みんなの幸福論

37
ノート

「言ってしまえば」いいのに。

先日、車を運転しているとラジオの向こうからある音楽が流れてきました。

今流行りの音楽っぽい感じで、歌詞も頑張って聞かなければ聞き取れないことに、自分が年齢を重ねつつあることを実感します。(僕より年上の方すみません。)

”少女”というべきか、”女性”というべきか。

若い女の人の声で歌っているようでした。

正直僕はこの手の音楽があまり得意ではありません。

テンポも早いし、はっきり発音している

もっとみる

〇〇嫌いだったのに・・・

「スマホは毒」
「スマホなんて使わないよ」
「若い人は皆んなスマホ、スマホ、嫌だねえ〜」
「スマホは怖い」
「アプリは詐欺とかあるんでしょ?」
「習ってもすぐ忘れるの。どうでもいいからww」
「教えてくれるのはいいけど、どうせ使わないよ〜」
「スマホを使うと頭を使えない人間になる」

スマホ嫌いな人によくありがちな言葉集です。

中高年〜高齢になればなるほど、スマホ嫌い率は高まり、どこの教室でもこ

もっとみる

「かわいそう」と言わない理由

僕は人に対して「かわいそう」と言わないようにしています。

・障害があってかわいそう
・介護していてかわいそう
・家が貧乏でかわいそう

世の中にはたくさんの「かわいそう」が溢れています。

「かわいそう」ってなんでしょう?

誰が誰に対して、どんな事象について「かわいそう」と言っているのでしょう?

============

「生まれてきて”かわいそう”」

僕もかつて、いや、今でも「かわいそ

もっとみる

結婚記念日、忘れた。

「あーーー!今日結婚記念日だったーー!」

僕の周りにいる既婚男性の”こういった場面”によく遭遇しています。

大事な奥さんとの記念日を忘れるなんて・・・(苦笑

僕には考えられないし、あり得ない、と思っていました。

忘れるわけがないよw

昨年、2018年9月15日。
僕たち夫婦は「結婚(入籍)一周年」でした。

記念のプレゼントをあげて、妻の作ってくれた手料理を食べ、翌日から2泊3日で熱海に

もっとみる

レストランのご飯と、妻の作るご飯

先日、妻とのドライブ中、カーナビの中のテレビ番組である企画をやっていました。
企画の内容はすっかり忘れてしまったのですが、街灯インタビューの中である青年が、『お金を出して食べるご飯よりも、恋人とか大切な作ったご飯の方が価値がある』と言っていました。

多分その青年は深い意味を込めて言った訳ではないと思うので、その青年に対しては何も思わないですが、少し考えさせられるような言葉でした。

そもそも価値

もっとみる

師匠と出会って。

「師匠」

<weblio辞書>
① 学問・武芸・芸術などを教える人。先生。
② 稽古事を教える人。 「生け花の-」
③ 落語家など寄席芸人に対する敬称。

<Wikipedia概要>(師弟)
経験によって培った知識・技能などを伝授する関係で、伝授する側が師、伝授される側が弟子となる。広い分野にわたって見られ、学問の世界ではソクラテス・プラトン・アリストテレスの師弟関係が著名であり、宗教でも

もっとみる

"こと"を愛する者たちへ告ぐ

「好きなことで生きる」「やりたいことだけやる」
SNSインフルエンサーや自己啓発界隈などなどで流行っています。

一方で、「やりたいことなんて皆んな持っているわけではない」「やりたいことなんて一握りの人間だ」という人がほとんどです。

最近では、マインドフルネスやウェルビーイングの注目度が高まり、「生き方」や「捉え方」など、”こと”を手段として考え、目的となる”人生をどう生きるか”を考えていくとい

もっとみる

日常の中で消えゆく命。社会の”現象”としての死。

最近の休日はランニングをルーティンにしています。
運動を避けてきた26年間でしたが、特段嫌いなわけではなく、むしろ汗をかくのは好きな方だと思います。

平均して1週間に20キロ。
多いか少ないかは分かりませんが、休日の朝早くに10キロ弱走って汗を流すことは、その日一日、その週1週間を気持ちよく過ごせる一因になっています。

無論、体力づくりといった意味もあり、これからどんどん自分のやりたいことに邁

もっとみる

20歳の夏、飲み会に参加することから初めてみた〜#あの夏に乾杯〜

”小賢は山陰に遁し大賢は市井に遁す”
(しょうけんはさんいんにとんし、たいけんはしせいにとんす)

この言葉をご存知でしょうか。

由来を調べたのですが、明確には見つかりませんでした。
”中国の昔の教え”みたいです。

意味は、

「本当に賢い人は山などに籠って学習するのではなく、町の中、庶民の生活の中にこそ学ぶべきものがある。」

といった感じだそうです。

机上の空論ではなく、手を動かせ。

もっとみる

「本当は自分が・・・」:”探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点”に見る無名人の温度

いじめ、パワハラ、セクハラ、モラハラ、SNSの誹謗中傷、自警団、過剰なポリコレ、炎上、異常クレーム、”おでんツンツン男”、クソリプ、ノイジー・マイノリティ(ラウド・マイノリティ)

皆さんは、ここまでのキーワードを読んでどう感じましたか?

自分はやっていますか?

やっていませんか?

本当ですか?

自信はありますか?

多分、僕のnoteを見るような人は、そもそもこんなことをやるほど「ヒマ」

もっとみる