現代川柳練習12

2018年川柳まとめ

中道に舗装の有無を問いかける

書き換けの言葉飲み込む事務文書

日報に隠したはずのない正義

肉まんに包み込めたか春の夢

噛み締めた嘘に混じった歯の欠片

恥なんてないから春は嘘なんだ

米露中夜の唸りを誰が聞く

ひとときの長さをさしで測りたい

梅東風に託す異動と腹の音

ひと匙の幸せ舐める女です

ミュージックボックスの中うずくまる

モザイクに潜むわたしの頑なよ

ステップを踏むほど重くなるこの世

膝カックンできぬ硝子の膝ふたつ

掛け違うボタン穴へは陽は落ちぬ

---------------8<  切り取り線 >8-------------

事務文書だの日報だの米中露だの、すっごい昔のような気もするけれど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

深山静

みやまnoしずく

ことば書きの練習。 現代川柳・現代短歌を書き連ねています。(短歌多め)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。