深山静

和歌山県内を中心に活動する自助サークル「心燈 - cocotto -」代表。澤地久枝、有吉佐和子、佐藤真由美、バカリズム、USJをこよなく愛する節操なし。浅く広く生きることをモットーとしているので、いつも何かにハマッていて多趣味だねと言われるが、長続きしたためしがない。

現代短歌練習25

左手の薬指だけ見る癖が今もわたしの真ん中に在る

マニキュアがはみ出ず濡れた夜だからあなたの指に色を添えたい

パノラマをもっと伸ばしてふたりきり 好きと言えれば楽なのに、ねえ

この足が止まることのないようにため息を吐く白線を踏む

くちびるの薄皮を食む独り寝にシュリンクされたあなたの記憶

十年が長いねなんて言わないで貪欲だって自負はあるから



どんな関係かと問われれば、一日を共に過ごし

もっとみる

現代川柳練習12

2018年川柳まとめ

中道に舗装の有無を問いかける

書き換けの言葉飲み込む事務文書

日報に隠したはずのない正義

肉まんに包み込めたか春の夢

噛み締めた嘘に混じった歯の欠片

恥なんてないから春は嘘なんだ

米露中夜の唸りを誰が聞く

ひとときの長さをさしで測りたい

梅東風に託す異動と腹の音

ひと匙の幸せ舐める女です

ミュージックボックスの中うずくまる

モザイクに潜むわたしの頑なよ

もっとみる

現代短歌練習24

2018年短歌まとめ・5

カウンター決めたあの子は絹ごしにおぼろのようなハートを隠す

強かに机の間すり抜けて窓の向こうにばらまく本音

しょーもないこともない気もするけれど玉ねぎの芯を目指した勇気

飲み込んだ棘の色はさよならの響きに似てた雨後の木漏れ日

パンプスは硝子製ではないけれどわたしへ続く標にしたい

ヒーローになりたい君の真ん中でキラリと見えた承認欲求

真夜中に呼べば答える人の群

もっとみる

現代短歌練習23

2018年短歌まとめ・4

加工した視界と言葉わたくしを現世に留める「いいね!」の通知

偽物の桜の花が落ちていて本物はもう雨の向こうへ

価値観の違いで離婚するのだし異動くらいはすんなりさせて

お誘いをはいと言えずにクリックの音でごまかす異動前日

決裁に名乗るものでもないですとここにいたこと全て消したい

よい人であるかどうかを仕事には持ち込まないで時計盤見る

距離感は安定剤の代替で他の言

もっとみる

現代短歌練習22

2018年短歌まとめ・3

沈黙を守れぬ花火残像が扇ヶ浜のイルカに注ぐ

蝉時雨くぐり抜ければまた命稲穂の海を泳ぐトラクタ

濁流の中の煌めきその意味を指環の痕に聞けばいいのに

ねえちゃんと胸に手を当て聞いてみてあなたに捧ぐラ・カンパネッラ

待ってれば必ず星は落ちてくる願いが叶う保証はないが

ほつれ髪女々しさを剃る美容室ベリーショートで強がり増して

太陽に向かい何をば語るやら燃え尽きること

もっとみる