現代短歌練習22

2018年短歌まとめ・3

沈黙を守れぬ花火残像が扇ヶ浜のイルカに注ぐ

蝉時雨くぐり抜ければまた命稲穂の海を泳ぐトラクタ

濁流の中の煌めきその意味を指環の痕に聞けばいいのに

ねえちゃんと胸に手を当て聞いてみてあなたに捧ぐラ・カンパネッラ

待ってれば必ず星は落ちてくる願いが叶う保証はないが

ほつれ髪女々しさを剃る美容室ベリーショートで強がり増して

太陽に向かい何をば語るやら燃え尽きること知らぬ向日葵

憧れの人の手のひら湿ってたフェスの熱量恋の熱量

風神と雷神ときに空気読むしんみりしてさ大雨警報

青春をわざと尖らせ聴いていたLinkinPark戻らぬCD

靴下を脱がせてくれる優しさを置いてきた人もしもしピエロ

世間体嘘としぶとさ見栄混ぜて現世に揺れる蜘蛛とわたしと

聞き分けのいい女だと自負してる円月島とともに朽ちてく

知らぬ間にニキビビキニも鳴り潜め謙虚でおれよ三十路のわたし

虹色に並ぶどの色映えるかなあなたの首に締めるネクタイ

彼の国でミサイル発射同時刻受精できずに扉は閉まる

終電に間に合わねばと親不孝通りを駆けるクリスマスイブ

喧騒の切れ目に望む告白は五年前からミュートのままで

温もりが遠ざかる頃思い知る二番目にすらなれない女

謎かけをすればするほど迷宮でオチのないまま続く同棲

不純物満ちた体は重たくてあなたに好きと言えないままだ

顎ぽつり痒みの下に芯ありて大人ニキビと言い張る師走

赤緑夫婦漫才できそうな配色だから冬は嫌いだ

アイなのかウィーなのか聞く自信なく明日からのこと聞く大晦日

バランスの取れたわたしでいたいから別れ話は週末にして

あんなにも気を落ち着けて剃ったはず産毛の跡の心ヒリヒリ

これからはスローライフと言いながらカメラワークの激しい社会

失恋をしたらホントに切るんだね痛み激しい髪先LINE

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

深山静

みやまnoしずく

ことば書きの練習。 現代川柳・現代短歌を書き連ねています。(短歌多め)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。