難しくお断りしています。ただ逆に、10時って子どもも家事も一段落着いているので嬉しいです、と仰ってくれる方もいる。万人にハッピーになって頂くのは難しいですね。

月火木金は夜10時から、水曜は私が休みなので午前10時~午後3時まで、土曜日は早朝5時から8時までを基本的に受け付けています。かなり偏った時間帯ですが、今の私に出来る範囲はこの時間。無理をして自分が苦しくなっては本末転倒なので、しばらくはこの時間帯が通常営業です。完全オンラインコーチングなので、携帯があればできる、そういう意味ではこの時間帯でも気軽に受けられると仰って下さるクライアントさんもいます。もし興味を持った方がいらっしゃったら、プロフィールのHPリンクよりお問い合わせ下さい。

もっと時間を有効活用したい、自分時間を確保したい、そんな風に思っていらっしゃる方も是非!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Wow, thank you!
2

mmb

1976年生まれの働く母。長く海外在住、2年前に日本に再移住。外資大手金融でキャリアを積みながらライフコーチとしても働く、日本移住後に全米NLP協会認定のNLPマスターコーチを取得。本業のコンサルの傍ら、コーチング業も再スタート。二児の母。www.mmblifecoach.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。