見出し画像

本日の薄茶を点てる練習

まだ私が自分の棗(なつめ)を買う前、母にお稽古用として棗を貸してもらえないかと打診したところ、こちらを貸りることになりました。

木地に岩絵具で流水に青楓を施した中棗です。木目も美しく、とても涼し気な印象があります。

岩絵具というのはデリケートで、少しでも硬いもの(爪など)で引っ掻いてしまうと、すぐに剥がれてしまうそうです。茶道具は全神経を注いで、とにかく大切に扱うことが基本です。そのことを緊張感と共に改めて思い出させてくれるのが、こちらの棗です。

今日はどんよりとした暗いお天気で、自然光での撮影は無理でした。仕方なくスマホのフラッシュを使いましたが、思うような仕上がりにならず、かなり悔しい思いをしております。ぐぬぬ…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見て読んで下さるだけで十分ありがたいです。もしもサポートして頂けたなら、大切に大切に、お茶道具や写真用ネガフィルムなどに使わせて頂きます。

ありがとう!
2
ツイッターの長文版みたいな位置付けです。私から見えている事象を色々と書きたいのですが、茶道教室に通い始めたので今は茶道ネタが多いです。写真は99%自分で撮っています。1%は夫や友人が撮ってくれたもの。コメントや質問はどうぞお気軽に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。