現代川柳練習09

今年も九月一日は過ぎていった。

一週間前くらいから九月一日を心配する大人たちの言葉がSNSから流れてきて、「おっと、お前は違うんじゃないの?」って思う人も中にはいたり。

何かを呼びかける、そんなアクションで心の保険を取っていたのだろう。

恐らくわたしもその内呼びかけるかもしれない。

自己満足、偽善と言われようと、死んで欲しくない人には死んで欲しくない。

顔を思い浮かべれる人たちだけでも命をなくすようなことはして欲しくない。


もうすぐ冬が来る。

去年のあの日を思い出す。



死んだらねそこで終わりだ向日葵よ

特別な日に下ろしたる上履きよ

がんばれの「ん」の字躓く始業式

猫背経て空も飛べそな「もうええよ」

柩には潜り込めそな余地はなし

目を閉じて回す地球儀夏が逝く

分離帯揺らぐ夏影耳鳴りす

赤裸々な世の偽善かな大人笑む

小麦粉は黴の夢見てゴミ箱へ



---------------8<  切り取り線 >8-------------
noteに上げよう上げようと思って数か月。
流石にスマホメモ帳見づらくなってきたので移動。
ということに近い内容を前回もあとがきに載せていたことに今気付く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

深山静

みやまnoしずく

ことば書きの練習。 現代川柳・現代短歌を書き連ねています。(短歌多め)

コメント2件

その日、同じような気持ちで写真をアップしました。よろしければご覧ください☆彡 https://note.mu/candycandy/n/ne9392ba84963?magazine_key=m9fdf6164632c
candycandyさん
大人の押し付けもあるかもしれないけど、子どもたちには毎日自分のために生きて欲しいって思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。