魅惑のテルグ映画

インド映画『バーフバリ』(テルグ語版)。 その圧倒的なスケールと美学に魅了され、南印テルグ映画のファンが急増。 「テルグ映画を映画館でもっと観たい!」という日本のファンの思いに応え、長年自主上映を主催するインドエイガさんが旧作上映を行う夢の企画です。どうぞ足をお運びください。

レポート:第三回 ラーナー・ダッグバーティ編

去る6月29日、川口SKIP CITYにて、第3回魅惑のテルグ映画「ラーナー・ダッグバーティ編」が開催されました。
 奇しくもその日はラーナーさんの来日からちょうど7ヶ月の日…偶然とはいえ感動を覚えてしまいました。

 今回も豪華二本立てで、以前にもインドエイガさんが上映会を実施なさった『Krishnam Vande Jagadgurum』、そして円盤が手に入らず有料配信サービスでしか見ることので

もっとみる

魅惑のテルグ映画への招待

テルグ映画とは

 テルグ映画とは何でしょうか。インド映画の一種ですが、「インド映画」や「ボリウッド」は知っていても、「テルグ」という言葉に耳馴染みのない方は多いかもしれません。インドにはインド憲法で定められているだけでも22の指定言語があり、テルグ語は南インドで話されている言語の1つです。テルグ語で製作された映画は「テルグ映画」と言われ、通称「トリウッド(Tollywood)」としても知られてお

もっとみる

レポート:第二回プラバース編②

過去の上映会の様子をご紹介します。

”魅惑のテルグ映画"の第二回目は、第一回目に引き続き『バーフバリ』で主人公バーフバリを演じたプラバース(Prabhas)さん特集でした。

開催日:2019年4月6日
場所:SKIPシティ 映像ホール

前回に引き続きAさんによるレポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「魅惑のテルグ映画」第二回目、プラバース編。
「Billa」と「

もっとみる

作品ご紹介:Krishnam Vande Jagadgurum②劇中劇について

『Krishnam Vande Jagadgurum』にはスラビ・シアターという家族劇団が登場します。
スラビ・シアターは約130年前に設立された劇団で、主にヒンドゥー教の神話を上演します。
絢爛豪華な衣装と凝った舞台装置、音楽は生演奏と生歌です。かつては多くの人々がこのスラビを観に通ったそうです。
[スラビのドキュメンタリー]

このページでは『Krishnam Vande Jagadgurum

もっとみる

作品ご紹介:Krishnam Vande Jagadgurum

6/29に上映される作品 ラーナー・ダッグバーティ主演『Krishnam Vande Jagadgurum(クリシュナム ヴァンデ ジャガドグルム)』についてご紹介します。
本作は違法採掘を巡るアクションドラマです。また、スラビ・シアターという家族劇団が登場します。

[Krishnam Vande Jagadgurum 予告編]

作品概要

公開日 2012年11月30日(インド・テルグ)

もっとみる

作品ご紹介:Nene Raju Nene Mantri

6/29に上映される作品 ラーナー・ダッグバーティ主演『Nene Raju Nene Mantri(ネネ ラジュ ネネ マントリ)』についてご紹介します。

この作品のDVDは現在発売されておらず、YouTubeでは吹替えのみ。テルグ語の英語字幕付はインドの有料映画配信サービスでのみ鑑賞できます。
日本では未公開です。
そんな中、今回スクリーンでテルグ語オリジナル版を鑑賞できるのはかなり貴重な機会

もっとみる